小学校教員華丸先生の連絡帳

小学校教育に籍を置き、本を出す、論文、研究、人を育てる実践をしています。金融教育(投資教育)の展開を推進中。

小学校教育に籍を置き、本を出す、論文、研究、人を育てる実践をしています。その他、小学校でこの時期することや科学、健康、生活、投資教育に関係するものをブログに載せています。さらっと見て頭の片隅におくと楽になります。
ブックマーク,ツイッターのRT,リンクは、内容に賛意を示すものではありません。所属の立場とは独立したものです。雑記ブログのため正確性も保証しません。

通知表が終わらなくて焦っている・・・。
一つずつ頑張りましょう。
まずは、埋められること埋めましょう。
総合的な学習の時間は書きました。
クラブや委員会・係の仕事を書きます。
記録がなければ、子どもに直接聞きましょう。
生活・行動の観点を教務必携などで確認します。
書いていない・わからないときは、学年便りの各月の行事予定を見ながら思い出してください。
 学年便りがないなら、思い出していきましょう。
事実のみの部分は書くことができます。
細かい部分や個人情報の部分は職場で行います。
事実のみの部分は、家で取り組みます。管理職の了解は得ましょう。
持ち帰るの忘れた!・・・、朝早くに学校にいきましょう。

本当に困れば、学年主任・教務主任・管理職の順番で相談をしましょう。
時間がかかっても大丈夫。ていねいに少しずつ頑張りましょう。

 

 

通知表がまだの人は、今日のうちにこの記事を参考に対策を考えてください。

 終わった人、お疲れ様でした。
冬休み対策です。
□冬休みの宿題の印刷などを懇談会の空き時間や放課後にしましょう。
□年明けの掲示物の確認を学年会でしましょう。(書き初めの掲示など)
□子ども達に年賀状のようなお便りを出すなら、作成します。いろんなご家庭がありますので、年賀状でhなく、クイズをつけたハガキを送るのもいいかもしれません。以下は、過去指導を仰がれ指導した関西の新任教員作成のハガキです。3・4年生あたりだと思います。保護者の方と子どもの話題となると思います。ハガキを持ってきた子にはプレゼントをあげますとかかれています。これは、結局は全員(ハガキの有無に関わらず)にあげるようにします。
新学期の日かその次の日あたりに、このハガキ持参の子に先(午前)に渡し、その後(午後)にもってきていない子にもあげると宣言します。無くしたり、事情があってできない子どももいますので、全員にあげることができ、お金がかからないほうがいいです。
プレゼントは、理科や教科に関するものだといいですね。また手作りサーモインクしおりなども面白いでしょうね。書き換えて作成してください。ハガキのサイズは100✖️149(mm)で印刷したように思います。

例えばハガキの裏面 新年特別クイズ
○には文字をいれよう。□をならべかえて言葉にしよう。正解者の中から何名かにプレゼントがあります。

1.いたずら大すき。さみしがりやなきつね。「ご○○□ね」

2. 春の遠足で行った大阪城は、1583年に「とよ○○ひ□○し」によって建てられました。

3.「しかし・けれども・でも」などの言葉。 「1ゃ○せ○」

4. 中国地方は 鳥取・島根・岡山・○2○ま・山口(←これは「くち」、しかくじゃないよ!)

5. 四国地方は 香川・徳島・愛媛・○○□

6. 文の中で、他の言葉をくわしく説明する働きをする言葉をし□□しょく○といいます。

7. 伝統工芸品に指定された、○か3○○は□の

8.千億の10倍の数 4っ○ょ□

9. 漢字辞典の使い方 ○□ゅさくいん、そ○か□さくいん、5ん○○さくいん

10.わり算の筆算の手順  「□て○、か○○、ひ○、○ろ□」

11. Bear=□アー  Dog=ド□○   Panda=6○ダ

12. 地域性があるため削除しました

13. 整数と真分数をあわせた分数  8□分数

14.読みがな  熱い(○○い)  望む(□○む)  便り(○○り)  選ぶ(○○ぶ)

□をならべかえた答え  8□□3 5□□□ 4□6□ □□2□! □□□1 □□□7! 

