遺伝子



前回は遺伝子検査を受けた理由について書きました。(こちらの記事
(その1はこちら
今回は、検査を受ける機関について。
COI STREAM
「革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)」とは、文部科学省と独立行政法人科学技術振興機構が中心となって推進する、イノベーション創出の拠点を整備しようという事業です。
 

文部科学省と独立行政法人科学技術振興機構の「革新的イノベーショ ン創出プログラム(COI STREAM)」において選定されました 「COI-T(トライアル)」のサテライト「ヘルスビッグデータを用いた健康長寿イノベーション」における東京大学医科学研究所と 株式会社 ●ライフサイエンスとの共同研究における研究開発成果を「社会実装」するのが○です。 COI STREAMのコンセプトは、『10年後、どのように「人が変わる」のか、「社会が変わる」のか、 その目指すべき社会像を見据えたビジョン主導型の研究開発プログラム』。既存の概念を打破し、 これまでにない革新的なイノベーションを創出するイノベーションプラットフォームをわが国に整備することを目的とするものです。 

うーん、よくわかりませんね。
東京大学医科学研究所と民間企業が研究開発をしたそうです。
個人のもつ遺伝子情報と論文をあわせて、病気のリスクや予防を予測しようとしていると私は解釈しました(ご自分の理解で判断です)。そして、論文が新しくなると情報が更新される意味合いなのかなぁと思いながら費用を支払いました。
病院には病気になってから行きますよね?
そこで薬漬けになるのは、いつものパターン。
遺伝子的に自分がなりやすい病気がなんとなくわかり、
病気になる前に予防できる行動(食べ物・運動)などがわかれば
病院にかかることが減るかもしれない。
そんな意味を自分なりにもちました。(遺伝子で病気がきまるわけではなく、生活習慣も大きく関わることが多い。)

私はそういう意味と捉えてお金を払いました。
利用される際は、メールなどで問い合わせて自分なりの納得を持つことが大事ですね。たくさん会社はありますから自分で決める。

そして、
自分を知る。
怖いですけど、自分と向き合おうと思った瞬間でした。

 
↓イラストを1日1回 「読んだよ!」のクリックしてください。 更新の励みになります!
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
教師教育ランキングへ
↓1日1回 「読んだよ!」のシュートをしてください。いつもありがとうございます。