小学校教員華丸先生の連絡帳-投資教育と金融教育重点中-

教員である幸せ しばらくは投資記事に重点

小学校でこの時期することや投資、科学、健康、生活に関係するものをブログに載せています。さらっと見て頭の片隅におくと楽になります。
ブックマーク,ツイッターのRT,リンクは、内容に賛意を示すものではありません。所属の立場とは独立したものです。雑記ブログのため正確性も保証しません。

2017年10月

集中して書かせるコツ

全体指導のときに、

黒板を一面白くする。

これはインパクトがあって人気があります。
チョークを使って黒板を一面白くします。
そして、黒板消しや雑巾を使って字の指導をします。
単調になりがちなときには、使える方法の1つです。

指導の順番

  1. 見本をみずに自分で書かせる。
  2. 筆先をそろえて、筆で手本と同じところに◯、だめなところに✖️で記しをうたせます。
  3. 頑張らないといけないところを赤ペンで書きます。
  4. 気をつけるポイントに留意しながら、見本をみて書きます

書き終われば

作品を2点もってこさせて、子ども達にいいところを探させます(太さ・形)
そして、どちらがいいかを聞いてみます。その際に習字の評価もしておきましょう。
いいところを子ども達に考えさせることで、発表する子ども達や周りの子どもにも習字の字を書くポイントが共有できます。


その他のちょっとしたテクニック

字は縦長のほうがきれい。
新聞に朱書きするときれいに見える。
筆の「おしり」「どすんと」といったわかりやすいいいかた
水書板を使って子ども達と一緒に書くのもいいと思いますよ。

いろいろな方法を使って集中して字が書ける時間を作れるといいですね。

















 

授業の流れ

理科室実験です。
イスを中に入れて実験させます。
実験の確認です。

問題(仮説)
ふれはばによってふりこが1往復する時間がかわるのだろうか

変える条件   ふれはば(15度 30度)
同じにする条件 ふりこの長さ(50cm) おもりの重さ(10g)

ふれはばを変えるとと聞かれているので、変える条件はふれはばです。
他の条件は同じにします。

役割を挙手させて確認します。

・ストップウォッチ
・1往復の数え方
・おもりを離す人
・記録をする人
それぞれに手を挙げさせます。

実験は3回同じでさせます。
15度と30度で
おそらく10往復で14秒あたりになります。

机間指導のポイント

往復が3回とも違う場合や、値が1回だけ違う場合再実験をさせるのがよいでしょう。



おもりの重ね方。

ふりこの長さが変わるので、おもりは同じひもに横につけます。(縦につなぐとふりこの長さが長くなりデータが変わってしまう。)
問題(仮説)
おもりの重さによってふりこが1往復する時間がかわるのだろうか
「変える条件は何ですか?」
「同じにする条件は何ですか?」このぐらいは聞いておきましょう。

変える条件   おもりの重さ(10g 20g)
同じにする条件 ふりこの長さ(50cm) ふれはば(15度)

おもりの重さを変えるとと聞かれているので、変える条件はおもりの重さです。
他の条件は同じにします。
これも10往復で14秒前後になります。

3回同じことを聞くことになりますが、同じく聞きます。
ふりこの長さによってふりこが1往復する時間がかわるのだろうか
「変える条件は何ですか?」
「同じにする条件は何ですか?」このぐらいは聞いておきましょう。

変える条件   ふりこの長さ(50cm 100cm)
同じにする条件 おもりの重さ(10g) ふれはば(15度)

ふりこの長さを変えるとと聞かれているので、変える条件はふりこの長さです。
他の条件は同じにします。

 ふりこの長さは
50cmのときは10往復で14秒前後
100cmのときは10往復で20前後の値となります。

この順番で指導をすると、最後のふりこの長さを100cmと長い方に変えたときだけ、1往復する時間が異なることに気がつきやすいです。
最初のふれはばの実験は緊張でよくわからないまま実験をしています。
 次にくるおもりの重さの実験では、同じなんだと気がつきだします。
ところが最後の長さの実験で、違うことに気がつきます。何回も同じ実験をして飽きだしたころに「はっ!」となるところが、この実験の歓声のポイントです。

ここがうまくいくと楽しい実験になりますよ。

3時間目

平均を求めることと1往復する時間の計算を電卓や手計算で行います。
苦手な子どもには電卓で、そして四捨五入のミスがないかを机間指導で行い
班で値が揃うことを確認します。
その上で、まずは自分で結果からわかったこと(考察)を書かせます。
次に隣同士、次に班で話し合い
最後には、発表すると説明し合う活動が充実します。
技能の評価がしやすい単元ですが、発表や思考もよくみれる授業です。
落ち着いている学級なら理科室でこの時間は過ごして、再実験など試行をさせるのも面白いです。
活動があると騒がしくなる学級であれば、この時間は教室で行うといいですよ! 

