経済の専門家?

いません。

手数料売買で儲かる自称経済専門家

複雑な仕組みで人を巻き込み、手数料収入で食べていくビジネスモデルです。


国が定めた仕組み

これだけが一番信頼できます。
もちろんルール変更で損をする可能性はありますが、民間さんよりは信頼できますよね。

結論

国が定めたiDeCoやNISAで仕組みが単純なものを選べ

物事を単純化したほうが株式の世界はカモにされる側には有利です。

国のトラップ

将来、iDeCoを受け取るときに税制が変わり税金を取られる可能性があります。


現在の税制的には、お得。この運用商品でわかるものが対象


(以下はhttp://www.npfa.or.jp/401K/より)
運用商品には、元本確保型商品(定期預金など)や投資信託(国内株式、外国株式、国内債券、外国債券、バランス型など)、保険商品(GIC、積立障害保険など)などがあり、多岐にわたっていますので、金融機関(運営管理機関)から提供される情報をもとによくご検討ください。

大事なことは、人にすすめられたから購入したということだけはだめです。

難しく考えなくてよさそうな確定拠出年金

  1. 定期預金
  2. 投資信託(債券などのリスクの低いもの)・損する可能性あり
  3. 投資信託(バランス型)・損する可能性あり


個人の見解であり、NISA,iDeCoについて推奨するものではありません。
また、金融商品の購入は損をする可能性があるので、おすすめしません。
自己判断でお願いします。






 
↓イラストを1日1回 「読んだよ!」のクリックしてください。 更新の励みになります!
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
教師教育ランキングへ
↓1日1回 「読んだよ!」のシュートをしてください。いつもありがとうございます。