学校にこのハガキを持ってきてね。かぜひかないように、元気に遊んでね~!!!!!

以下に使う準備物です。
教卓にはる紙(ワード pdf)
子どもに配る紙(たくさん印刷しておく)(エクセル pdf)
掲示物(言葉で話がわかる学級なら必要なし。)(ワード pdf)

懇談会のあとにすることお楽しみ会。
授業が遅れていたら、お勉強だけです。
荒れているから、そんな余裕がない。
これはリフレーミングの出番ですね。
授業が遅れていても、荒れていても以下の通りすれば、子どもに少しだけ楽しいひとときができます。
考えずに実行してみてください。

細切れの時間でできる「面白作文」
読んでいただいている方から「知ってます」の声がでてきそうです。
以下を守れば、学級の雰囲気づくりと言葉の指導・時間のきまり(リミット・セッティング)の基礎・冗談で笑って終われる雰囲気・文法も指導できます。
楽しいひとときを創るのが目的ですから、実行です。

以下コピーして手帳に入れておきます。そして、時間があまれば即実行
特徴
細切れの時間でもできる(書かせることを授業の終わり5分前・発表を帰る前にするなど)。
 文法と話の順番が学べる。
言葉の指導ができる(下ネタは読まないや学級の人は出さないなど状況で指導できる。)
学級のあたたかい雰囲気ができてきます(冗談で適当に混ぜた文章だから、笑って終わらないときは今後読まないなどルールを自然と学べる。)。
0.時間のあまったときに読むからと宣言しておく。
1.細切れの紙に「いつ」「どこで」「だれが」「何を」「どうした」(面白作文用紙といいます。)を伝えながら机の上にひとりずつおいていく。(この用紙を渡すと楽です。)
2.名前を入れてかかせる(名前がかけていない人は読まないことがあるといいます。)
3.教卓や給食台の上に面白作文用紙の紙を置く場所を作ります。
4.封筒の表紙に面白作文の「いつ」などを書いておいて、そこに入れるようにしてもいいです。(この用紙を教卓などにテープ付けしておいてもいいです。)
5.できれば、ひとつ・ふたつ読んでみてください。時間があれば全部読む。
6.またやりたいとなったときは、ドリルみんなで終わったらやろう。終わっている人はできていない人に答えを教えるのではなく、解き方を一緒にしてあげよう。などといいます。(時間通りに終わらせる・お助けの技術を高める動機付けを高めてください。)
7.給食のときに配るなどできるだけ紙を集めて、1時までに給食が終われば読みますなど伝える(時間を守るルールを作れます。)

面白作文で困ったときは
いつ・・・●先生が産まれたとき、▲さんがくしゃみをしたとき、校長先生がダンスしているとき
どこで・・・地球の裏側で これはでやすいです
だれが・・・ジバニャンが ローラが 銀魂の○が ちびまるこちゃんが(キャラクターや先生がいいです。学級の雰囲気がよくなっていれば、友達です。笑って終わることを全員の了解としてとります。いやなときはいってくださいと伝えておけば、万一のときの気づきポイントになります。)
何を・・・トラックを 悟空を カミナリを
どうした・・・ ふんだ ねた たべた はしった(動詞ですよね・・・。オチですね。)
短い文を書こうといいます。


してはいけないこと
授業をわざわざ潰しては行わない(お楽しみ会の一部や学級会で決まったならそれでよい。)。
学級の友達の名前は学級がまだよい雰囲気でなければ、読まないので違う名前にする。
子どもに読ませない(抑揚や間をつけて先生が読めば、先生の価値があがります。十分によい雰囲気な学級であれば、子どもに読ませるのもいいと思います。ますます先生上手となります。) 