授業の流れ

いよいよ実験です。
前回の準備をしておきます。
理科の力をつけること関係がない、子どもがひっかかるポイントはのぞいているので堂々と授業をしましょう。

まずはふりこについて説明をします。

具体的な実験装置を教室に持ち込んで、ここまでを支点・ふりこの長さ・ふれはば・1往復とはを説明します。
電子黒板やタブレットがあれば、NHKの動画を使いましょう。(こちら
ない場合は、言い回しがわからないときは、事前に見て同じ言い回しで説明しましょう。

同じにする条件・変える条件

植物の発芽と成長でつかった、同じにする条件と変える条件に分けて予想させます。

理科が苦手な人はこの言い回しで解決


4月に条件制御の説明ができていない場合は、子どもに最初は説明しましょう。
教え込みです。板書します。

問題(仮説)
ふれはばによってふりこが1往復する時間がかわるのだろうか

変える条件   ふれはば(15度 30度)
同じにする条件 ふりこの長さ(50cm) おもりの重さ(10g)

ふれはばを変えるとと聞かれているので、変える条件はふれはばです。
他の条件は同じにします。
と指導します。

次は、教え込みではなく考えさせます。
問題(仮説)
おもりの重さによってふりこが1往復する時間がかわるのだろうか
「変える条件は何ですか?」
「同じにする条件は何ですか?」このぐらいは聞いておきましょう。

変える条件   おもりの重さ(10g 20g)
同じにする条件 ふりこの長さ(50cm) ふれはば(15度)

おもりの重さを変えるとと聞かれているので、変える条件はおもりの重さです。
他の条件は同じにします。


3回同じことを聞くことになりますが、同じく聞きます。
ふりこの長さによってふりこが1往復する時間がかわるのだろうか
「変える条件は何ですか?」
「同じにする条件は何ですか?」このぐらいは聞いておきましょう。

変える条件   ふりこの長さ(50cm 100cm)
同じにする条件 おもりの重さ(10g) ふれはば(15度)

ふりこの長さを変えるとと聞かれているので、変える条件はふりこの長さです。
他の条件は同じにします。


これで、3回同じ考えを説明しますので、先生も子どもも条件制御はバッチリです。

簡単に実験の説明をしましょう。

事前練習

理科室で説明するのではなくて、落ち着いた教室で事前に練習を指導させます。
・ストップウォッチ
・1往復の数え方
・おもりを離す人
・記録をする人
に役割をわけます。

途中で役割はかえません。

いよいよ実験です。理科室に移動しましょう。
板書は電子黒板に表示するか、あらかじめ拡大用紙で実験手順の理科教科書を用意しておきましょう。
(なくてもかまいません。)



実験装置の準備
実験装置ははじめの実験は組み上げておく方がいいです。しかし、子どもに組み立てさせても構いません。今回は、組み立ての精度による誤差がはいらないほうがいい実験です。
むしろ
思考や結果の整理に時間をかけさせるほうがよい単元です。


準備するもの
・鉄製スタンド
・おもりの中心から支点までの長さが50cm、100cmにネームペンでしるしを入れたたこ糸
・ゼムクリップ
・分度器であらかじめ、ふれはばの15度と30度を紙に測り、実験装置にたこ糸をたらしたところが0度になるように、セロテープではっておきます。
・ストップウォッチ(動くかどうかは必ず確認します。)
・データを記録する紙(準備がたいへんであれば、教科書のデータが書き込めるページを印刷しておきます。)
・電卓(実験の事象に注目をさせるために、手計算はしないほうがよいでしょう。)

次は2・3時間目の流し方です。
理科室では2時間ほど確保しましょう。

ぴったり実験結果が同じとき子どもは感嘆の声をあげます。

「すごい。」「あっ、予想と違うけどこんなにぴったりになるなんて!」
そして、夢中で考察をかきます。
こんな指導をする前準備を教えます。

正確に実験をすると

ふりこの長さが50cmのときは1往復の時間が1.4秒
100cmのときは2秒になります。
重さ・ふれはばを変えても、ふりこの長さが50cmなら1往復の時間は1.4秒
この他の数字であれば、誤差が出ている可能性が大です。
誤差を考察させることも大切です。事前の準備で実験の技能を高める授業になるように指導することが大切です。

ふりこの長さは糸の長さ?

