読みにくいから、まとめました。
間に合わないときの手順もかいておきます。

ふるさと納税した人は絶対確認。ひょっとして間に合うかも。
書類提出忘れていませんか?
書類に1月10日までにワンストップの申請書に返送くださいとあれば、
電話して待ってもらえるか相談しましょう! 
 間に合わなければ、寄附証明書を再発行してもらいましょう。(もっているなら構いません。)

ワンストップのメリット
ワンストップは、家で完結
ワンストップのデメリット
期限内に送らなければ、確定申告しないと還付されない。

確定申告のメリット
確定申告は 、5年にさかのぼることができる。

確定申告のデメリット
税務署に何度か足を運ばないといけなくなる。 

残念!確定申告になった人のために(こちらの記事
 

年末にふるさと納税をしたり、ポイント申請だけしたりした人お気をつけて! 
ワンストップ滑り込みを狙うなら、すぐに以下をしましょう。
すること
1.ふるさと納税した場所に電話をする。

検索ワードは (ふるさと納税した)市町村名 (スペース) 電話(連絡先)などで。 

私の場合は、都城市に2回寄附いたしました。
この場合も2回申請を提出しないとだめとのこと。
役所のかたに送付が届かないなど、心配な場合はこちらのサイトにある用紙を送付くださいといわれました。
市町村ごとまた個々で申請の仕方は違うと思いますが、まずは電話をして待ってもらえるかご相談をしましょうご参考までに。




残念、ワンストップサービスに間に合わないときは、こちらの記事で対策を!




以下の記事を、今日みる人のために再構成しました。ご参考に

第1弾 ふるさと納税をした人は絶対確認(こちらの記事
第2弾届いたときの処理を公開しました。(こちらの記事
第3弾身内のふるさと納税をどう手伝うか終結編も公開しました(こちらの記事)。
第4弾最後が制度の変更点である、同じところに2箇所申請した場合は方法が変わったそうです。(こちらの記事)。 
↓イラストを1日1回 「読んだよ!」のクリックしてください。 更新の励みになります!
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
教師教育ランキングへ
↓1日1回 「読んだよ!」のシュートをしてください。いつもありがとうございます。