小学校教員華丸先生の連絡帳-投資教育と金融教育重点中-

教員である幸せ しばらくは投資記事に重点

小学校でこの時期することや投資、科学、健康、生活に関係するものをブログに載せています。さらっと見て頭の片隅におくと楽になります。
ブックマーク,ツイッターのRT,リンクは、内容に賛意を示すものではありません。所属の立場とは独立したものです。雑記ブログのため正確性も保証しません。

 音読発表会までに読んでばかりだと単調になるので、そうならないための方法


音読の授業のはじめに

  1. 音読の種類を教えます。
  2. 黒板に日付と単元の題名を書きます。
  3. めあてに音読には、いくつかの種類がある。一斉音読(みんなで読む)・微音読(小さい声でよむ)・心読(唇だけ動かして読む。)・黙読(声に出さずに読む)と書きます。

ではパターン1です。試して見ましょう。

  1. 一斉音読をします。
  2. 立って読ませる(バラバラに読む音読)。終われば座らせる。
  3. 座って読ませる(読み終われば本を立てるように声をかける。)。
  4. 座って読ませる(読み終われば本をおろしてよませる。)
子どもの読むスピードやつまずきがひとめでわかります。しかし、遅い子どもは気にせずに終わりと言われたら終わりでいいよと声をかけることは忘れずにいきましょう。

単調な音読にならないためのパターン2

  1. 字の読めない子ども・テンポがわからない子どもがテンポをつかむことができるように、指導者と一緒に読みます。
  2. 微音読で読ませます。大き過ぎない程度の声で読ませるといいです。
  3. 心読(唇だけを動かして読ませる。)
  4. 黙読でよませる。

読み方の指導(パターン1か2)が終われば

グループで読ませるように配分を決めたり、視写したところから読み方に気をつけることをメモさせたりしながら音読発表会に向けて準備をします。
先生は、周りながら音読を聞いて、黒板にはるような作り物なども同時に作っていくといいですよ。
高学年なら、張り物(黒板にはるもの)を子どもと作るのも楽しいものですね!




学年通信のイラスト お金もかからないすぐに貼り付けることができる方法

よくある学級通信のイラスト
 

  1. 職場にある古いイラスト集をはりつける(歴史的なあのぼんやりした?イラスト集)
  2. 自費で購入したCD付きイラスト
  3. 切りはり・お手製
ベストはお手製です!これは好みが分かれます。

いらすと屋は商用利用OKで手間いらずです。

いらすと屋はインターネットで公開されているイラスト集です。
すばらしいのは、登録の手間がいらず(これは重要!)、商用利用可能です。
つまり、インターネットでコピーして学級通信にはりつけることができます。
説明はこちらをご参考に。


サイズも小さいのでワードが重たくなることもあまり心配がいりません。

今までの方法と何が楽になるのか。

  1. インターネットでいらすと屋の中で検索をかけてそのまま、コピーして貼り付けることができる。
  2. 実際の紙のイラスト集を切り取りしてはりつけるというあの地味な作業がいらない。
  3. イラスト集と比べて重たくない。
  4. でも、手書きや最新のイラスト集のほうが見栄えはいいと思います!

その他ご紹介としては、以下のものが有名です。

足成
フォトAC

上2つの私個人が感じている
問題は、メールアドレスのことや利用規定が細かいことです。
これであれば、私はお金を払ってイラストCDを買いますね・・・。
しかし、お金を出したくない人にとってはいいサイトだと思います。
以上は個人の感想であり、使用をすすめるものではありません。
使用にあたっては規約をよく読まれて自己責任でお願いします。 

今年度も始まり、今年も団体演技(ダンス)の指導がやってきました。
早い学校ではこの5月には本番というところもあるのではないでしょうか。

そこで、
今年おすすめの曲を載せておきます。


星野源「恋」


保護者・子ども受けは間違いないです。使うなら今のうち!
子どもたちが踊れば、かわいさ満点です。

恋ダンス 振り付け




応援団向き?
ピコ太郎「PPAP」

ちょっと学年ダンスではラフすぎるかも・・・
少しくだけたダンスができる応援団なら面白いですね。


低学年向け
きゃりーぱみゅぱみゅ「最&高」



三代目 jsoul brothers「Happy」






またおすすめ曲などありましたら教えてくださいね。







 

