日々、学校と家の往復が中心だとコミュニティがどんどん小さくなります。話すメインも教員ばかりでは、馴れ合う楽しさはありますが自分を磨くには足りないと感じることがあります。

私は、興味のある方へ連絡をして使用許可などを得たり、教材の準備をしたりします。
いい文献や資料は海外にあることもあります。

今回は、そんな小さい自分のコミュニティを乗り越えるため海外へ連絡を広げる方法について書きます。

YOU TUBEの動画の使用許諾を得たときのメールの内容を記します。
文法などは気にせず伝えたものです。こんな間違いでも意味が通じるという安心のために記載します。
もちろん、文章をコピーしておくとそのまま文章を入れ替えて海外の人にお願いをすることができます。
ちなみにお返事が返ってきたとき相手様も文法間違えていました。気持ちよく使用許諾を得ることができました。自分の背丈でがんばるといいですね。

Dear, ○(親愛なる 人の名前)

I am a teacher of elementary school in Japan. (私は、日本の小学校の先生です。)

I watch your movie 'A' in YOU TUBE.

(私はユーチューブで[A]の動画をみました。)

 I think that it would be most useful materials for my students to teach Morality.

(子どもに道徳を教えるために最も役立つと考えています。)

I would like to use 'A' which you developed.

あなたの開発した[A]をつかいたい。

So, I would be deeply appreciative to be permitted to use it.

 

I'm looking forward to your response.

(お返事おまちしています。)

Sincerely yours,

○○(自分の名前)  ( teacher at ○(学校の名前) Elementary School in Japan

and Clinical Psychologist)

1-1-1    A machi, B City, C, Japan, 111-1111

(何丁目・何番地 町 市 都道府県 国名 郵便番号)

 

 
↓イラストを1日1回 「読んだよ!」のクリックしてください。 更新の励みになります!
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
教師教育ランキングへ
↓1日1回 「読んだよ!」のシュートをしてください。いつもありがとうございます。