磁界が簡単にみえる方法です。

準備するもの
鉄粉(ガーゼでふるって大きさを整えるとよりよい)
棒磁石
白いA4の紙

IMG_3564

一番下に棒磁石をおき、白い紙をおきます。



IMG_3566
次に、白い紙の上から鉄粉をふるうことで棒磁石の磁界があらわれてきます。

班で1つの実験につかえそうですね。


授業も一段落して
6時間目など放課後帰る前に楽しめそうな遊びを学びました。

注意点
帰る前がいいです。
学級が、崩れやすくなりますから授業に影響のないときがいいでしょう。
用意するもの
モール

カッターかハサミ
紙コップ
紙コップ切れ込みを入れた完成品いくつか
IMG_3227

紙コップにカッターで切れ込みを入れます。ハサミでも大丈夫ですが、手を切らないように。苦手な子には手伝っておくかあらかじめ切っておきましょう。
IMG_3229


厚紙か紙を用意して丸めます。

モールでへびの形を作ります。

へびを紙コップの上にのせます。
紙コップの切れ込みに紙を丸めてさしこみます。
できるだけ低い音でうーっと叫びましょう。

221

そうすると、不思議
へびがクルクル回り出します。
植物に例えると、エノコログサのような構造だそうで。
エノコログサを握るときに動く構造と似ていて、音の振動で動かしているといえるそうです。
蛇の直径が小さく軽いほうがいいそうです。

お楽しみ会だけではなく、工作もたまにはいれましょう。
学級が乱れやすくなるので、お気をつけて 

 終業式に荷物いっぱいにして持ち帰る子ども。終業式の風物詩ですね。
これは今週からチェックすれば、防げます。

1学期持ち帰っていないなら
懇談会のときに保護者に持ち帰ってもらうのも手です。
以下コピーして手帳にはります。
方法
朝の授業を少し早く終えて、身辺自立を促すため、机の中を確認します。
指示
机の中のものを全部出せたらたちます。
隣同士でいらないもの確認しあって、持ち帰るものは、ランドセルにいれて、ファイルにとじるものはとじます。
クリアファイルを1人1つまで、ごみ袋などにかためてもいいので持ち帰りましょう。



次の休み時間前
ロッカーの中のものを整理します。持ち帰りするものは、ロッカーの棚の上に置きます。
帰る前
ロッカーの荷物を机の上にのせてください。
フル装備をします。
フル装備とは、持ち帰るものを持ちやランドセルを背負って、帽子もかぶり机の上に一切残さないことです。

緊急のときは、フル装備があります。と伝えておくといいですよ。



準備物
クリアファイル 自腹
ごみ袋




 懇談会もそろそろ始まったところだと思います。
懇談会も笑顔でいきたいですね。

保護者1人ずつの切り替えが大事です。
楽しい雰囲気は残せるといいですね。


切り替えができない話が出たとき

即答は避けます。
後日おつたえしましょうか?
それは、管理職などとお話してからでよろしいですか?など

若い方は、保護者に気に入られると楽で、そうでないときはあたりがキツイですね。
理不尽なとき
あとで、学年主任などに相談する。
次の懇談まで、引きずりそうなとき
業務必携に書いて指摘が的を得ているかを後日考えることにする。

指摘が納得のときの話型
ほんとうですね。
次からやりかた考えます。
 他の聞き方
やってみたいのですが、うまくいかなくて。いい方法ありますか?

保護者の方は、懇談会で言えずにガマンしてくださってること多数です。指摘できる元気な方もいます。バランスよく聴くことが大事です。
バランスをとるためには、記録をとって客観視してみましょう。メタ認知が高まりそうです。
気持ちが整理されスッキリすることもあります。
いずれにせよ、次に待つ保護者には関係のないこと、翌日の子どもに全力を傾けることが大事です。



静電気で遊びましょう。
3・5年電気の実験(静電気)
IMG_3366のコピー
準備物
・ストロー(袋付き ポリプロピレン ppとかかれているもの)

ストローで静電気を作ろう。
 

 IMG_3371

ストローを出す前に何度もこすります。

 

IMG_3372
机の横にはりつきます。

IMG_3373
かべにもはりつきます。 

 

