クラスにこんな子はいませんか?
つい手が出てしまったり、暴言が出てしまうような子。
その原因は様々です。これまであまり注意されてきていない子もいれば、
発達障害から、そのような行動を取ってしまう子もいるでしょう。
私もそういった子たちと出会ってきました。



私「B君がA君に叩かれたって言ってるけど?」
A君「 だってあいつが○○って嫌な事言ってきたから。」
私「 なるほどな。それは嫌だね。けれど手を出していいのかな?」
A君「 それはだめ。でもだめってわかってるけど出ちゃうもん」


その子はいけない事をしているとわかっていました。しかし、つい手が出てしまうのです。
どうしたらいいか。私は周りに相談しました。

ある特別支援の先生が
「まずその場を離れさせよう」と言ってくれました。


私「じゃあどうしても我慢できなくなったら、その場をはなれて僕のとこへおいで」
A君「できるかな・・。あっ先生いなかったらどうすればいいん?」
私「支援学級の部屋にいけば○○(特別支援)の先生もいるからね」
A君「うん。やってみる。」
私「失敗してもいいから。少しずつ頑張ろうね」

それからもちろん失敗もありましたが、少しずつ成功体験を増やしていきました。
逃げ出す形にはなりますが、相手の子には後フォローを入れました。
そのときはすかさず褒めて、保護者にも連絡帳で報告しました。あえて、A君の目にする
連絡帳に。


別室を使うことに良し悪しはありますね。この子の場合は学習に対して前向きでした。それを利用して授業を勝手に抜け出し、サボる恐れは少ないのでこの対応にしました。

それから苛立ったときに深呼吸をして落ち着かせることなど、自分で取り組むようになり、
頑張って対応できるようになっていました。自信がつくと落ち着いて行動ができるようになり、
より人間関係がよくなりました。


何より助かったのはこの子が頑張ろうとしてくれたことです。そこに私も救われました。
まだまだ課題はありますが、こういった子たちが楽しく過ごせるように見守っていきたいです。





 
↓イラストを1日1回 「読んだよ!」のクリックしてください。 更新の励みになります!
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
教師教育ランキングへ
↓1日1回 「読んだよ!」のシュートをしてください。いつもありがとうございます。