以前紹介した記事をもとに繰り返して効果が見られる面白作文を実行しましょう。
データもすべてこの記事にあります。

だいじなことは、ルール作りをさせるなど明確な意思をもつ(これは時間を守らせるためにしたい。言葉遣いを教えたいなど子どもにいっていいと思います。)。
面白く学んで欲しいと伝える。
繰り返して、ルールをこまめに指導する。
自分の行動を直接注意されるわけではなく、ゲーム上のルールとして進むので子どもも理解しやすい。また周囲の子が何より「それは、先生のいうとおり(確かに先生の言う通りにしないと面白くないよ。)の状況が自然にできます。」
誰だって楽しみたいのです。
先生だって、楽しんでいきましょう。

 
↓イラストを1日1回 「読んだよ!」のクリックしてください。 更新の励みになります!
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
教師教育ランキングへ
↓1日1回 「読んだよ!」のシュートをしてください。いつもありがとうございます。