 
メニューを書いておきます。

始めに本日の時間配分についてお話します。

担任の紹介             3分)

保護者の方の自己紹介         10分)

学級経営方針                      5分)

学習指導                 5分)

生活指導                 10分)

連絡                                   5分)

終わりの言葉                      3分)

PTAの学級役員さんがいらっしゃったら、紹介して
ありがとうございますと一言添えると良いでしょう。 

以前紹介した記事をもとに繰り返して効果が見られる面白作文を実行しましょう。
データもすべてこの記事にあります。

だいじなことは、ルール作りをさせるなど明確な意思をもつ(これは時間を守らせるためにしたい。言葉遣いを教えたいなど子どもにいっていいと思います。)。
面白く学んで欲しいと伝える。
繰り返して、ルールをこまめに指導する。
自分の行動を直接注意されるわけではなく、ゲーム上のルールとして進むので子どもも理解しやすい。また周囲の子が何より「それは、先生のいうとおり(確かに先生の言う通りにしないと面白くないよ。)の状況が自然にできます。」
誰だって楽しみたいのです。
先生だって、楽しんでいきましょう。

 

植物名が実は分からない人への答えと対応方法→実は専門家でも無理!ならば、誠実な対応方法を考えよう。

子どもに春の植物を聞かれても分からない。
さらに、虫を持ってこられて引いてしまったことありませんか?

私はあります。ありすぎです。
私は、理科の中高の専修免許までもっているのに・・・。
中学校の理科のベテラン先生は、
調べとけ
知らない
そーか
で終わるそうです。
では、大学の先生なら大丈夫?
いいえ、専門外で1人で即答は難しいです。
学芸員さんは3人で植物の専門分野を分けていても無理な面があります。


つまり、答えは
大丈夫、みんな全て知ってるわけではありません。だから、一緒に調べよう。これが誠実な答えです。

対応方法(調べ方) 
千葉県立中央博物館の野草・植物図鑑をつかうと便利です。タブレットの場合は外でそのままみれますし、PCの場合はパソコン室で確認することもできますね。(タブレット版 PC版
時間があれば、学校の植物を調べて事前に印刷してラミネートしておいて、そのカードに当てはまる植物を探すという方法も観察の練習として指導しやすいですね。


 tsukaikata
千葉県立中央博物館HPより引用(科研費研究)


子どもと明日会える、でもなんかゆううつ

最低限することを確認しておきましょう。
極端に不安なとき
最低限のことや、最低ではあるけどもしておくべきことを以下に書きます。

提出書類を集める。
もってくるものは国語と算数。

宿題は計算ドリルと漢字ドリルと音読

学校によっては、
明日が、給食が開始であれば午後までに給食当番を決める。
そうでないなら、給食の日の4時間目までに給食当番を決める。

集団登校の打ち合わせの時間なら、移動する教室を子どもと確認する。

時間があまり困るとき

係決めと係活動で2時間
給食の当番の説明や掃除の説明で1時間
委員会活動や5年生の1年間のことについて1時間
国語の音読などで1時間
算数は復習や計算ドリルをみての1時間


もうブログを読んでも不安しかない人はこのあたりをメモしておくと大丈夫です。
これぐらいは考えているよって人も大丈夫!

 
 

こんにちは。華丸です。

春休みに次の学年をイメージすることは大切です。
若いやる気のある先生は、もうすでにおそらく自分がその学年であることを見越して行動をしています。
自分が受け持つのが違う学年なら?
用意した資料を、あげればいい!
春休みにしっかり遊んでと考えることも大切です。
一方で、このように頑張っている先生もいることに感動しました。

4年(以上)の担任の場合、大きい活動は代表委員会そしてクラブ活動です。

代表委員会って何?子どもにどう説明する?先生はどう動く?