ふりこの長さは、糸からおもりの重心の真ん中までです。
糸の長さを測るときに、おもりの真ん中から支点ではさむ部分までをつかいましょう。

どんな糸をつかうの?

たこ糸がオススメです。刺繍糸だと細くてふりこがふれているときに絡まることもあります。
他は釣り糸です。

事前練習

理科室で説明するのではなくて、落ち着いた教室で事前に練習を指導させます。
・ストップウォッチ
・1往復の数え方
・おもりを離す人
・記録をする人
に役割をわけます。

途中で役割はかえません。
これは測定者が変わると、離すタイミングや止めるタイミングが変わり誤差につながりやすいからです。
外れ値(結果の数字が極端に違うもの)は、無視して3回測るのであれば、2回とみなし2で割るか測定をもう一度するかです。

そして、先生がふりこを手で動かしながら、ストップウォッチのスタート・止めるタイミング、1往復を全員で数えてみる。手を離す放し方(おもりから手を離す。)



実験装置の準備

実験装置は教員で1つの実験は組み上げておきましょう。思考や結果の整理に時間をかけさせるほうがよい単元です。
準備するもの
・鉄製スタンド
・おもりの中心から支点までの長さが50cm、100cmにネームペンでしるしを入れたたこ糸
・ゼムクリップ
・分度器であらかじめ、ふれはばの15度と30度を紙に測り、実験装置にたこ糸をたらしたところが0度になるように、セロテープではっておきます。
・ストップウォッチ(動くかどうかは必ず確認します。)
・データを記録する紙(準備がたいへんであれば、教科書のデータが書き込めるページを印刷しておきます。)
・電卓(実験の事象に注目をさせるために、手計算はしないほうがよいでしょう。)

これで実験の半分は成功したのと同じです。
準備は大変ですが、用意してみましょう。
理科って面白い。先生も子どもも思える授業になりますよ。



学級経営がうまくいくと幸せな日々になります。

採用試験に合格のみなさんをはじめ、いろいろな方とつながって最近幸せな華丸です。
学級経営は、この時期になるとはっきり成果が見えます。
私が教員をしていて幸せだと感じるポイントはカッコでかきます。

例年の私のこの時期の学級経営のしあがり

朝教室に入ると

自然な声で挨拶をして入ります。
(自然な挨拶でさわやかな気持ちになります。散髪した子どもに似合うねと声をかけるなどいい1日を感じます。)
おとなしい子も元気な子も、挨拶をしてきます。
顔を合わすと笑顔が子どもからこぼれます。
(この笑顔がほんとうに幸せを感じます。)
外遊びをする子もいますが、連絡帳を書き静かに過ごしています。
(教室で暴れないので、教室は学びの場というけじめがついていて適度な緊張感にホッとします。)

朝の会議が終わり、教室に戻ると

朝の学習(読書、漢字練習)を黙々としています。漢字練習が終わると読書をして待っています。
(集中して本を読んでいる姿に安心して、1時間目の授業にスムーズにはいれます。)
教室に入ると、日直が間髪入れずに起立の声がかかります。(これは年によって違いますが、すごくいい雰囲気になります。)
たまに声が小さいときは「もう一度、挨拶をしてみよう。」だけで声がかわります。
(冗談をいれながら、指導をします。)
朝のまじめな連絡や話・楽しい話や朝の会を始めます。
(1日の始まりを先生がリードして楽しく過ごす方向にもっていける。これは教員の魅力ですね。)

