67歳に引き上げる案が検討されているところだが、近い将来、70歳にまで引き上げられるのは間違いないだろう。再度雇用することである。するとどうなるのかというと、多くの場合、給料が現役時代の半分(https://zuuonline.com/archives/133421より引用)
 
今は公務員の退職金が公債(借金)で支払われています。ということは、減額もしくはなくなることは容易に想像がつきます。
そして、人口減少時代に教員のリストラも必ずあります。
職場と家の往復ではなく、急がなくてもいいけど大切なことを学んで力をつけていきましょう。 
せっかく読んでくださっている人がいるので、バランス良く首にならない力をつけることができるよう書いていきます。
言葉ではっきり授業・学級運営ができること、子どもたちが仕事を創り出せる仕事につけられるよう教員自身が学びましょう。そして資産運用も・・・。
職場と家の往復で一生懸命に働いていたら、老後はのんびりという妄想は終わりました。
 
↓イラストを1日1回 「読んだよ!」のクリックしてください。 更新の励みになります!
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
教師教育ランキングへ
↓1日1回 「読んだよ!」のシュートをしてください。いつもありがとうございます。