概論

代表委員会の活動は、4年生の中から2人ほど学級を代表する委員として選びます。
学校がこういう方向になって欲しいという意見を学級レベルから意見を吸い上げるための人ですね。
だから、話せて聞ける子どもが望ましい。
でも、人前に出ることに挑戦したいと考える子どもも育てたいところですね。
「できるからさせる」よりも「取り組んでみたい子どもに取り組ませる。」のが学校です。
ちなみに、代表委員会の子どもはその学年の放課後に参加する必要があったり、授業の合間に抜け出したりなど負担がありますので、習い事などに細かいお家の場合はご家庭と相談になりますね。

子どもに伝えるイメージ

4年生になると学級でみんなの意見を学校全体に届けるお仕事があります。それが代表委員です。
みんなが帰る時間に1時間だけ残る日がでます。
でも、学級を代表する大事なお仕事です。お話したり、聞いたりすることがあるのでそういうことが得意な子が楽にはできます。
でも、話すのが苦手でも頑張ってみたいと思う人は自分が上手になるかもしれないチャンスです。頑張ってみたいと思えば挑戦してみましょう。


委員会活動

5・6年になると学校全体のために行う活動として委員会活動があります。これは、学校の美化を担当する委員会であったり、保健の委員会であったりと様々な活動があります。
支援する先生は、全教職員になることが多いです。そのため、委員会のある時間は1−6年まで授業がなく、担当の委員会でお仕事をします。

大事なこと

・委員会活動の時間はどの学年も授業がない(再確認)
・放課後に子どもを残すことはできません。帰らせてから参加します。

1・2・3年の先生であれば、そもそも授業がないので帰らせればそのままいけますので、準備などはこの先生方がされるのが適当です。
4年の先生は忙しいと思います。子どもを帰らせながらドタバタと参加になります。
5・6年の先生であれば、委員会活動のあるそれぞれの教室に移動させます。

委員会活動ノートを取りに行かせて、過去の活動を参考に進めながら新しく取り組みたいことを入れていくことが定石です。

学校の用語でわからないことがあれば是非聞いてください。










 

 4月の国語の学習は音読をテーマとした教材が多いですね。
4月に学習参観がある場合は音読発表会をするのが楽かもしれません。

子どもには、すぐに音読ができる子どもももたつく子どももいます。先生や友達には言えないけど、文字が読めない・漢字が読めない子もいます。そんな子のことも考えた音読の授業。


音読の単元のはじめに

  1. 鉛筆をもちます。
  2. 音読をします(CDでもよい)ので、読めない字や読むことが上手になりたい人は少しでも気になった漢字にはふりがなをうちます。
そうすると、全員が文章のリズムを感じながら、読めない文字や自信のない字にふりがなをふることで、家庭の音読で保護者のかたに叱られることも減ります。

音読2回目

1.文章理解を得るためには何度も聞くことが大切です。次のめあては、
2.黒板にめあてと書いて、話を聞いた感想を書こう。とします。
3.そうすると、登場人物の気持ちや自分ならどうするか・この文章がいいたいことは何かなどめあてにもちながらお話を聞くことができます。
4.子どもから3.の話が出ない場合は、黒板に例えば3.のようなことを意識して聞いてみようと書いておくといいでしょう。

そして感想を書かせる。これで1時間は効率的に進みます。
感想はなかなか書けない場合もありますから、その場合は書かせる時間を取ってからすぐにそれぞれに発表をさせて書いていないことでも発表していいよといいます。さらに、友達の話を聞いて「なるほど」と思ったことや「新たに浮かんだ考え」を発表してみよう。というと記述では難しい子どももがんばって発表することができます。
発表が苦手な子どもは書いて表現することができますね。


まだ時間があれば、気に入ったところを視写(文章を見て書く。)させるといいでしょう。

簡単だけど、子どもの立場ではふりがなを気にせずにうてることや初読で感想を書くよりは楽です。





 


