クラスに一人くらいはいませんか?すぐにキレる子。
最近子どもが凶暴化していることが問題視されてきています。

どうしてそんなにキレてしまうのでしょうか。
あらゆる説がありますが、
キレやすい人は色んな感情が怒りにつながりやすかったり、
他人に過度な期待をしていたり、
自己中心的な考えを持ちすぎている

傾向にあるそうです。 


怒りというものは正しい感情なのですが、
上手にお付き合いしていかないと、人間関係が壊れてしまいます。


①怒りを覚えたときは、何かこの仕草や動作をするというものを決めておくと
気持ちを切り替えることができます。ルーティンというやつですね。
・深呼吸をする
・その場をはなれる
・手を強く握る
・耳をさわる

自分なりの動作や仕草でもいいです。
集中を高めるときにも使えますね。

②考え方を変える。
怒りは他人に対して過度な期待をしているから生まれる場合が多いです。
他人は他人。何かしてくれたらありがとう。何かしてくれなくてもそれが当たり前。
そのように考え方を変えていくと、何かあっても「仕方ないな」と気持ちを切り替えることができます。

③ノートに気持ちを書く。
どうしても怒りが収まらない場合はノートに思いの丈を書くとすっきり
する場合があります。

怒りなどの嫌な感情はみなさんの人間関係や時間を奪います
もちろんその感情を持つ事はいいことです。しかし、いつまでもとらわれていると
人間関係が壊れたり、時間がどんどん立ってしまいます。

すぐキレる子に対しても、アドバイスをしてあげたらすぐ使えると思います。
その子も悩んでる場合も多いです。

大人の私たちにも使えるワザですね。








 
↓イラストを1日1回 「読んだよ!」のクリックしてください。 更新の励みになります!
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
教師教育ランキングへ
↓1日1回 「読んだよ!」のシュートをしてください。いつもありがとうございます。