さて今回は志望動機についてです。


教員採用試験での志望動機は2つのポイントがあります。
1. どうして教員になりたいのか
2.どうしてこの自治体なのか

です。

教員の志望動機は結構考えやすいですね。よくあるのが、恩師との触れ合いの経験をもとにして、私も恩師のように◯◯できる教員になりたいと思った。
などの理由です。
経験をもとにすることはいいことですね。


では、どうしてその自治体なのか。
地元であるなら、地元の教育に力を添えたいで十分です。
地元でない場合はどうするのか。
少しでも何か縁がある場合は、それを理由にすることは大切です。

それでも縁もゆかりもない自治体を受けることもあるでしょう。

私の場合はその自治体が出している教育方針をよく読みました。
そこから共感できるポイントを引き出しておくのです。
そして、私は◯◯な教育をしていきたい。教育方針にも◯◯とあるように◯◯県ならば、それが実践でき、◯◯県の教育のために頑張りたいと思った。

この理由をしっかりと述べることで違和感はなくなるはずです。
ポイントは
自分の教育方針と重なるその自治体の教育方針がないか
です。
自治体を受けるにいたり、その自治体の実践なども調べておくことは大切です。

あなたの熱意をしっかりとぶつけてください。







 
↓イラストを1日1回 「読んだよ!」のクリックしてください。 更新の励みになります!
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
教師教育ランキングへ
↓1日1回 「読んだよ!」のシュートをしてください。いつもありがとうございます。