小学校教員華丸先生の連絡帳-投資教育と金融教育重点中-

教員である幸せ しばらくは投資記事に重点

小学校でこの時期することや投資、科学、健康、生活に関係するものをブログに載せています。さらっと見て頭の片隅におくと楽になります。
ブックマーク,ツイッターのRT,リンクは、内容に賛意を示すものではありません。所属の立場とは独立したものです。雑記ブログのため正確性も保証しません。

授業中の私語がとまらない

 うーん、致命傷です。学校は学びに来る場所です。
すぐに対応しましょう。

私語への効果なしか試すべし

「今、話をしている人、立ちましょう」
立たない場合は、信頼関係が崩れています。

たった場合
一定の時間立たせて「静かにできるなら座りましょう。」と声かけします。

ほめて伸ばす方法もあります。しかし、ほめて伸ばす人に残念なお知らせです。
「調子に乗りすぎて、また騒ぎ出す。」これでは、最悪の結果です。
ダメなことはダメと毅然と伝えることこそが大切です。

また、立たせる場合には短時間という配慮が必要です。
長い注意ではなく、2、3言で端的に伝えます。
興奮している子どもの場合は、落ち着いてから指導をします。

絶対のルールは、ダメなことはダメと見過ごしてはいけません。
注意についても、注意のあとでは、ほめるタイミングも狙う。
絶対にほめすぎは注意が必要です。
私語

「ならびましょう」の指示すら通らないとき

 並んでほしいときに、すぐに並ばないと何がおきるか?
すでに並んで待っている子供達も、ダラダラしてしまう。
そして、雑談の波が押し寄せる。

ならばせる方法1案

並べていない子どもを名指しして、並べている子を先に連れて行く(ほったらかし風)。
あまりいい方法ではありませんが、注意している時間で他の子が乱れるならこれもひとつの方法

ならばせる方法2案

遅い子どもを手伝う子どもを決める。

これも、お世話がかりという、あまりいい方法ではありません。
しかし、並べている子どもを待たせ過ぎないように、気がつく子どもに係りの子どもをつけてしまう方法です。

ならばせる方法3案


下手な並べていないのでやり直しも、ひとつの方法です。
このいい点は、できない子どもを残さず全員で並ぶことについて取り組めることです。

これらを時と場合により組み合わせながら指導をしていきましょう。






 

学級の荒れは、授業のはじめに改善ポイントがある

授業のメリハリをつくりだす。
起立・礼の挨拶を言わせる
全員が声に出す(ただし2回まで)
挨拶やり直しの2回目でもダメなときは次の方法も試そう

徹底できていないそのほかのことをおさえる

「昨日まで、少し徹底できていないことがあるので、今日からこのように指導します」と伝える。
「もう一度クラスのルール」はこうです!と説明をします。
すぐに改善はしませんが、授業の挨拶がやり直してもうまくいかないほどの乱れの場合は、学級ルールを改めて本からもってきてこれを徹底させることがいいでしょう。



 

心から「先生すごい!」って言っていますか?

 言葉にしないとわからないのが人間です。ちょっと、いいな!って思えば「先生すごい!」って伝えましょう。ポイントは心からです。
「すごい!」と言えることは、あなたが人間として一つ上である証明です。
決して、自分の力量を卑下しているわけではありません。
私は、なかなか言えないので意識しようと思っています。
若手も、ベテランもその一言で職員室関係が変わるのにって思います。
その上で日々の教育実践に打ち込めば、これほど効果的なことはありません。
「先生!すごいですね!」って訊いてみましょう。
もしも、そのままネタとして欲しいので荒れば
「先生!すごいですね。教えてください。」
これで完璧です。
教えてくれないなら、そっとその場から離れましょう。
縁がなかったのでしょう。



 

いじめ・いじめられたの人間関係に巻き込まれない距離感

学年を組んだときの距離感に悩むことがある。
間違えてはいけないのは、一生を共にする伴侶ではないということ。
関わりは1年という短い期間。
この1年という関わりの中で、精一杯誠実に接していけばいいのである。
恋愛とは盲目である。
たとえ、学年の先生がどう考えてもおかしな人だったとしても、いい人だったとしても、1年。
この区切りで終わり。
学年が変わると関係性も変わり、「嫌な先生」が「いい先生」に「いい先生」が「嫌な先生」にみえてくることもある。
不思議なものです。

