テレビ番組
年末の笑ってはいけないの科学(1月3日)の未公開シーンの実験が
あっ!と驚きました。
実は、過去ブログにありご紹介し直しました(こちらの記事)。
もっと面白いことがあるので、ご家庭向きに紹介し直すことにしました。

何もなくても磁石に変えてしまう方法です。

動画をみても何がおきているかわかりませんが、本当に磁石になるのです。




ご家庭できるように話の流れをご紹介します。
理科のお話としてはは、こちらの記事です。

用意するもの
(百円均一などで)方位磁針
(百円均一などで)質の悪い鉄のスプーン
(あるいは鉄の棒(細く長めがよい))




 地磁気
はじめに普通の鉄の棒を方位磁針に近づけます。
方位磁針に鉄の棒を近づけても変わることはありません。


地磁気2

北を向いて50から60度まで傾けて鉄の棒を20回ほどたたきます。


地磁気
たたいた後に鉄の棒を方位磁針に近づけると針が動きます。

なんと
磁石になりました。
これは地球が大きな磁石なので、
地球の極に向けることで鉄の棒が磁石に変わったというものです。
たたく場所は机でもいいそうですが、扇風機をたたいたときが一番磁石になったようです。


 
また、
軽く磁石になったものは強い衝撃を与えると(ばーんと叩くと)磁石でなくなります。 

↓イラストを1日1回 「読んだよ!」のクリックしてください。 更新の励みになります!
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
教師教育ランキングへ
↓1日1回 「読んだよ!」のシュートをしてください。いつもありがとうございます。