ビニールと髪の毛が静電気になりやすい。


1円玉が40枚詰められています。ここにもう1枚1円玉を詰めることができます。
どのようにすればいいでしょうか?
IMG_3101

この形にすると41枚になります。
IMG_3102


ハニカム構造ともいいます。
 結晶構造的にかたい・蜂の巣型がいちばんかたいそうです。

忙しい日が続きますが、たまには子どもの不思議を刺激したいですね。 

ペットボトルの中にゼムクリップを入れます。
導線に鉄の棒をはさみます。
これで、磁石になります。


IMG_3137

準備するもの
鉄の棒
ゼムクリップ
ペットボトル500ml
導線(100回巻き)
単三電池


IMG_3123



ゼムクリップが鉄の棒にくっつきだしました。
 

 
どのようにすれば、短時間で多くのゼムクリップを取り出すことができるのでしょうか。
IMG_3142




磁力はコイルの真ん中が最も強いので、2人で協力して鉄の棒とコイルを持ち上げていきます。


IMG_3136







 鉄の棒とコイルを離しているとあまり、ゼムクリップはつきません。
IMG_3140

でも、コイルと鉄の棒をゼムクリップの側に近づけると、ゼムクリップはたくさんつきます。
IMG_3142
IMG_3136


コイルの中心に鉄の棒を差し込み、電流を流す(電池)と磁石になる。
言葉よりも体験するとわかりやすいなと思いました。 

懇談会での最高の資料は通知表とつけるまでに集めた資料です。

ということは、通知表の処理をしていくと自然に懇談会で話す観点が整理されます。
作業であってもです。

通知表にハンコ押しをするまでにすること
各教科の成績の一覧表を作る。
ない場合は各教科見比べます。
また、1学期の成績一覧表も用意です。
データの入力ミスがないか見る。
あれば、修正します。
また、全体的に一番低い評価になっている子や、評価がすべて真ん中などの評価を見直します。その過程で懇談会で言えることをみます。
次に前学期の評価と比べてよくなった点、もう1つのところ、変わらずなどを確認していきます。
その上で、評価の変遷を考えます。
算数なら、数量中心の1学期から図形になったから伸びたんだ。などです。
そうすると所見であれ、懇談会であれ伝える切り口になります。
つまり、所見として書いて懇談会でも言える、一石二鳥です。
弱点が数量と気がつけば、大テストの数量のところを印刷しておきます。裏にも答え版を印刷しておきます。
そして懇談会のときに課題として話をしたときに渡します。
具体的に指摘ができて、対策も教えることができます。丸つけもご自宅でできますね。
取り組んだ子はこの苦手な数量伸びますよね。一度解いた問題を復習する経験もさせることができます。
そういう心憎い準備のできる教員になりましょう。

土日はリミットを外して頑張ってください。 

教員連絡帳を作成しました。コピーして手帳にはさんで忘れないようにされるといいと思います。

持ち帰るもの
□業務必携
□自分の学校のブログアドレス 行事の確認や思い出すのに役立ちます。
□テストの採点の残り
□今学期のテストの問題用紙
□アンケート用紙
□エクセル、インターネットなどの環境

子どもの作品の写真 管理職の許可は必ずとる。



以下はもしもあれば
□在宅ワークのための設定と、業者サポート電話番号
□通知表
□観点に丸をするときの印鑑
□子どものクラブ、係一覧 通知表に書きます。
□管理職にチェックしてもらった所見

持ち帰りは、管理職に許可を取る。持ち出し帳に書くこと

帰りの注意
外食や習い事キャンセルで直帰。個人情報を入れた荷物は握りしめる。
できれば、名前など個人データを消して、番号にする。
出席番号に偶数の場合2倍奇数の場合3倍にするなど、出席番号を特定できないようにする。





職場ですること

作品の評価 7段階で(作品の持ち帰りはかさばります。)
わからないときに聞ける学年主任などの人に電話相談してくれるかの許可と時間帯
職場が開いているかとその時間帯の確認
所見を管理職チェックしてもらっていないなら、してもらう。
学年であわせることの確認 例えば総合の時間の書きぶり
聞き方 通知表作成のときに、何か合わせておくことはありますか?
例えば、総合とか