学校に行くのが嫌なときは、捉え方や考え方を変えることで
少しずつ受け止めを変えていきましょう。
 
 

人生を最適化できるリスクパリティ戦略

 投資の世界では、レイ・ダリオが一般投資家にすすめるリスクパリティ戦略があります。
これは、リスク資産である株や不動産と一般的に低い相関をもつ(ときにはマイナスの相関)債券のリスクの割合が均等になるようなポートフォリオをとることと捉えます。
 人生は、家庭と仕事のバランスを取る必要があります。リスクパリティに当てはめてみると自分の人生のポートフォリオが最適化されます。ポートフォリオ評価という言葉がいっとき流行りましたが、これをもう少し深めて教師人生にあてはめるといいと思います。
 仕事を深めると家庭が疎かになりがちです。ある意味、仕事と家庭は逆相関もしくは低い相関関係にあります。
 よく教師仲間で話を聞くのは、管理職になると家庭を省みる時間が取れず自分の子どもが荒れやすい。管理職にならないと、仕事の張り合いや変化が少ない。

仕事と家庭のバランスは、自分が快適と思える割合を身につけることですが・・・ 

残念ながら、いつも同じ状況とは限りません。介護に結婚、子育てと変化は大きいものです。こうなると、ある程度家庭や仕事もある程度、同じ程度のリスク(手間、時間、労力)を抱えるように仕事をするのもひとつです。
この実践があたると、次の展望が見える!
子どもが就職する!
指導している子どもが変わる!
このような、場面ではリスクの集中投資でいいものです。
しかし、このタイミングは自分でコントロールできませんから、はじめから、その期待のもとに力をかけ続けることは、さじ加減ができていないとも言えるのです。
そこで、やはり、同じリスクを抱えるように時間や労力をふるというパリティ戦略を取る方がいいと思います。

理想は、すべて最大化できる効率的フロンティアですが・・・。

もっともよい効率的フロンティアを求めた人生も可能です。
これは、人生設計にあてはめると、時間を有効に使って、家庭も仕事も最大限に生きるということでしょう。

管理職がもうひとつなとき、職場環境に疑問があるとき、家庭がうまくいっていないときの切り札になる考えは、リスクパリティ戦略

他人に原因を求めて、立ち向かう人がいます。元気だと思いますが、説得がうまくいかなったときの、結果に「大きな反発」があります。
他人や状況の転換を無理に考えるよりも、自分を取り巻く環境をリスクが同じになるように振り分ける発想のほうが、家庭や何かの仕事など、どこかでヒットする可能性があると思います。
ひとつの変化により、好転していく方法としてのリスクパリティ戦略を試してみる価値はあります。

授業を終えてから九九はあまりにも無策

 算数は問題解決型の授業で進行することが多い教科です。意味を理解してから九九を暗唱する流れ。
無理があります。
私たちは、かけ算の答えを思い浮かべるときに九九の暗唱から答えを導きだします。
小学校の算数の授業で
見通しの2ずつ増えていくなどでは、あまり浮かべません。
しかし、かけ算が浮かばないときには有効な方法です。
かけ算に限って言えば、
2年生で幼い子ども達に短期間に一気に九九を教えること
これは、子どもの発達段階を無視しています。

かけ算はこの順序がよい

優先すべきは暗唱して答えを導出すること
バックアップとして、問題解決型の算数の授業から「見通し」や考え方から答えをだす方法です。
重点割合は、暗唱90%、問題解決型から10%です。
今からかけ算を教えておくと暗唱が2年生のうちに定着する可能性が飛躍的に高まります。

家庭学習での九九の学びの順番

かけ算の指導順は、九九(1のだんから)→9のだんから→授業をはさんで→バラ九九でいい気がします。

中国などではもっと簡単



正直、これが一番いいと思います。しかし、この方法を学校で指導すると賛否わかれてしまいます。
長期記憶の保持が苦手なお子さんや指導の順番として取り入れるのはいい方法だと思います。


学校現場で指導している本音でした。
保護者の皆様、教師の画一的な指導が最良とは限りません。
「確実に」九九を定着させるには何がベストかを考えてみることは大切です。
算数のわり算はかけ算の九九が最も大切な考え方になります。

 

楽しい授業の後にふと手をつなぐ子ども

 手を振り払うのも、何だか嫌ですよね。でも、ふと目にした人にとっては「あの先生は、ちょっとおかしい?」となるのも嫌。子どもが手をつなぐ気持ちをうまく生かして、誤解も防ぐ方法はないでしょうか。

