IMG_5733


13年分の手帳が私に教えてくれたこと(0)

 1月始まりか4月始まりの手帳のどちらがよいか

4月始まりの手帳をおススメします。


1年の計は元旦にあり
のように、計画をすることは1月から考えてもいいと思います。
しかし、年末・年始の忙しい中でざっくりと目標を立て1月の手帳に書いても、絵に描いた餅になることがあります。
計画は1月そこを助走として
人事が定まる3月から妄想計画から現実的計画に変更して4月に新手帳に切り替えることをおすすめします。

手帳の発売は3月から
インターネットでも雑貨屋さんでも、とにかく素早く買うこと。
2千円前後で手に入ります。
この2千円で1年間の自分を良い方向に向けることができるならば、安いもの。
フランクリンプランナーを使用していた時は1年に3万円近くかかり、悲しくなりました。
1冊が気に入らないなら2冊目を買うこと。
私たちの人生には、手帳2冊分の価格以上の価値があり、手帳を使うことで自分の夢に自分の力で近づけることができるのです。

私の20年近くの手帳歴の中では、2冊同時に使い始め、途中で1冊を脱落させるなどはよくありました。
それほどお気に入りの手帳って難しいものですね。
 
次回はこれまで使っていた手帳ベスト3をあげます。 
↓イラストを1日1回 「読んだよ!」のクリックしてください。 更新の励みになります!
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
教師教育ランキングへ
↓1日1回 「読んだよ!」のシュートをしてください。いつもありがとうございます。