手帳で仕事・生活がうまくいき、教え子が育つ

学ぶとはマネること。教育は今日行くこと。プロアクティブで行こう!

小学校教員・大学院では臨床心理学。今は、理科の専門教育を受けています。
認知行動療法・行動分析・人間性心理学(PCA)・精神分析的療法などを働きながら学びました。
自分の努力で教育を実際に変えています。広く知って頂き、真似をしてほしい。ブログランキングに1日1回(にほんブログランキングとブログランキング)
はてなブックマークにポチっといただけますと励みになります!特に若手教員指導に力をいれ、新聞掲載に至るなど成長させている。 手帳を通じて私をなぞることで、見識や思考・段取りを身につけて頂ければ幸いです。 https://profee.me/3803
Twitterもフォローよろしくお願いします。@hanamarudane
http://twitter.com/hanamarudane
インスタはこちらhttps://www.instagram.com/hanamaruda

真似をするとよくなること子どもたちがごちゃごちゃしなくなります。掃除のときの机が軽くなります。帰りの会にランドセルを取りに行くときのぶつかったなどのトラブルが減ります。 騒がしくなるにはわけがある    静かに待つなどの秩序が保てていない学級では、うまく学 ...

図工展・作品展はよく2学期に行われます。だから、2学期から取り組む人も多いでしょう。 しかし、何が起こるかわかりません。2学期に運動会があるところも多いでしょう。そこで、作品展は先ですが、この1学期から取り組むと余裕が生まれます。少し、作品例を紹介します ...

家庭訪問なども終わり、1ヶ月がすぎました。こんなことを言われたりしませんでしたか?「友だちがいないって言ってるんです」たしかに休み時間の様子を見ても寂しそうにしている。そんな子がいる場合ありますよね。子どもたち同士をつなぐことって簡単ではありませんよね。 ...

 そろそろ学校にも慣れて管理職や周りの先生との接し方を考えていくとうまく回りそうですね。タイプ別に考えてみましょう。 怒りがでやすい校長先生・教頭先生話を聞いていただけず、一方的に怒る。怒りは高まると長くなり止まらなくなります。対応話にしっかり相槌をうち ...

今日はダンスの振りを考える場合について話します。前回と通じるものがあるのですが、観客席から距離がありますので、できるだけ振りは大きいものがいいでしょう。なので、手元だけのダンスは映えません。ポッキーダンスなども動画ありきでアップでみるといいですが、運動会 ...

↑このページのトップヘ