他愛のない低学年の子どもの場合は、もう大きく手を振って周りの子どもに気がつくほど手をつなぎながらふりましょう。つないだ子どもも楽しいことでしょう。
何よりも、周りの子どもにはっきりと気がついてもらうことが大切です。
「もー、・・さんは急に手をつないでくるからなぁ」と聞こえるようにいいましょう。

ただし気をつけないといけないことは、距離感を詰めすぎる傾向のある子どもです。
さみしい子どもや、放置子と呼ばれることもあるようです。
この場合は、関係性を求めている訳ですから、このような対応はトラブルになる可能性があります。
学級の雰囲気で細やかに対応できるほうがいいですよね。

どのタイプのお子さんであっても、自然に手を離す距離感を手に入れられるといいですね。

微笑ましく見えることでも、細心の注意を払うことが大切ですね。





 

散財の2019年9月の家計簿ーあいつぐ臨時出費ー

お土産の出費は無駄?

 教育活動が海外に及び大量の出費となりました。旅行でもないのに、お土産を渡すことは大切。
海外駐在員がこぞって購入する商品をお土産にしました。
大半は、「ありがとうございます。」
「研修のお話聞かせてくださいね」
コミュニケーションのツールとしてのお土産ってこうですよね。

「おいしくない」と、目の前や陰口でつい言ってしまう人も・・・。
異国のものですから「口にあわない」は分かるのですが、「おいしくない」と言ってしまえるのは、周りが見ている中で自分が下がるだけなのにと思う。
そういうネガテイブワードを口にする人のネガテイブワールドに巻き込まれるのはごめんです。
謎のリトマス紙として機能したお土産。本性があぶり出される様子が見えるのって怖いものですね。
私なら口にあわなくても「研修の話聞かせてくださいね」で終わろう!と思いました。

タクシー代、移動費は仕方がない

時間をお金で買うの典型ですが、タクシー代はふんだんに使いました。といいましても1万円程度でしょうか。その他移動費もそれなりに

ノイズキャンセリングと使い捨て蒸気アイマスク、首回りは大切

睡眠の質もお金で買えます。ノイズキャンセリングも1−2マン円程度、アイマスクも1枚百円程度。これで、バスや車、飛行機、新幹線での睡眠の質が飛躍的にあがります。100円のアイマスクでもいいです。首回りはエアークッションで保護しました。首の疲れって旅の後に響きやすいものです。用がなければひたすら寝ること!これも大切です。テンションがあがり仕事をすることもあるのですが、飛行機の機内や移動中のバスで仕事をするのは非効率的なこともあります。よっぽどでない場合は寝る!これに限りますね。

旅行先の食事も大切

現地ならではの料理も楽しみました。水や素材の鮮度にも注意です。仕事で行きましたので、お店はしっかり選び、微妙な店の商品は口にしませんでした。仕事の質を確保するには体調管理は大切です。おかげさまで体調は万全で仕事に臨みました。ただし、これも高いお店になりお金がかかる。


通常支出にも無駄がいっぱい

お昼を食べずに外出をして、出先でどうでもいい店の食事をとる。これが複数回続きました。せっかく外食するならば、めったに行けない店や楽しみにしている店に絞るべき。決めていないなら安いファストフードのお店に限定するルールが守られませんでした。
ラテ・マネーは週末は解禁です。
喫茶店で仕事を考えることって大切です。あらたなインスピレーションがうまれることも多々あります。ラテ・マネーは平日は使わず平和に過ごしました。

大敵は間食と食後のお菓子

間食とお菓子がやめられません。これが食費と体重にズシンとのしかかります。
お菓子はひとつだけ!と決めなくてはいけません。
書く仕事が増えるとどうしても甘いコーヒーや食べ物を欲してしまいますね。
作業効率の面では
諸刃の剣です。
書く仕事をもう少し絞り込みたい。となると、本ブログは真っ先にリストラ対象です。メリットが毎日数百人の読者がいる。せめて1000人単位なら嬉しいのになぁ。暇なときに読みなよって勧めてくださいな(笑)。
浪費だらけの9月でした。来月から消費税導入です。少しは買い控えたいですね。




 

