藍染  空気酸化による染色

藍色は人々に愛されてきた色で、紫に次ぐ色とされてきたときもあるそうです3。

原料はタデアイというインドシナ南部原産ともいわれている。

最近は日本産で高いものが多い。

IMG_4290
 

染液の作り方

1.    藍の乾燥葉100gを水でにる。煮汁はすてる。

2.    水1リットルに先ほどの葉に炭酸ナトリウム10g(灰)、ハイドロサルファイト(亜二チオン酸ナトリウム)20gを加えてかき混ぜながら煮る。表面に紺色のインジゴの膜ができ、内部が黄緑色になれば、煮汁をこして、別の容器にうつす。
IMG_4292
IMG_4292
IMG_4294
 

3.    この操作を3回行う。

 

染色の仕方

上記の染液に、染める布を浸す。50度ぐらいで5−6分程度。染液はあまりかき混ぜない。
IMG_4296
IMG_4297
 IMG_4299

IMG_4302
IMG_4304
IMG_4306


IMG_4308

布を取り出し、軽く絞ったあと、空気中においておく。

色の変化は黄緑色から青そして藍へと変化していく。
 

再び染液に浸す。

これを3−5回繰り返す。

最後に市販の食酢を水で2倍にうすめたものに浸して(アルカリを中和しています。)、水洗いをして乾燥します。

↓イラストを1日1回 「読んだよ!」のクリックしてください。 更新の励みになります!
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
教師教育ランキングへ
↓1日1回 「読んだよ!」のシュートをしてください。いつもありがとうございます。