 
カバンの中身にいれておくといいもの

封筒・はがき・切手
お礼状やメールでは返しにくい外部の人などと連絡のやりとりがすぐにできます。

筆記用具とメモ帳
管理職対応や保護者などのお話の備忘録に使えます。

クリップ・ふせん
書類を一時的にはさみこみたいときや、後で読む・コピーをとるなどのときが多いのでおすすめです。

クリアフォルダ 
書類を折り曲げない
移動中に書類の整理をしたいときに便利です。

本・雑誌 
勤務後に保護者の方がこられることが多いので、待ち時間などに読む。
付せんなどをしておくと目印になってあとで読み返すことができます。

ノートパソコン
写真の整理をしたり、支障のない範囲で書類を隙間時間に作成することができるので便利です。

スマートフォン 
写真を撮影する。予定をみる。時間つぶしをするのには役立ちます。

このリストを硬質ファイルにはさんでカバンの中に入れておきます。
時間のあるときに、カバンの中にあるか確認しておくといざというときに便利です。
 

では今日は教師の自己紹介のやり方を説明します。

私はまず自己紹介で自分の人となりやモットーを伝えます。
このときに自分の名前でモットーを説明してもいいですね。

む・・むずかしいことも
か・・かいけつします
い・・いい笑顔で
お・・おもしろく
さ・・さわやかで
む・・むてきのクラスにしよう

など

どんなクラスにしていきたいか、その思いを伝えます。

そのために叱る基準を3つほど伝えます。 
「人の嫌がることをしたとき・命の危険があるとき・当たり前のことをしないとき」 
まずははっきりとこちら側の意志を伝えます。少しピリッとする場面ではあります。

けれどもその後、私は何かワザを披露します。
大切なのは、「この先生なんか良さそうだ」です。
こういった楽しいこともやっていこうと思うと伝えて、
この1年に期待感を持たせて終わります。

必ず楽しく終わることを意識します。



 本ブログの記事である、「まだ間に合う学級開きの準備」でネタなどは紹介していますので、
ご覧ください。 

年度初めって学級開きに気が取られがちですが、
大丈夫ですか??


配布・回収書類がとっても多いですよ・・・


今頃、職員室では年度初めに配る書類を整理している事かと思います。
そこには個人情報が書かれた書類も多いと思います。
初日の三時間はやることが多く、ついついミスをしがち。

単なる学年便りならなくしても印刷すればいいから大丈夫。
しかし、保健や住所などの書類は教師がなくしたら大問題ですよ!!
 確実に子どもの手元に渡るように、まずは全員分あるか確認しましょう。

どのように配るかも大切です。1つ1つ配るのもいいですが、何か封筒にまとめて配ることが良いかと思います。その際も、確認は大切です。

配られたら、子どもたちは「何かな〜」と広げだします。悪気はないので、「それはなくしたら大変だからすぐにしまおうね」と伝えましょう。もしくは、配布書類を子どもにもチェックしてもらう、ダブルチェックもできますが、書類まみれになり、なくしそうでオススメとはいえません。 


では、次は回収です。2日目が回収日になるものも多いかと思います。
 その際に、集め方を工夫すると後の仕事が楽になります。

書類によって出席番号順だったり、男女別の出席番号順だったりと順番が指定されていると思います。
子どもから回収する際に、出席番号順に集めます。
やり方としては、個人情報を見られることがとても気になる場合は出席番号順に一人一人持ってきてもらう。(少し時間がかかります)
もしくは、5の倍数の出席番号の子が回収する。(5番なら1〜5番の子の書類を集める、10番なら
6〜10番といったように)

こうすることで、後で並べ替える必要がなくなります。

その際に必ず教師はチェック表を用意しておき、忘れをチェックします。その場でやるのです。
後で確認はオススメできません。提出していない子たちが「本当に忘れたのか・教師に渡してどこかにまぎれたのか」どちらか判断しかねます。

個人情報のある書類が紛失することは大きな問題です。
また出だしから、保護者の方と一悶着。なんて嫌ですよね。そうならないためにも、確実に書類は配布・回収をしたいですね。そのために、「いつ配布するのか、いつ回収するのか」を計画を立てて時間を決めておきましょう。
 

さて、始業式が近づいてきましたね。
今年も色んな教室であらゆる学級開きが行われると思います。

みなさんはどんな学級開きをしていますか?
今日は何をしたらいいかわからない人にここはというポイントを伝えます。

大切なのは、
①クラスのルールを伝える。
②なんだか良さそうな先生だと思ってもらう。

ことです。

まずは「①クラスのルールを伝える」から。
 初日は結構バタバタしますよね。教科書など配るものが多かったり、集めるものもあり、
時間がかかります。しかし、 子どもとコミュニケーションを取ることはあります。そこで、私は初日から、クラスのルールを伝えていきます。