コア資産毎日つみたてNISAの運用結果2019年9月

つみたてNISA運用方針

  • 投資対象国は、全世界株式投資信託
  • 運用コストが低い商品
  • コア資産
  • 毎日積み立て
現状は、コア資産の一部につみたてNISAをあてています。
一発必殺!一瞬でわかる運用結果ですね。これなら忙しさや加齢による判断力の鈍化でもすぐにわかりそうです。

前月との変更点

・投資金額を減らしました。200日移動平均線を下回れば、増額します。年末にはおそらくギリギリまで投資する予定です。
・つみたてNISA以外として、「金」を積み増しています。現金か金ぐらいしか見当たらない。ドイツ国債、日本国債はマイナス金利に陥っています。債券のコントロールが効くのだろうかと個人的には思います。遊び用のポートフォリオでは債券も含めてバランスよく購入しています。
・現金の積み増しを意識しています。
・無駄遣い多しでした。

つみたてNISAは、全世界株式1本
 投資の理想と現実 2019-09-01 10-03-35

将来的には 

  • リスク・リターンの幅が大きな(ボラリティの変動幅が大きい)投資信託商品に変えます。
  • 運用コスト、つみたてNISA商品なので基本は需要。適正な投資信託報酬であるもの。
  • サテライト資産
  • 積み立ては毎日を基本とするが、下落時の一括や月払いに変更も考える。
資産運用額が増えてくると、つみたてNISAはボラリティが大きいサテライト資産に移行する方針です。

全体投資方針

小出しに積み立て投資を行い完成に近づける。
ある一定まで投資が行われれば、目標ポートフォリオで積み立ててあとは放置。
つみたて投資を自動化して1年ごとにリバランスを行う。
各資産クラスで一喜一憂せずに、相関の低い資産クラスを組み合わせる最終ポートフォリオ

これならば、少額100円でもいきなり投資を始めることができると思います。
 最終ポートフォリオを考えるのに時間をかけない。
できることから少しずつ進めて、走り抜けながら快適なポートフォリオを一緒に考えましょう。
人生は一度きり。立ち止まりすぎて、答えが見えない世界で右往左往しない。
人間が無理なくコントロールができる範囲は下の3つ。
1に貯金、2に節約、3におまけで投資です。投資は無理にしなくてもいい!これが私のメッセージです。
学校教育ではできない金融教育は、家庭教育でがんばってみましょう。
 

ブログ来訪23万人いつもありがとうございます!

 教育ブログで23万人は悪くない!私はそう思います。アニメやゲームなどにすればこの100倍は当たり前です。専門ブログをするならば、洗濯や家事ネタのほうが受ける。それでも、教育ブログを続ける意味。それは、小学校の先生の悩みや困り感に寄り添うためです。
 テクニックは、臨床家として心理学や教育学、理科などを組み合わせて示すことは簡単です。
しかし、肝心な教師を続けたがために生活や人生が破綻しているほど厳しい教育現場に力の抜き方や力点の置き方を示すことができていることは、本当に嬉しい。不人気地域では、2倍前後の合格率です。
・小学校
1 新潟県   1.8倍   
2 福岡県   1.9倍   
3 長崎県   2.0倍
4 茨城県   2.1倍   
5 富山県、広島県・広島市、愛媛県   2.2倍
引用は以下


1.8倍で合格も何も選考試験との意義が問われます。
小学校の教員は難しくても偏差値50ぐらいの大学です。無試験状態の大学だらけの中です。
その中の試験と考えると無試験状態に陥っています。
不人気の原因は、過酷な労働条件。いや、人間関係などでしょう。
人生は長期戦です。辞めるも勇気、体が壊れる前の撤退も大切です。
逆に、うまく乗り越える方法を見出して子どもの教育に関わり続けることもひとつ。
老後に何も残らない教師人生?老人ホームで嫌われる入居者は「先生」
最後まで嫌われていくのか、自分を見つめながら「愛され教師」を目指すのか?
あるいは、新たな環境で生きていくのか。流れながらも進んでいけるブログになりたい。

今日も、そしてこれからも平和にいきましょう。 
感謝!
華丸 

ため息混じりな先生周りにいませんか?

