クラスに不器用な子っていませんか? という私も不器用な方ですが。笑

4年生や5年生では図工で版画などで彫刻刀を扱うことがありますね。
彫刻刀を不器用な子たちが扱うことは冷や冷やします。怪我をするのではないかと・・


そう。小学校現場で働いていると怪我の恐れがある場面がたくさんあります。
体育や図工、理科など。


もちろんこちらも気をつけてはいますが、どうしても起こってしまうことがあります。
そのときの対応はどうしていますか? 


私は、もちろんかすり傷くらいならば驚くことはないですが、消毒や絆創膏を貼ったりと丁寧に対応するようにしています。
少し大きな傷や打撲はできるだけ保健室に連れて行くようにしています。私は医者でも看護師でもありません。素人判断で保健室に連れて行かず、そのまま家に帰すと、お家の人が「どうして保健室に連れて行ってくれなかったんだ」と思いかねません。


保護者にはどこから連絡しましょうか。
まずは首から上の怪我は連絡します。特に顔などは傷が残ってしまうと大変ですしね。
また、捻挫など生活に少し支障をきたす場合も連絡をします。

もちろんですが、病院に連れて行く場合も連絡をします。
勝手に病院に連れて行くと、「そんなことまでしなくていい」と言われる場合もありますので、
注意が必要です。


「まあいっか」が命取りになります。ひょんなことから信頼を失うと、その後の学級経営にも関わるので気をつけたいですね。
 
↓イラストを1日1回 「読んだよ!」のクリックしてください。 更新の励みになります!
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
教師教育ランキングへ
↓1日1回 「読んだよ!」のシュートをしてください。いつもありがとうございます。