小学校教員、臨床心理士の華丸先生連絡帳

成果を明確に出せる人になれるブログです。教え子も、有名大や最優秀賞受賞などの夢を叶え手応えを感じている中堅教員です。 自身も大学院を出て臨床心理士、文科省海外派遣、受賞多数、研究費獲得、大手出版社での出版経験を持つ。 教員の仲間を博士号取得の高みに到達させつつあります。 華丸先生の近況は、金融庁推進の積み立てNISAを自身が体験した上での金融教育(投資教育)の展開を推進中。

成果を明確に出せる人になれるブログです。
教え子も、有名大や最優秀賞受賞などの夢を叶え手応えを感じている中堅教員です。
自身も大学院を出て臨床心理士、文科省海外派遣、受賞多数、研究費獲得、大手出版社での出版経験を持つ。
教員の仲間を博士号取得の高みに到達させつつあります。華丸先生の近況は、金融庁推進の積み立てNISAを自身が体験した上での金融教育(投資教育)の展開を推進中。


IMG_0C86587AF07E

これは便利!知りたい情報が全て手に入る方法

パソコン版は左の画像になります。緑で囲んでいるような知りたいと思う文字をクリックすると、全ての情報がサクッと手に入ります。
スマホの方は右の画像です。指で文字を動かして気になる情報「教員採用試験」などを指で押せば一気に情報が手にはいりますよ。

その他、ラインですぐに記事が読める方法、インスタを見ながら教え方を学習する方法は続きをご覧ください。 続きを読む

これで身に付く?学校教育の金融教育

最も先進的で実用的な金融教育が行われているのが特別支援教育で扱われる金種、買い物体験です。
では、小中高校ではどのような惨状となっているのか。
続きをクリックしご覧ください。
 

続きを読む

小学校教師華丸先生の投資資産70%以上を占める秘密のポートフォリオ

 高校の教科書に投資教育が導入されます。イギリスのLISA: Life time ISA(18歳から40歳まで投資をすると国から補助金が頂ける)によりイギリスでは、投資により老後資金を捻出する動きが明確になっています。
学校の教員も退職金がガンガン減額されています。
70歳定年の意味するところは、退職金が激減し働かざるを得ないのだという意味です。70歳定年延長で退職金などの改悪なら、フランスなら暴動ですよってコメンテーターが発言するほど厳しい内容になってきました。
人生100年時代。生き抜くために、高校生がこれから習う投資教育を先取りしておこうと思い投資をはじめています。
そんな私のコア資産の秘密を教えましょう。続きを押してご覧ください。
続きを読む

教師のマナー基本の挨拶言葉

教師は言葉を扱う仕事ですが、常識に欠けることが多いものです。私は常識がない行動をしている自覚があります。学校では、お友達感覚で先生同士の付き合いがあります。ですから、お友達感覚に合わせていくことも生きるために必要になります。さりとて、教育委員会は上の命令は絶対の問題になる体質ですから、今様の常識にあわせることが難しいのも確かです。
せめて基本の挨拶言葉を覚えて、私と会話してください(笑)
表にしてみました。

挨拶の言葉を覚えて、常識的な先生を目指そう
基本の挨拶言葉0





おはようございます。
言おうね。





参考文献・研修
「できる人」と言われる気ばたらきの技術 河出書房 永島玉枝
大人のマナー 仕事ができる人の便利帳 知的生活研究所
トークの基本 全日 経営実務研究会
すぐに身に付くビジネスマナー オーエス出版
一発で身に付くとっさのビジネス敬語 すばる舎
石川先生のビジネスマナースーパーレッスン すばる舎 石川信子
いきいきマナー講座 日本能率協会マネージメントセンター
研修
JAL コミュニケーションマナー講座接遇研修2日間

もう、世間知らずとは言わせない。人前や職場で無難な会話を身につけましょう。#教員採用試験 #教育学部 #小学生 #理科 #小学校の先生 #新卒 #新卒採用 #講師

本を書くとは、200ページ分文章を書くということ

 本を1冊完成させるには、200ページ弱ほど書くことになります。
私のように小学校の教員をしながらですと、勤務後や休みの日にカフェで書くことが多くなります。
本を書くときは、不必要なものをできるだけ持たないことがコツです。

本を書くときの基本セット 

abz



写真のものを最低限カバンに詰め込みます。

真ん中は、パソコンです。
・文章作成はもちろん、文献検索から本の購入まで完結します。編集者さんとのやりとりも携帯よりパソコンメール派です。

右上はマウスです。
・大きさと重量が気に入っています。小型ですとどうしても微妙な操作がずれてしまいます。
・一度充電すると長い間持つので気に入っています。

右下はメモ帳です。
・ちょっとしたアイディアや日常タスクをどんどん書き込みます。

右端は、ペン2種類です。
・ボールペンの両端が黒色と蛍光ペンになっているボールペン。
・これは、資料の読み込みと蛍光で目立たせるときに役立ちます。

4色ペンとシャーペン
・ストレスになっています。色分けで指示するときには使えます。
しかし、シャーペンの芯詰まりが多すぎて使いたいときに使えない。シャーペンは別で買う必要がありますね。
気に入らない割には、リフィールの交換をしながら持っています。
司馬遼太郎さんは、色ペンやボールペンも本数が多かったなぁ。

上部はwi-fiとノイズキャンセリングヘッドホン
・wi-fiは、特に愛着なしです。
・ノイズキャンセリングヘッドホンは必須です。カフェで集中したいときや、神経がとがっているときに没頭することができます。また、街中や電車の雑踏でストレスを感じるタイプで、苛立ちを覚えそうならすぐにイヤホンをします。
以前は、ノイズキャンセリングで有名な会社のヘッドホンを買い替えていましたが、線がないことやスマホとの連携が最高に便利な今のヘッドホンに切り替えました。飛行機でも大活躍です。

左は、アルコール、清涼タブレット、目薬、usb-cコネクタです。
・アルコールは除菌に使います。
・清涼タブレットは気分転換に食べます。でも、食べだすと食べすぎてしまう。
出勤前にカフェに寄ったときは、これを「食べることで、子どもに匂いがする!」と言われないようにしています。
・目薬は、意識的にさすようにしています。パソコンを使うと疲れますよね。
usb-cコネクタはhdmiケーブル、usb3ポートが2つ、SDとMicro SDカードスロットを搭載しています。
外部モニターにつなぐことなどで活躍します。
講師活動にて、プレゼンするときは必須です。

応用セットは、たくさんあります。
しかし、基本的にはこのセットがあれば、オッケーです。ノートパソコンがギリギリはいるカバンに詰め込んで、今日も本を書く。
読者のみなさんとも一緒に本を書くことができたらいいな!と思います。

司馬遼太郎さんの書斎

吊り下げの種汚名が2基。机そばのチェアに毛布(冬仕様)をかけ、オットマンつきのチェアでした。
資料を読み込み、作業をする、気分転換していたのでしょうね。なんといっても事典の多さです。歴史的な資料の収集と共に事典で言葉を押さえていたのでしょうね。
辞典もたくさんありました。私が面白いと思ったのが、ライトハウス和英辞典です。書棚の真ん中にあったことから、割と使っていたのでしょう。ずいぶん薄い辞典ですが、司馬さんの用途には適していたのでしょう。
ペンについては、資料館に展示されていましたが、多色づかいでたくさんのペンを用いていたようですね。私は、これ以上部屋が散らかるのは・・・。真似はしません。
自分なりのスタイルを取り入れながら本を書くことが大切ですね。








 

↑このページのトップヘ