 職員室で大きなため息をつく人いませんか?ため息をつく人は、大きく2つに分けられます。

注目を浴びたい人

 やたら人前で大アピールのため息。
面倒な人と言われることもある。
このアピールは幼稚すぎます。でも、母性本能をくすぐり、つい「どうしたの?」って聞いてしまいます。
後はお察しの地獄です。
ため息を聞くたびに、あぁ、またこの人の話が始まるのか・・・となってしまいます。
演技性のため息をつく癖がつくと、いつまでも自己解決できなくなります。
自己解決できないから、ため息混じりで独り言が増えるのかもしれませんね。

地球の温暖化に貢献する人

二酸化炭素を吐き出して地球温暖化に貢献する人。
ため息をつくと幸せが逃げていくよという古典もありますが、最近は温暖化に貢献している人。
本当に疲れているのでしょうね。深い深いため息です。
私は、母性本能をくすぐる演技性のため息マンより、この声に出せぬ辛さや深さのあるため息が気になります。
頑張ってるな。お菓子をそっと今日も差し入れます。
深いため息が出てしまうとき、私はこう思います。
ゆっくり休んでね。
秋口は、何事もはかどる時期です。無理なされず。
 

運動会は実施に注目が行きがち

いよいよ運動会という学校も多いことと思います。
辛口ですが、準備などは以下の記事をご参考に


運動会の打ち上げ一次会楽しい打ち上げにするポイント

楽しくなるポイント 
 自分たちの学年のよいポイントを伝えること。
次に、他の学年の素晴らしいポイントを伝えることです。
これだけでオッケーです。
ネガティブな話には、耳を傾けないこともポイントとなります。

二次会ポイント

ここでは、内輪で集まるパターンと幹事集約でカラオケなどに行くパターンに分かれます。
管理職を含めていくスタイルと外していくパターンもあります。誰かを仲間はずれにする流れの職員集団の場合は、距離をとったほうがいいでしょう。子どもと同様で、仲間はずれを作る人間関係にはよらない・関わらないことです。

カラオケなど幹事が集約してくれるパターン

これは、参加してもよいと思います。カラオケで好みの歌がわかるなど打ち解けるポイントがでます。
とりあえず、全員声をかけておくだけという基本ができている職員集団といえるでしょう。

内輪で集まるパターン

要注意です。小グループで集まりだすと、小学校女子と全く同じ悪口、小競り合い、マウンティングの嵐です。女子差別ではなく、主観的ですが小学校では男女差が激しくでる部分ですね。
誰かを誘うかを決めだすことは、グルーピングして攻撃対象を探すことが多いものです。
ここに時間をかけると教育などはそっちのけの「好き・嫌い」で生きる教師の誕生です。
自分が、好き・嫌いで人間を分ける教師になってしまうと、だいたい学級経営でも同じ差別的対応をしている教師となっています。当たり前ですが、言動が人を作り出します。

内輪飲み会が二次会のメインになるとき

軽く一次会で終わるほうが、今後は楽だといえるでしょう。
仕事です。学校の教員は、幼稚なので大人としてあり得ない振る舞いが目に付くのが、この内輪で集まるパターンです。個室で隔たれているはずの隣から大声で子どもの悪口や先生の悪口が聞こえる。あの有名な嫌われ者教師のパターンです。教師って声が大きいことすら自覚できない方が多いものです。
さわやかに大人のお付き合いで運動会の打ち上げをサラリと楽しみ、次に切り替えていきましょう。 

子ども達のための運動会とそのスタッフのお疲れ様会が、いつのまにかボスザル達のマーキングの場にならないように。ましてや自分がボスザルになるという赤っ恥を演じないように立ち位置をしっかり確認していくといいですよ。 

9月がそろそろ終わろうとしています。2学期も1ヶ月が経ち、学級の状態を確認する時期かと思います。今日は学級経営チェックを紹介したいと思います。

◯宿題などの忘れが増えていないか?
やらなくていい雰囲気になっていないか確認しましょう。

◯教室は整理整頓されているか?
教室がグチャグチャだと、子どもの心も落ち着きませんね。


◯一人で休み時間過ごしている子や、よく教師に話しかけてくる子はいないか?
友達関係が上手く行ってないかもしれません。

◯休み時間、外に行かずに廊下をうろうろとしていないか?
外に行かない分、パワーも有り余るのでトラブルも起きがちです。みんな遊びなども使って外に出るようにできたらいいですね。

◯似た流れの授業ばかり続けていないか?
2学期は長いので、メリハリをつけて各教科の学習を進めたいですね。

◯小さなトラブルが多くないか?
ルールの整備や話し合い、全体に向けた生活指導やトラブルの対応方法などを共有してもいいですね。

◯言葉遣いや人との接し方が乱暴になってないか?
2学期になると、みんなクラスに慣れてきますので、ついつい言葉や接し方が乱暴になってきます。ですが、親しき仲にも礼儀あり。思いやりを持って接することを指導できたらいいですね。