家では通知表のまるをつけることや、所見書き、休んでいた子どものテスト問題をすっておくこと(いつさせるか手帳に記入)
 



紅茶3
空気のあたたまりかたでとってもわかりやすくて驚きのある実験がありました。
マッチをつかったり燃やしますから、念のために安全には気をつけてください。
インスタグラムはこちら



準備するもの
マッチ
日東紅茶のパック
はさみで切って、重ねます。
IMG_2146

IMG_2147
IMG_2145
IMG_2149

次に火をつけます。
紅茶1

紅茶2
紅茶3
紅茶4
紅茶6



紅茶7
燃え終わりました。ここからがみどころです。



紅茶8
紅茶9
空中にうきだしました。

紅茶10
完全に上昇しています。

紅茶11
紅茶12
紅茶13
最後は天井まで届きました(約3m)

見応えもありますし、子どもの歓声が聞こえてきそうな実験です。

 
 

学年便りの月ごとの行事を児童名簿の項目に書きます。
観察と実験が多いので、そこで思考などが評価できます。
実験技術や工作技術も加味します。
成績だけでつけるというより、観察や実験技能も割合として大きくしておくと理科の力を測ることに近づきそうです。(学力って目に見えませんから、教員が観点を決めてみていくことは大切です。)
点数のいい子だけが評価されることは避けようという意味ですが、学校や保護者の経営方針や状況で変えてください。
大事なことは、子どもや保護者に頑張りを伝えることです。点数がよかったではないと思います。
例えば、季節ごとの植物についてやいきものの観察・実験の様子など、所見と重なっていいので伝えましょう。
観察
スケッチを見て、おしべやめしべの数、花びら、葉の大きさ、形、色など
また日時、気温、天気などの記述があるかは評価します。
絵が上手いというのは図工の観点です。
いきものの節や足の数などの記述かスケッチをみていくといいでしょう。

実験は
ノートの記録
実験中の様子をみてください。
子どもが他の子どもを助けてしまったときには、助けられた子の評価が難しくなります。
困っていたら、まずは教員が手助けしましょう。小さなヒントを小刻みに与え自力解決させることは大事です。

実験や製作が苦手な子どもについて 

困っている子にはお助けが必要か聞きます。
手伝ってもらってからまた休み時間にする方法もあるし、友達と一緒にする方法もあるよ。など声をかけて、選ばせてあげてください。
やる気があれば、再度取り組んで教材見本で自力で組み立ててその様子を評価するということも可能です。
実験のまとめ方など、思考を掴む評価をしていきましょう。
教員であるあなたが子どもの思考がわからないときは、敗北宣言です。
理科でわかったこと、まだわかりにくいことを子どもにアンケートに書かせておくと、評価や再指導に役立ちます。
理科は保護者に技能面も含まれていることを伝えて点数重視ということはやめましょう。
理科の楽しさが伝わってほしいですね。 

用意しておくもの
・  今学期の学年便り(算数の教えたことで項目名としてつかう。)
・  算数ノート
・  発表
・  計算ドリル
 
 テストの採点は簡単にできます。しかし、算数の思考力をみるためには、発表やノートは必要になります。
授業であれば、発表や学習の進め方で思考力・判断力などをみていきます。
見通し たとえば単位量をもとにすることや、図や表をつかう場面
考え方 見通しをもとに解決につなげていく力を見ることができます。
まとめ 複数の考え方をもとに「はかせ」(はやく かんたん せいかく)などの観点をもとにまとめていくこともめやすになります。
他に友達同士での教えあいなどで説明している様子を観察して評価していきます。
学んだこと 学習で学んだことや教えた時のコツ・教えられたときにわかったことなどを記述していきます。
 
