IMG_5765
IMG_5766











13年分(20冊の手帳遍歴)をもとに教員手帳本(情報本+日報+週計画手帳)を作ろう(8) 主任担当教科の年間教科スケジュールをはろう。

ゴールデンウィークには年間の自分が主任となる教科のスケジュールを作成しておきましょう。これもコピーしてノートにはっておきます。
面倒・できない場合は教科書会社の年間計画を重ね貼り・・・という手もあります。
13年の手帳を振り返るとこのあたりにはっています。

準備するもの
1号サイズ(大きさ210✖️297程度)のノート
自分の担当する学年の主任となる教科の年間計画

なぜ13・14ページ目が自分の担当する学年の年間教科スケジュールなのか

IMG_5765


主任としての年間教科スケジュールは、他の先生方の教科を支えるツールとして活用できます。

採用されればすぐ教壇にたつ

この言葉はよく言われます。
でも、そんな程度でびびっていてはいけません。
担当の教科主任になれば、大学での学びも含めて年間の教科に対してサポートできるようにならなければいけません。
備品がどこにあるのか、欠品があれば購入計画を立て購入につなげる。
授業に役立つHPや教材・教具の研究・研修に出かける。
このような視点がないと、名前だけ主任でちっとも力がつきません。
サボりぐせにならないことが大切です。
この計画表をはっておくとどの学年が何を必要としているがわかります。
これをもとに夏休みに必殺技。
各学年のできれば学年主任の先生に

「この教科の中で準備が大変なのはどれですか?」
「この教科の中でお手伝いできることはありませんか?」

ときいてみてください。かわいがってもらえます(笑)。
自分も仕事を楽に覚えれますし、お手伝いしていくと評判はあがります。
次年度の人事などのときに、引っ張ってもらえる可能性もあります。
そして、みんなが助かる!いいことづくしです。
手帳の8月の欄に教科でお手伝いすることがないか聞く
手帳の8月の欄に教科でお手伝いできることがないか各学年の先生に聞く。
書いておくと、ふだん話をしない先生とも親しくなれます。


いずれも10年以上前の資料を写真におさめています。

この手帳本のはじめの1歩が、あなたの人生を良い方向に変えていけると信じています。



注意点
この年間行事予定は10年以上前のもので、個人名等ははいっておりません。
本ブログの内容については、個人での使用は構いませんが、コピーして配布は許可していません。
ぜひブログを紹介していただき、納得した上で個人使用ください。
アイデア等を参考にする場合はご一報ください。 
↓イラストを1日1回 「読んだよ!」のクリックしてください。 更新の励みになります!
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
教師教育ランキングへ
↓1日1回 「読んだよ!」のシュートをしてください。いつもありがとうございます。