◯クラスに上下関係が生まれていないか?
あまりに強すぎる上下関係はトラブルのもと。友達に上も下もないところ教えることや、力のある子が色んなことを押し付けたりしないように、よく見張ることも必要でしょう。

4月から半年経つので、ルールが守られていないことを感じるのであれば、もう一度みんなで確認し直してもいいですね。体育大会など行事が多くて忙しいからこそ、教師も見逃しがち。しっかりと振り返り、楽しい2学期にしたいですね。

運動会シーズン到来

 運動会の練習をしているとつい忘れてしまうのがセルフケアです。
体調面ももちろんですが、これは自分でコントロールしきれない部分もあります。
そこで、事前準備(プロアクティブ)できる準備物や行動をご紹介します。

変態でしょうか?いえ、教師ですよ

薄手の白いズボンをはくと太陽の下パンツの柄と形が丸見えになっているときありますよ(笑)。
昔なら、流されていた白地がすける問題も、「eyeハラ」ですね。
男性水着のスパッツや高校時代の名残なのか、妙に短い生地も女子から気持ち悪いと思われていることをお忘れなく(笑)。
22歳を超えると大人として子どもから、どう見られるのかは意識しましょう。子どもは、あなたのセクシーパンツに興味はなく吐き気をもよおしております。「エモい」とはならず、「キモい」といわれても仕方がない。
キモいという言葉は、使うべきではないことを最近の子どもたちは知っているので言葉にださない。
心の中で教師のパンツを見せられたことによるストレスと精神的ダメージがある(笑)。間違いなく。
ただ、今の子どもたちなら・・ハラと呼ぶでしょうね。
不快感を示すネガティブな言葉が次々と頭に浮かんでいることは間違いない。
子どもから見ると、もはや教師はおじさん・おばさんです。お兄さん・お姉さんは10代の人たちです。そして、性的な眼差しでばかり見ているわけではないので、結果「気持ち悪い」と思う子どもが大半です。子どもの中でも、思っていても口に出さない。
信頼している先生や親に「あの先生、ありえない」と言っているものです。
お気をつけて。

帽子、白地のシャツ、白の長ズボンが昔、今はボトムスはご自由に

ズボンがパンツ、ボトムスと表現が変わりましたが、いまだに教師の服装は白の長ズボンが推奨されます。伝統的な教師の運動会の服装です。無地の白に白色の帽子が地方の学校や伝統的な学校のイメージです。
最近は
運動会チームシャツを作成する学校もありますね。そこで衣類の確認もしましょう。

伝統的な学校の運動会の準備

    • 白色帽子
    • 白地の襟のついたシャツ2枚(午前と午後で着替えます)
    • 白色の長ズボン2本(変えの1本と厚手で)
    • 腕章やリボン
    • 白いタオルを数枚(汗拭きなどに使う)
    • 麦茶に塩

    若手の多い学校の運動会の準備

      • チームシャツ(学校で揃える。謎のメッセージなどを入れる)
      • 帽子は自由
      • パンツ(ズボン)はパンツが見えないパンツ(ズボン)かハーフパンツ、しゃがむとお尻かインナーが見える服装(嫌味です)
      • どこかのartistかfesのタオル
      • デオドラントシート(あると便利)
      • 塩タブレットをたくさん(熱中症予防。周りの先生や緊急時用)
      • スポーツドリンク(熱中症予防)
      • バファリンなど(血液凝固を妨げる)
      • スパッツ(血流促進、疲労緩和)
      • 熱冷ましシート
      伝統校、若い学校のよいところどりをおすすめします。

      ムダ毛の処理も考えてみよう

      シャツを捲り上げて見える脇毛にもご注意をください。謎のセクシー露出ですね。
      脇毛処理されていても、それはそれで少しざわつく保護者。
      ハーフパンツをはくときのムダ毛の処理もお早めに。
      そしてたまにいる産毛がはえている先生。
      うーん、ここは体質などで仕方がないところもありますよね。
      牛乳ヒゲの女性も多く見られます。ここも体質があり何とも言えませんよね。