このように発言(ノートでみていけますが、友達の考えと分けて書いていないと後日確認は難しいです。)
考え方として見通しをもとに(既習の考え方などをもとに)とけているかなど要素はたくさんあります。
授業での様子や問題を解くプロセスは、算数の公式の導出や既習のことから新たに見出す活動は、子どもに本当につけたい力ですね。
テストだけで評価をするのではなく、学習指導要領・学級の通知表の文言・学年で揃えておく方がいいと思います。国語のときと同じ注意点になります。

学年便りの国語行事がチエックリストに記入されているかみてみましょう。
そして以下の項目にわけて考えます。エクセルなら、その項目ごとにまとめると便利です。手書きの場合は、上に以下の項目をわりふり成績を考えます。あるいは各学校の通知表の観点がいいです。
A 話すこと・聞くこと
B 書くこと
C 読むこと
〔伝統的な言語文化と国語の特質に関する事項〕
各学年の月ごとの学習がどこにあたるかあてはめればいいのですが、どうしようもない場合

A話すこと・聞くこと
・スピーチ・発表会などの記録を探します。おおむね学期のはじめのほうに行うことが多いです。
・日頃の子どもの記録
B 書くこと
・国語のノート
・漢字ドリル
・漢字ノート
・硬筆
・書写などの成績をつけてまとめます。
何よりも日頃の子どもの記録も大切に。

C 読むこと
・学期のはじめのほうに多いです。
・音読の保護者評価など

 〔伝統的な言語文化と国語の特質に関する事項〕
落語・古典などです。 重要ですが、意識が薄いかと思います。昔話の読み聞かせなどでもいいので取り組みが大事です。
読書記録などもあります。

ノートの成績などは7段階ぐらいに評価をつけて得点化しておくこともあります。(どのぐらいの割合を評価するのかで変わります。)
その他 Aなどつけた数がいくつあるかで決める方法もあります。(評価の割合がどうなのかという問題がありますので気をつけてください。習字の評価と漢字ドリル全部の評価が同じだと授業バランスとしておかしいと思います。
テスト●割 その他●割など学年会の方針でつけたり、評価とせずに観点としてみたりという形にします。
どうしようもない場合は、得点化して、テスト●割・ノート●割など、また取り組んだ時間に応じてある程度割合を変えます。決めてからつけておくと保護者の人になぜこのような成績なのかと聞かれたときに、今学期はテストを○割でつけてノートを○割でつけています。△さんの場合、ノートが取れていないことが多かったので、評価としては残念だったかもしれません。学習状況は〜(いいことを指摘)なので、次は見開き1ページのノート作りなどで学習のまとめ方の力をつけるといいですね。など説明できるようにします。
みるのは、子どもの到達状況で伝える相手は保護者の方です。
学校での評価の取り決めがあるときは、かならず合わせます。おかしいと思えば、会議で発言して変えましょう。
ていねいに、子どもの発言や記録をまとめてがんばれるといいですね。
やばいときは、まずは成績をまとめておくといいですよ。(後は職場であわせること。)
 
 

          この時期になって成績のつけ忘れ・よくわからない・時間がない人のために書きます。
          緊急のときのためです。(心がしんどい・介護などで時間がない)
          日頃の記録をもとにするのが基本です。ただ、これから数回に分ける分は最低限です。ここまではしがみついてもつけましょう。これから数年はブログをみていただければ、それなりのレベルのものが楽につけられるようになります。成績や日頃の記録をつけるのに適した日・準備を書きますので、まずは手帳のすることリストに記しましょう。

          準備編
          □チェックシート(教務必携などのノートがなくしにくくておすすめです。いつか最適な冊子をご用意します。)
          □学年便りを今学期分コピーする(月ごとの学習したことリストになります。)
          □もちかえれるものともちかえれないものに分ける。(掲示物は持ち帰るには大きすぎます。テスト・その他の記録は、持ち帰り簿に記入すれば家で仕事ができます。)
          □当ブログのアンケート用紙を子どもに記入させたもの(お持ち帰りデータにあります。)
          □テレワークができるなら、動作できるパソコンやサポート会社の電話番号を手帳にかく。
          □テスト一覧(もしも休みで取り組ませていない場合は、コピーしてわたします。)それすら、難しい場合も考えてみます。





