通知表つけないとだめだと悩みながら、「ばくぜんとしてはわかるけど、どうつけていいかわからない。」そういうときのお助けの技術
ベテランの方向けと経験の少ない方向け
1.学年主任の先生に聞く。
2.同期の先生に聞く。
3.職場の人に聞く。
4.管理職に聞く。
孤立無援の人・・・ブログを参考にする。

順番は上記がいいと思います。
ベテランの方
ベテランの方で自信がないときは、同期の先生や年下の先生に
「○先生の成績のつけ方どうしてる?私は漠然としてきてるから整理したいから教えて?」と聞きましょう。相手のかたは、「?」となりますが、この疑問は放置するとベテランの先生として言葉で成績処理を説明できないという事態になります。恥はいっときです。意外とみなさん多様かもしれません。

 経験の少ない方

学年会で、「成績どのようにつけていますか?」と聞いてみましょう。高尚な場合は、参考程度に。ただし、学年主任が責任をもってもらえる可能性がもっとも高いですから、他の先生に頼るときは要注意です。
そこで2.同期の先生に聞いてみてください。
「成績どうしてる?(できれば、国語など具体的に聞きます。)」
そこで話が解決すればそっと参考にしてください。
「わからん。困ってる。」と返って来れば情報を流しアイマス。
3.職場の人に聞く。
これは、気をつけてください。「若先生がこんなことを聞いてたよ。」と主任の先生の耳に入ったときに、気を悪くされる方がいます。
口のかたい人(いると信じて)に「主任にお聞きして成績の処理は分かっていて、切羽詰まっていて、何から手をつけていいのかわからないので、先生ならどうしています?」と聞いてみます。
4.管理職の方に聞く。
リスク高いです。3に加えて子どもを担任の先生や主任先生ほどはみることができません。また学年主任の先生が2.3.のように受け取るからです。

そうなると、孤立無縁・・・。或いは、もっと成績の考え方を整理しておきたいかたに
最低限の成績処理を書こうと思います。
 
↓イラストを1日1回 「読んだよ!」のクリックしてください。 更新の励みになります!
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
教師教育ランキングへ
↓1日1回 「読んだよ!」のシュートをしてください。いつもありがとうございます。