      「教師」と書いて「周りが見えない人」を意味する。どこで突っ込まれるかわからないものです。ご注意を。

      みんな頑張っているよ。だから自分はすごい!というのはやめよう

       教育の研究会や意欲的な活動をしている人は、つい自分が「すごい」と勘違いしがちです。
      私もそうです。実績の自慢のし合いになるとさらに泥沼になってきます。私は、著作を持つことになったときに調子に乗らないことを第一の目標としました。
       地道な仕事をしている人も立派です。有名教師になってくると、保護者と子どもの目が変わりがちです。
      そうなると手が抜けていても指摘されることが減ります。これをよしとして調子にのるのか、気をつけるのかは誠実さと関係があります。

      有名な教師であるという基準は、子どもを見ていないという事実に近い

       有名教師になるとどうしても、教育委員会や他部署からの依頼や作成書類が増えます。
      これは、子どもを見る時間が減ることを意味します。
      1日は24時間しかありません。
      仕事を減らさない限りおのずと、限界がやってきます。
      知り合いが増えるごとにまた大人の付き合いも必要になります。
      法律的な知識や科研費のことなど様々なことに頭を悩ませることになります。

      コスパがいいのは定時勤務。定時退社。で帰る教師ですが

      早帰りの理由は様々ですが、定時勤務。定時退社。の教師が一番コスパがよろしい。
      そこを目指せば、プライベートも充実します。
      海外研修や学会、研究の際に勤務時間のときに空港で会う教師の多いこと。
      挨拶をすると「海外の波にのってきます。見逃してください。」
      もちろん、私は事実がわかりませんので笑ってごまかします。
      遊びに行っていることが本当だとすれば、無駄なリスクを抱えることになります。
      年休として出していても、保護者の目があります。
      万が一を考えるといくら年休でも気をつけた方がいいでしょう。
      ですが、これは自分の楽しみのために犯すリスクです。
      定時勤務。定時退社。に帰り続けるほうがお得でリスクが低い。
      こうなるとつまらない教師ばかりになりますね。

      子どもを見る力をつけて時間の折り合いをつけることが解決策です

      私は、心の専門家として聞き方は磨いてきました。
      時間の折り合いをつけるときには、リミットセッティングをします。
      子どもたちに厳しくあたるのではなくて、優しく接することも短い時間しか取れない場合は有効です。
      「自分がえらい」だから、忙しい。子どもは仕方がない。
      有名教師がえらい!とあがめる教師のみなさん
      もうそういう有名教師と言われる人に盲信するのはやめませんか?
      目の前の子どもを支えているあなたが取り組めば取り組むほど
      「あなたがすごくなるのです」
      偉そうにならないように今日も私は地道に生きようと思います。

      アイデアは移動する距離に比例する

      ハイパーメディアクリエイターの高城剛さんが表現されていた言葉です。
      ハイパーメディアクリエイターの言葉に引きずられていい言葉が埋もれてしまいますね。

      最近、海外で仕事をする機会を得ました。この「アイデアが移動する距離に比例する」は、私の場合当てはまったようです。
      職場にいると、つい考えが小さくなってしまいます。
      しかし、飛行機のフライトの時間に浮かぶ考えは膨大です。おそらく、することがないから退屈で普段おさえつけられていた考えが浮かぶのでしょう。
      自律訓練法で浮かぶ考えやマインドフルネスで浮かぶ考えと似ています。
      断食療法や集中内観(内観療法)にも通じます。内観療法は、したこと、してかえしたこと、ご迷惑をおかけしたことに絞ることが多いですが。
      頭の中の考えがフローのようにザーッと流れてきます。
      私は、今回のフライトの中で自分が最も大切だと思うことや浮かぶ考えそのままにアイデアを書き出すことにしました。日頃なら、ご迷惑をおかけするかも?や協調性がないと思われるかな?ということを思いきって行動に移すことにしようと思います。協調性がないと思われそうなことは「ごめんなさい」と謝ればいいことです。
      焦らず、面白いことや子どものためになりそうなことをどんどん進めていこうと思います。

      後悔しない生き方。教師こそ勉強しようね。

       プロフィール画像を変えた華丸です。 
      学校で勉強することとは違って、自ら学ぶことは楽しいものです。ときに学びすぎて健康を損なうこともあります。でも、何もできないほど体が衰えたときに感じることの一つとして勉強しなかったことがあげられます。