授業が終わると

休み時間に子どもたちは声をかけあって、全員遊び・女子・男子全員で遊ぶ・興味のある遊びで遊ぶ・班で遊ぶなど、楽しそうに遊びにいきます。
(ひとりで遊んでいたり、悲しそうにしていたりする子どもがほとんどいない。そういう雰囲気な子は目立つので対応しやすい。すぐにうまくいくわけではないですが、数ヶ月かけてじっくり仲間づくりさせることができます。)
宿題を忘れる子は2人前後で、休み時間に行います。(うまくいかないときは7人ぐらい忘れるときもあります。感情的にならない指導が大切です。)
この状態にするのにだいたい今の時期まで指導がかかります。

授業中

事前に用意していた、授業やタブレット、ICTや自前の教材で授業をします。
(ここが腕の見せ所です。)
子どもの学習感想には「華丸先生は、毎日どんな授業があるのか楽しみになる。」これは毎年意見としてでます。
(お金もかかりますが、この感想が出てくると来年ももってほしいという声が聞こえるようになります。)
ただし!
やはり、学習がわかりにくい子もいます。

わかりにくい!といってください。

と子どもには伝えています。私はいくらでも教え方をもっているので、とことん教えるよと伝えています。おかげで、子どもたちはわからない場所もってくる子どもが多いです。
(うまく教えられないこともありますが、そのときは具体物を作ってくるなど作戦を立てて翌日教えます。でも、理解できないときに無理やり教えることはしません。)

給食時間

班で楽しく話をしているときもあれば、静かに食事をするときもあります。給食終了20分前からは、食べることに集中させます。苦手なものは、はじめに減らしています。子どもの様子を細かくみているので、箸の進み具合が遅ければ「残しますか?」と聞いて確認をします。ただし、甘えと食べれないは細かくみていきます。給食終了後に食べている子どもはほぼいません。苦手なものについては、保護者の方と子どもの双方の意見を聞いて、保護者に減らし具合について了承を取っていたり、子どもに同意をとっていたりします。
(食べるのが嫌でかたまっている子どもに声をかけるぐらいで、楽しく会食します。たまに下ネタがでると、笑ってやめようね。と声をかけます。)

帰り

「さようなら」の挨拶の前に、ゲームをします。(これは子どものその年のノリで変わります。)
子どもたちは「さようなら」の挨拶の後に、個別に声をかけてくれることも多いです。
(また、明日もみんなと会いたいなと思う瞬間です。)

実際にこれは体験すると、感動しますよ。
私は、担任をもつと今のところは必ずこういった幸せな瞬間を味わいます。
みなさんの学年も幸せなしあがりになりますように。
指導の方法はブログをご参考に楽しい学級づくりができるといいですね。 






















 

合格後に勉強会に誘われる

うーん、気をつけましょう。

教育は100人が100人好きなようにいえます。
子育てした人はその人なりの自信をもって話をします。
教育の場合は、何も知らずに勉強会で何となく説得力のある言葉を信じてしまいます。

それが、新採で初めて向かう学校で勉強会の通りに行ってしまうと・・・

最初から滑ります!

うまくいくと、勉強会のおかげ
うまくいかないと、勉強会にもっといかなくては・・・。
これって宗教に似ていますよね。
うまくいくと、教祖のおかげ
うまくいかないと、教祖の元で修行しないと・・・。
検定○級の先生のところで学ばないと
付属小学校・私立の小学校の・・・先生のところにいかないと・・・。

あれれ、目の前の子どもはどこに行った?

まずは、子ども理解

 子どもの見立て方が最も大事です。
そのためには、しっかり遊ぶこと

遊びの中に子どもの本音や本質はあらわれます。
ですから、
子どもとの遊びを学ぶこと。
子どもと遊べるだけの体力をしっかりつけること。
これが大事です。

ラポールって

信頼関係形成(ラポール)。
子どもは言語が未発達です。ですから、饒舌にみえても言いたいことが言えていないことはよくあります。そんなとき、そばでいっぱい遊んでくれる先生がいれば一気に先生のことを好きになります。
この好きになってくれた気持ちに対して
「ありがとう。」「楽しいね。」こういった優しい言葉をかける。
そこができてくると、子どもは先生の味方になってきます。

またできましたね。自分応援団の団員(この数日のブログを参考に)
子ども応援団になってもらえると
保護者にその評判がいきます。
兄弟学年に評判がいきます。
少しだけ管理職に伝わります。
そうすると、多少の失敗も許されるやさしい世界に変わります。