           通知表つけないとだめだと悩みながら、「ばくぜんとしてはわかるけど、どうつけていいかわからない。」そういうときのお助けの技術
          ベテランの方向けと経験の少ない方向け
          1.学年主任の先生に聞く。
          2.同期の先生に聞く。
          3.職場の人に聞く。
          4.管理職に聞く。
          孤立無援の人・・・ブログを参考にする。

          順番は上記がいいと思います。
          ベテランの方
          ベテランの方で自信がないときは、同期の先生や年下の先生に
          「○先生の成績のつけ方どうしてる?私は漠然としてきてるから整理したいから教えて?」と聞きましょう。相手のかたは、「?」となりますが、この疑問は放置するとベテランの先生として言葉で成績処理を説明できないという事態になります。恥はいっときです。意外とみなさん多様かもしれません。

           経験の少ない方

          学年会で、「成績どのようにつけていますか?」と聞いてみましょう。高尚な場合は、参考程度に。ただし、学年主任が責任をもってもらえる可能性がもっとも高いですから、他の先生に頼るときは要注意です。
          そこで2.同期の先生に聞いてみてください。
          「成績どうしてる?(できれば、国語など具体的に聞きます。)」
          そこで話が解決すればそっと参考にしてください。
          「わからん。困ってる。」と返って来れば情報を流しアイマス。
          3.職場の人に聞く。
          これは、気をつけてください。「若先生がこんなことを聞いてたよ。」と主任の先生の耳に入ったときに、気を悪くされる方がいます。
          口のかたい人(いると信じて)に「主任にお聞きして成績の処理は分かっていて、切羽詰まっていて、何から手をつけていいのかわからないので、先生ならどうしています?」と聞いてみます。
          4.管理職の方に聞く。
          リスク高いです。3に加えて子どもを担任の先生や主任先生ほどはみることができません。また学年主任の先生が2.3.のように受け取るからです。

          そうなると、孤立無縁・・・。或いは、もっと成績の考え方を整理しておきたいかたに
          最低限の成績処理を書こうと思います。
           

           今回は懇談会準備最終章として、懇談会日程一覧です。エクセルとpdfの懇談会日時シート版です。
          付け加えて、廊下に掲示する文章例です。廊下掲示保護者向けワード版とpdf版これを台紙にはります。


          1.懇談会日程データの使い方

          管理職に渡したり、自分の手帳にはります。

          おすすめはしませんが、保護者への予定確認の手紙にこれをますずりしたり、懇談会の教室の廊下に拡大してはったりすることもできます。

          右の名前は児童の名前をはりつけていきます。残っている児童が未提出です。

          2.廊下掲示(挨拶)待たれている間に、廊下のどこをみるのかどういったことを懇談会で話をしたいのかを書いておけば、極端な話は減ります(子どもと全く関係のない雑談や地域の話など)。
          また、担任一押しのことを書いておくと、その話が話題になりやすいです。一押しされることは子どもが一番伸びたり輝いたりした話題です(運動会のダンスなど)。

          ブログに書いたことを準備されていれば、バッチリです。保護者の方と子どもの伸びの話をわずか10分ですから、無駄にせずがんばってみてください。
          栄養ドリンク・好きなお菓子、自分をたくさん甘やかしてください。
          がんばりましょう! 

          サーモインクを紙に浸してパウチ


          サーモインクは少しだけ(2・3千円)高いので、購入したときにこのようにしておくとかなりつかえます。研修で学びましたので、ご紹介します。
          紙を切って 、短冊形にします。サーモインクにひたします。パウチをしますが、下1cm程度余白があるようにします。(加熱の都合上)

          thermo2

          こうしておけば、水のあたたまりかたを調べるときに試験管にいれれば、加熱が上からでも下からでも真ん中からでも確かめるのは簡単です。また子どもたちにあげて、家で保護者の方と試すように話をすれば、家庭で理科の話題が増えることになります。
          家庭での光景がうかんでいいなぁと思いました。 
           

          ↑このページのトップヘ