配りものを確実に配るために私は教師の自己紹介は後にして、配りものを先にします。こちらはご自由に。私は忘れっぽいので。笑


まず配ることが必然と多くなるので、配り方を指導します。前から後ろに順番に子どもたちが配布物を送っていくのですが、ほっておくと片手で適当に渡そうとします。しかし、それでは、渡される側の子の目に当たる危険もあります。
そこで体を向けて、両手で渡すことを指導します。


おそらくここで、配布物について説明することがあると思います。そこで子どもたちから質問ががあるでしょう。その時は、聞く姿勢を作ることや挙手をさせるチャンスです。手をあげていたら褒めて伝えます。「◯◯さんのように質問があったら手をあげてくださいね。」など。説明途中で話に入ってきて質問をしだしたら「説明が終わってから、手をあげて質問をしてね」と伝えます。となりと話しだしたら、「周りの人が聞こえなくなるよ。先生が話をしているときは、静かに聞きます。」や「手はひざに」などと伝えます。

同時に丁寧な話し方も指導できますね。
「なあ先生これって◯◯でええん?」というように、ついついタメ口で話しちゃう子や試し行動をする子もいます。すぐにピシッと伝えます。「先生もていねいな言葉を使うようにしています。君たちも頑張ってみようね」や「社会に出たら丁寧な言葉を使わないといけないよ。練習をこの教室でしよう」など伝えて指導します。

これらの聞く・話す・配ることは毎日子どもたちが行う動作なので、
初日からルールを浸透させていきたいですね。



さて、今度は自己紹介をどうするかについて伝えます。








 

掃除係の中にチェック係がいるとお得なこと

子どもたち自身が掃除の方法や自分の掃除の方法を確認することができます。
教師の掃除確認を補うような役割にもなります。
掃除チェック係の
はじめの数分は、手薄なところの掃除や教師の手伝いをお願いします。
その次に、掃除チェックを各場所で見にいくこと、掃除が雑なところを教えてもらいます
(子ども同士で注意をするともめるので、みていってもらう)。
掃除時間中に注意をしてもいいが、その子どもが責められるとかわいそうなので、同じ場所で
掃除が雑なことが続けば重点的に見に行くなどの方法に切り替えるなどの作戦を立てるためのざいりょうになります。
くれぐれも掃除終わりに、誰が掃除していないかなど責めないことが大切です。
掃除の方法や教師がこまめに見て掃除の仕方を声かけしていくことが大切です。


トイレ掃除チェック表(エクセル





 


入学式




入学式のその後に! 

入学式も半日で終わって、やっと一息。いよいよ学級のお仕事ができそうですね。あっ、会議が・・・
そんな1日が続きますよね。
学年の仕事は4月1日から3日の記事をご参考にください。

会議でメモ

・分からない言葉などには、蛍光ペンでコピーそして、縮小印刷して手帳にはさみます。手帳の作り方
 は本ブログにありますので、ぜひご利用ください。
・基本的には質問はせずに終わってから聞きましょう。企画会で十分に練られている話だと思います。
 意見がどうしてもあるときはもちろんいいと思いますが、主宰は校長で決定権も校長になっていま
 す。はじめからもめることは勧めません。

やっと学級のお仕事

重複しますが、時間割
時間割の決め方は、専科や少人数の先生の授業や体育などの特別教室や場所を必要とする割り当てが決まってから決めます。
午前中に集中させる教科をいれることをおすすめします。

・給食当番を決めましょう。

 ルールはしっかり伝えます。配膳中の立歩きなどはさせてはいけません。ここがいい加減だとトラブ
 ル続出です。
・指導要録をわけます。
・子どもの教科書を教室に運んでおくと大慌てしませんが、これは職場によってはダメですから確認し
 ましょう。
・子どもの名前を覚えます。
・指導用教科書を2週間分はコピーして持ち帰ります。
・配布プリントがすぐに配れるように準備しておきます。