見るのは、勉強会・何とか理論の大先生ではありません。
子どもです。
信頼形成のヒント・子どもの見立てをした上での学校の仕事の段取り・プロアクティブはこのブログに あります。
うすーい、インターネットの人間関係ですから読みたいときに読んで身につけて行くといいでしょう。
ベテラン教員の力量と臨床心理士の視点の双方が学べます。
頑張りましょう。 

仕事仲間との距離の取り方

教育委員会の方

研修などを担っていただけます。ベテランの先生です。

奇跡の言葉

「先生の一押しの指導実践や資料はありませんか?」
力があるなら、いただけます。
いつまでも、もらえないなら・・・、その方には期待をしないでおきましょう。

学年主任

学年を代表される先生になります。
まずは、この先生の言う通りに動きます。
できれば、飲みに行くなどの付き合いもしておくといいでしょう。
奇跡の言葉
「(学年主任の先生の担任されている子どもを指して)この子はどういった子どもなのですか?」
あとは武勇伝をききましょう。
その先生の全力の子どもの見立て方がわかります。
たまに、自分の考えとあわない人がいます。
「私は、子どもをヒトラーのように子どもを思いのまま教えたい。」
これは、実際に数人言われた方がいます。
私は「子どもの心を臨床心理学・教育学などの専門を活かして汲み取りながら、成長を支援する。」タイプなので考えがあいません。
日常的に付き合うにはいい人である場合も多いです。私は距離をとってしまいます。

同期の人

うーん、訳が分かっていない人の集合体です。
しんどい思いは共感できます。
よその学校のことがわかり、ずいぶん違うんだなと気がつきます。

奇跡の言葉

「すごいね!」「さすがだなぁ。」「いいね。」
あとは、自分のグチをいう。

気持ちよく、でも意見はスルーしながら付き合うのがベストです。

初めての仕事になるとどうしても、いえないグチがつのります。
外部の人なので、職場の方にグチをいうよりは伝わりが悪いのでいいやすい。
あまりあてにはしないこと。

教育の現場はすべからく、癖が強い人が多いです。
変なところで足を引っ張られないように、奇跡の言葉をつかって難を逃れて下さいね。

明日は、合格後に勉強会に参加したほうがいいか?です。 

内定前研修にいくかどうか

教員の離職率は1年目に高い!

採用試験に合格して、4月から怒涛の仕事が始まります。
目の前の子どもを残して、新任研修に出向くときなどは気が気ではありません。
4月に入るまでに何か対策を立てておくとよいでしょう。

内定前研修のメリット・デメリット

メリット

教育委員会の人と顔見知りになる。
教育委員会の人の企画の場合が多いので、若手担当になる指導主事の方と早めに顔をあわせることができます。お会いしたときに相談してもたいした答えはでません!
それは、指導主事の人の問題ではなくて、現場感がないと質問が上滑りするからです。
では、何のメリットがあるのか。
ソーシャル・サポートになる可能性があります。
誰でも新任の人に親切にしようと思っています。
でも、関わり方が悪いと嫌な目にあうことも・・・。
新任研修のときに担当の指導主事の先生と会うだけでもホッとする可能性があります。
これは、前日の記事のソーシャルサポートという自分応援団の一員になってもらえるということです。

デメリット

交通費・手当がでません。仕事として働くのですから、給与がでないと仕事を休んで(大学を休んで)まで出向く意味があるのかどうかと考えてしまいます。
しかも遠方の採用の場合、旅費に宿泊費で相当かかる可能性があります。
指導主事の先生も採用前の人に全力を傾けるほどの余力はないので、
「出向いたのはいいけれども、お話しただけかぁ・・・。なんだか採用後心配。
となる可能性はあります。


無駄になると分かりながらも、出向く!
新任として採用されたあなたの知識はゼロパーセント。それを0.4から5パーセントぐらいまで引き上げてくれる可能性があります。積み上げて行くと、役にたつ。
「何を聞いていいか分からない。」状態で4月を迎えるのは危険。

意識高い系で新任で交流しすぎると、ベテランの正しい意見が違うと思う反発で損をする可能性もあります。仲間意識とお仕事をわけていけると伸びますよ。

明日の記事は、
仕事仲間との距離の取り方です。

 

