いきなりですが、まとめます。
社会保険料は、私たちの身の回りの人を助けるためにおさめるお金。
いざというときの国へおさめている保険
半額は会社(地方自治体かな?)がもってくれているので、働くとお得。

差し引かれる金額は、わからず取られていると考えるよりも自分のためにどう使われるか考えると気持ちが楽になります。




税金だけが差し引かれている?

教師の給与(表)の見方 収入(もらえるお金)編では、働いて支給されるはずのお金について書きました。(こちら
では、どうして実際にもらえる金額は少なくなるのでしょう。
引かれているお金には2種類あるようです。(金額は遠からず近からずのフェイクです)
社会保険料

社会保険料

共済短期掛金(民間ですと健康保険などが近い)・・・病気・冠婚葬祭のときに給付金のもとにするために引かれるお金

例えば、入院付加金・結婚手当金・出産費・育児休業手当金・介護休業手当金・埋葬料・傷病手当金などなどのもとになるお金として差し引かれます。

共済介護掛金(介護保険が近い)・・・40歳以上になると差し引かれます。介護が必要になったときに介護サービスが受けられるようにするために引かれるお金

共済長期掛金(厚生年金が近い)・・・年金や障害の状態になったときなど
給料およびボーナスの支給額に応じて徴収・育児休業中は免除されることも

正しく共済年金について知りたい場合は、公立学校共済組合のサイトが参考になります。(こちら
雇用保険はない??という感じですね。

上記は、社会保険料として自分や家族などに万一のときのために払う保険料なのですね。
その他にも、一時負担金払戻金なる自己負担額が、 自己負担限度額を超えた場合に、その超えた額が後日、共済組合から払い戻される仕組みがあります。
一定金額を超えた場合、支払った3割の保険料のうちいくらかが返ってくるようです。
民間保険の加入前に既に国の保険に入っていると考えておくと安心ですね。

社会保険料は企業と折半して払います。ですから、実は半額は会社が負担(地方自治体も同じかな)しています。


次回の記事は、差し引かれるお金 税金編です。



↓イラストを1日1回 「読んだよ!」のクリックしてください。 更新の励みになります!
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
教師教育ランキングへ
↓1日1回 「読んだよ!」のシュートをしてください。いつもありがとうございます。