ひとつずつ終わらせていきましょう。慌てずひとつずつこなしましょう。
子どもたちむけの楽しい挨拶も用意しています。ブログで探してみてください。
明日はぴっぴちゃん。最近では名刺。他にもたくさんありますよ。私は手品も用意しています。
どうすればルール説明ばかりではない楽しい学期始まりが演出できるかが勝負ですね。



IMG_6549


ふわふわぴっぴちゃんで学級開き

楽しい始まりにするには、この先生はちょっと違う面白さがあるなぁと知的な好奇心を刺激してあげるといいと思います。不思議なうごきをするぴっぴちゃんを作ってみましょう。(インスタグラム動画ありです。)
子ども達とせっかくの出会いです。持ち上がりでも、初めてでも出会いを工夫すると先生も子どももとっても楽しくなります。 

用意するもの

ふわふわぴっぴ


はさみ
うすーい発泡スチロール(100円均一などで包装用のできるだけ薄い発泡スチロール)
シール(おもさを調整することにつかいます。)


やり方

IMG_6550

  1. はば14cm全長6cmの鳥の形を下書きする。(子ども全員に作らせる場合は型紙を作っておくと便利です。)
  2. 水性マジックで鳥の形をなぞる(油性だと発泡スチロールがとけてしまいます。)
  3. はさみで切る。
  4. 丸テープを頭から半分はみだすようにして表裏に重ね貼りをする。
  5. 完成です。
  6. 完成です。
IMG_6549




学級開きの数日後にという方法もあります!

学級開きでの声かけ
  1. 先生になついている鳥を今日はもってきました。
  2. 名前はぴっぴちゃんです。といいながら、鳥を飛ばす。
  3. ぴっぴちゃんは先生のいうことをとってもよく聞くので、右に行けと念じれば右にいきます。(少しだけ羽の先をおる)。
  4. そうすると、右に飛ぶ(練習しておきます。)
  5. みんなもお話が聞けるよい子に育ってくださいね!という。
  6. みんなもぴっぴちゃん作ってみませんか?
  7. 4月▲日から後に作ってみましょう。

  8. お家でも見せてあげてくださいと声をかけておくと、学校での楽しい1日を家庭に伝える効果が狙えます。


以下は頭の片隅にいれておくこと

子どもに新学期すぐに作らせるかどうかは学級の様子を観察してからでもよい。
失敗した子どもには先生のぴっぴちゃんを大量に作りあげる。
 
インスタグラム動画はこちら

今やっとくと後で幸せになることをしておくといいですね。


初日が終わり、2日目以降から遠足や宿泊学習の下見に行く人も多いと思います。

ただ何も準備せずに行くのはもったいない。
しっかりと準備をしていきましょう。


まずは、前年度のしおりやノートなどは持参します。
また、カメラなどもあるといいですね。


施設などに行く場合は必ず当日の細かい時間などを打ち合わせして決めます。
許可書がいる施設もあるので、その場合は必ずもらってきます。
貸し切りバスならば旅行会社を通して話しますが、
電車ならば、申請書などを提出する必要があります。(学校印が必要なことも)
時刻も調べておきましょう。

・どの道順ですすんでいくか
・危険な箇所はないか
・トイレの場所はどこか
・お昼はどこで食べるか(雨天時用も)
・クラス写真はどこで撮るか
・身体的に配慮すべき児童がいれば、段差、スロープやエレベーターなどもチェック
・移動など、それぞれの所要時間はどれくらいか 

などをよく確認しておきます。

行程を写真などに撮っておけば、子どもたちに紹介できますね。
(どこに行くのかわからなくて不安な子にも示すことができる)
学年掲示板に写真をはったり、パワーポイントにしたりして紹介すると
おもしろいですね。


下見不足にならないように、確実に終わらせたいですね。 


入学式準備



入学式準備は1日ずっとかからない! 