      教科書が勉強のすべてではないけど

      教科書で教材研究をしていると、教科書や解説の本を書いてくれた人の細やかさによく気付かされます。教科書を一言でいうと「よく練られている」
      良書に普段から触れすぎていると、その価値に気がつかないものです。
      当たり障りのない、だけど最低限必要なことが書かれているのが教科書です。
      弁護士の大平光代さんは、弁護士資格を取るために学校の教科書から基礎を学んで最終的に弁護士の資格を得られました。何かの事始めには教科書って大切です。。

      興味を持ったことに取り組むことが学ぶことです

      教科書にあらわれないことが実社会ではたくさんあります。興味を持ったことに無理なく続けていくことも生きがいにつながります。
      学校の先生によくあるのは、若い方ですとフットサル、ヨガ、料理、華、ボルダリング、自転車などでしょうか。
      絵を描く方から本を出される人まで教師は裾野がひろいものですね。
      楽しいことを学び続ける姿勢を応援したいものです。

      後悔しない生き方

       職場の友達関係が、老後の人間関係になるとは限りません。後悔しない生き方として、友達関係も大切かもしれません。
      このコンセプトで書きます。

      友達関係を成り行きにまかせない

      大人になると家族を持ったり、役職が変わったりするごとに生活環境や状況が変わります。
      昔からの友達との関係もそれに伴い変わることもあります。
      また、自分の成長により以前は親しくなかった友人が親友になったり、親友との関係が終わったりも起きます。
      親友であろうとするあまり、より悲劇的な破綻を迎えるよりは、距離を取っていくのも一つかもしれません。切ることも必要なときもあるでしょう。

      本を出す、テレビに出る、大活躍をするときは友達関係の見直しどき

      私の体験では、自分が大活躍するときには関係を切るタイミングになると思います。
      思わぬ妬みをかうことが多くなるのは、大活躍するときです。
      羨ましい気持ちから出た一言で、「危ないかも」と感じることはあります。
      そういうときは、電話番号を変えてしまうこともひとつです。
       関係を切ることに私は抵抗がありました。
      しかし、元警察官などから聞くとやはり、何か大きな事柄があったときに人の心変わりが思わぬトラブルをうむことはよくあるそうです。
      トラブルになりそうなら、すぐに相談して対処することです。
      また、予防的に関係を切ることも大切です。
      友達は自分の成長につれて変わるという少し悲しい現実を受け入れていきましょう。
      時が経てば、また親しくなることもあるでしょう。
      少なくとも自分が嫌なことを言わないことが大切なのだと思います。
      世間の人間関係の切りグセを今までは非難してきましたが、自分を新たなステージに進めるためには、それなりに効果もある方法だと思います。
      何よりも、毎日平和でいられますように。 

      後悔しない生き方

       「死ぬまでにしたい100のこと」みたいなネタは映画で割と用いられます。
      誰しもが訪れる死を前にしたときに「死ぬまでにしておけばよかった」と思うことは誰しも多くが共通するようです。キュブラー・ロスにみられる死の受容のように、一定のふんわりしたプロセスがある。
      逆算して考えると、死ぬまでにしたいことを今から心がけておけば、「いつ死んでも後悔しない生き方」になる。
      このコンセプトで書きます。

      もう人間関係で教師を辞めることを考えなくていい。感情にふりまわされた生き方

      学校の先生あるあるは、「好き」「嫌い」の感情で人間を分けてしまうことです。
      こういった感情でわける人は「子どもも自分の好みか嫌いか」で振り分けています。

      感情に振り回されまくっている。
      教師というものは仕事です。
      そして、この「好き」「嫌い」で動いて生きた人は、自分の生き方を最後に後悔と感じているのです。
      最悪な生き方です。
      大切なのでもう一度。教師という仕事です。
      感情を振り回してくる人とは距離を置いて仕事に専念すれば、後悔しない
      つまり、
      感情に振り回されずに、自分の大切と思うことに時間をかけた人生=自分の生き方です。
      感情に振り回された人は自滅する人生を送るのだなぁと思って距離を取ることです。
      挨拶だけで、さらっと避ける。
      好き嫌いではなく、自分のしたいことに専念する。これは、無視をするよりも自分にメリットや効果があります。嫌いという感情でもない、眼中におかない。
      人のいい先生たちには難しいことですが、無視ではなく、自分の仕事に専念です。
      これが自分の人生を振り返ったときに、後悔のない生き方になると言えるでしょう。
      癖はすぐに変わりません。まずは、意識してみましょう。
      やりたいと思う仕事を辞める必要はありません。考え方を少し変える練習をしましょう。


      ↑このページのトップヘ