入学式準備は午前中で終わることが多いですね。そうなると午後にできるのは、学年の仕事か学級の仕事。学年の仕事が優先ですが、終わっているときには学級の仕事をしましょう。
学年の仕事は4月1日から3日の記事をご参考にください。

学級レシピ 確認しておくこと。 

・指導書を確認しましょう。4月分はコピーしておくと便利ですよ。
・机・いすの大きさや数はあっていますか?あっていなければ、教務主任の先生に伝えます。
・給食当番表を作りましょう。円盤のあのよくあるやつか、一人一役にするかです。私は一人一役派
 です。全員が分担場所を決めて掃除をすることは大事です。
・タブレットやスピーカー・テレビは映りますか?動かない場合は、視聴覚主任の先生に相談です。
・教室の掃除をしましょう。
・音読の用紙を決めよう。
・計算ドリルと漢字ドリルをみる。漢字小テスト問題を作ろう。
・背面掲示として詩や作りもの(チューリップなどの掲示)をするならしましょう。よく分からないと
 きは行事予定を書くのもいいと思います。
・朝の会・先生がいないときにどうするかを書いた紙を作成しておきます。出張のとき便利です。
・児童の名前を覚えましょう。

これは、明日になるかもしれませんが。
・時間割を考えていきましょう。
・給食当番を決めましょう。





準備不足のために書類に追われて
子どもの顔もろくにみれず
子どもに対して叫んで
声をからして
参観に家庭訪問そしてゴールデンウィーク

こうならないために書いています。

めんどうですが、最後まで読んで実行していただくと、次のように変わる可能性がグーンっとアップします。変わる部分をカッコにしています。
準備が(そこそこ)できていて、
書類処理も(まずまずできる。)
子どもの顔もみて、(遊ぶ時間ができる。)
子どもに対して(叫ばないで叱るなど)
の指導もあるけど
(落ち着いて指導できるから)
声をからさずに
参観(の後の懇談会で、「学校が楽しい」と保護者から子どもの声が聞けて
に家庭訪問では、(「先生で喜んでいる。」と言われて
そしてゴールデンウィーク(声を枯らさずに楽しく息抜きと5月の段取りをしておく)に変えてみせます。
ついてきてください!


条件は、ご自身がブログを読むぐらいの元気があること。
子どものために頑張れる場合は
最終部分を手帳にメモをしてやってみる気持ちがあることです。


それでは、前振りからです。

新任のかたなどは辞令式で1日・入学式の準備・入学式で2日の合計3日間
辞令式はないから3日あると思っていても、会議が続々と入ります。
年度当初は確認事項が多いため、仕事が通常よりずっと多く事務作業が最優先されます。
となると1週間のうちで実質2日しか準備はできないとイメージして段取りを組みましょう。

新任さんは1日しか実質時間がないですね(笑)。今すぐとりかかれば2日になります。
私は1日しか時間がないなら去年と同じようなことをしてしまいそうです。

少し辛めに書きます。
でも、これって先生のさじ加減ですよね。春休み散々遊んでいる人が子どものために急に何かって笑かします。
ベテラン?関係ありません。
目の前の子どもは成長や個性もあるので同じではないからイメージや対応は同じにはならない。だから、子どもに合わせて計画を考え直します。つまり時間はベテラン・新任に関わらず半端じゃないほどの時間がいります。

もうひとつスパイスを与えます。
人間は思っているほど能力に違いはありません。
カリスマ教師に付き合うセミナーではなく、目の前の受け持つ子どものために時間をとろう。
(勉強をしたいなら本。本当に勉強をしたいなら、実践論文ではなくエビデンスのある論文を読みましょう。)
イメージができると、その隙間をねらって仕事ができます。

終わらない場合は・・・、土日ですよね。
そうすると子どもに出会うためにかける時間がどうしても削られます。
前振りはここまで
本題です。

お待たせしました!
以下を読むと
準備がそこそこできていて、子どもの顔もみれて、子どもに対して遊んだり叱ったりもほどほどに楽しめて、その様子を参観のあとの懇談会で朗らかに伝えて、家庭訪問でも「学校が楽しい」の言葉がもらえる可能性があります。
その結果、あなたの気持ちのやる気スイッチがブーストされます。そうすると勤務時間が長いなどの心ではなく、リミッターを外したスーパーサイヤ人状態になり楽しく仕事ができます。
良し悪しはありますが・・・。

準備に使える日の2日目のシュミレーション

・まずは、1日目の仕事もれがないかの確認です。
□教材使用届は事務・教務の方に渡せているか。
□学年通信を教頭に渡しているか。

・仕事の質を高めるための確認
□校外学習・校内行事をもう一度みてみよう。(もれとイメージのためです。)
□家庭から学校への連絡方法を記した紙(家庭状況調査表などいいかたはいろいろ)を学級にわけます。


・やっと教室です(遅い人は3日目以降になりますよね・・・)
□教室の掃除(意外とほこりが・前任のかたのごみが・・・)
□名簿の名前を教室でよんでみる(イメージが高まりうまくいきます)
□番号シールをはりましょう。
□子どもの困りごとを確認していきます。(アレルギー、持病、苦手なこと)
□困りごとをどのようにサポートするか考えて学年主任と話したり、保健室の先生とお話しします。
□マグネットに名前をはりつけます。
□学級のチェック表(子どもの名簿とチェックできる表)を戸棚に忍ばせます。
□荷物をいれます。
□名前をもう一度よんで覚えます。

ひとつずつ終わらせていけば、いいのです。
翌日から入学式準備が入ることが多いです。その担当が何かを確認しておくといいですよ。
そして次々と繰り広げられる会議に時間が奪われることでしょう。
降り注ぐ仕事をイメージしてその隙間で確実に上記を実行しましょう。 
余裕があれば、本ブログの昨日の記事や記事を読んでいただければ始業式の準備から実際の仕事の流れやイメージがつかめますよ!頑張って! 
1日目の段取りは過去記事(こちら) 

職員室の机の上を片付けておきます。他の先生が書類が山積みになったとしても必ずしておきます。
机の上も雑巾掛けしたり、ごみ箱のごみを捨てたりすることも社会人としては常識ですが、教師はしないのでしておくとポイントがあがります。1年間だけでもいいので続けてみると助けてもらえます。
保護者への電話の連絡もれがないか確認します。
机の上をかたづける。(何もない状態)
雑巾掛け・ごみを捨てる。
保護者への連絡もれがないかをふりかえる。
学年の先生に「何かお手伝いすることはないですか?」と聞く。たまには、「何か面白い学級経営などの方法はないですか?」と聞く。
貴重品はロッカーなど鍵のかかるところにしておく。
挨拶をして元気よくかえります。
帰宅が最後の方になった時は、管理職の先生に「遅くなってしまってすいません。」と謝っておきましょう。


できることはした 

でも、寝れない。
遊んでしまった。
寝れない。
準備もしたけど気になって
寝れない。
なんだろう、結果は同じですが文脈の違い。
まずは、気持ちを落ち着かせましょう。
3秒ほど大きめに息をすって、5秒ほど息をはきましょう。それを3セット。


はい!それでは、レシピの登場です。

緊急レシピ 1発目をまず気持ちよくスタート 

新任・転任の先生の場合
他の先生と角がたたない挨拶をして気持ちよくスタート
この記事の台本の通りでも大丈夫です(こちら)。

もともとの赴任の学校の場合
気持ちよく、「今年もよろしくお願いします。」
管理職・用務員さんなどに欠かさずに。

これで、大きめの心理負担になるイベント 印象のよい挨拶完了です。

さらに気持ちを落ち着かせる言葉です。

人間は思っているほど能力に違いはありません。
カリスマ教師に付き合うセミナーではなく、目の前の受け持つ子どものために時間をとろう。
つまり、明日から時間を見つけて、子どもの名前を覚える授業計画を立てていければいい始業式になります。これは子どもが分からない今ではなく、子どもなどが分かる明日からする仕事です。

土日をどうつかうかは自分次第です。
子どものために時間をつかうのもいいですし、自分の休息のためにつかうのもいいでしょう。
得られる結果は同じでも、文脈は違いますね!
つまり、これも今日からではなく3ヶ月以上思う心持ちなのです。

どんな学校か不安

こちらの記事をどうぞ(こちら

もう一度、別の段取りをイメージしましょう。
新採のかたには特にいいイメージになります。
赴任先に挨拶をするときの新任・転任の1日(こちらの記事
1分ほどで読めますが、特に後半を手帳にメモしておきましょう。
 

↑このページのトップヘ