合格してから、4月に赴任する間までにしておくこと

自分応援団のつくりかた


友達と遊ぶ!
しっかり遊んで休む。
家族と団欒する。
いろんな人とのつながりをかたくつないでおきましょう。
ソーシャルサポートといって、自分が悩んだときに相談できる応援団を今のうちにかためておきましょう。私もうすーい応援団の一員になります。

字を習いに行く

通信講座でも大丈夫です。
字の形を整えておくことと、
この投資は最も安くて得といえます。


内定先が決まるのは3月の末

一般的にベテランの教員の人事配置が決まってから、新任教員・講師の人事になります。
ですから、ギリギリになります。のんびりすごしてしまうと、4月からはあまりの忙しさに目を回します。しばらく、合格後にしておくといいことを書いていきますので、できることをしてみましょう。
合格おめでとうございます!

明日は、内定前研修にいくべきかどうかです。






 

仕事に行きたくない

日曜日の午後になると、明日のことを思い浮かべて仕事に行きたくないと思う。
これは誰でもあるのですが、人によって思いが違います。
気持ちを計測してみましょう(スケーリングしてみましょう)。0が仕事に行きたい10が本気で行きたくないとします。

(仕事に行きたい・ちょっと嫌だ程度)0−4の人

自然な反応です。
お風呂に入って早めに就寝
家族と話をする。
ペットと触れ合う
ほんわかしていきましょう。

(結構、辛い人)5−8の人。

上記に加えて、ホットミルクなどを飲む。
深呼吸をする。
夜更かしするなら、思い切って観たいテレビをとことん観る。
研究授業の準備などを夜更かしして仕上げて仕事に向かう。

(辛い、本当は仕事をやめたい)9−10

上記に加えて
漢方など体質に合うものを常備しておく。
私は3種類ほどおいていますが、私に効果があるのは胃腸薬の1種類のようです。
呼吸法をおこなう(3秒吸って、7秒かけてゆっくり吐くを3分程度)。

時間をかけるなら
マインドフルネスをためす。(簡単な場合は、呼吸に意識を向けて、目を閉じて、座って2分過ごす。他の考えやしないといけないことが浮かんだとしても、その考えを深追いせずに呼吸に集中を戻す。)
カウンセリングの電話番号を調べておく(学校共済組合に無料相談がある場合もありますし、24時間受付もあります。)
友達に電話をする(迷惑がられるかもしれませんが・・・)
明日しておくことをリストにしておく。

もうやめたい!(10を超えてる・・・)あえて遅刻・休む

 気持ちがふさぐなら、気にせず休みましょう。子どもにも悪影響があります。管理職には嫌味は言われますが、あえて遅れる・休むことも方法として身につけましょう。これはズル休みではなく、気持ちが辛すぎるときに、それ以上心を壊さないための予防策です。
週末までに休んでも大丈夫なようにプリントを刷っておくのがベストです。

遅刻・休む方法

午前7時30分から8時までに職場に電話する。
「体調がすぐれないので、2時間時間休をとります。」これだけでおっけーです。
嫌味を言われても気にしてはいけません。心身不調で勤務地にむかうと事故や職場での立ち振る舞いなどあなたの身が心配です。

自習内容はメールかファックスで伝える方法もあります。
「申し訳有りませんが、変更はしていただいてもいいのですが、以下のようにお願いできればと思います。」と伝えます。
朝の1時間目からの予定を伝えましょう。

・1時間目 漢字ドリル3ページ
・2時間目 算数ドリル3ページ
・3時間目 国語の音読と試写
・4時間目 かかり活動・学級活動
・5時間目 社会をノートにまとめる(習っている範囲)
・6時間目 理科をノートにまとめる(習っている範囲)
プリントを事前に刷っておくとこういった自習のときに助かりますよ。
あとのバリエーションとして、図書の時間にする・書き方の授業をいれる。
これで大丈夫です。保護者に文句を言われたとしても、ご自身の心身をまず第一にしてください。

子どもを前にする仕事です。気持ちが整わず、いじめを見逃す・子どもを脅かす・叫んで信頼関係を悪化させるより、思い切り気持ちが整うように休む。
そこでカウンセラーの電話番号を調べる・自分の身の回りの人に辛さを聞いてもらうなど、自分を支えてもらえる人とそうでない人を選り分けていきます。本ブログをざっと読み通すのもひとつです。

子どもの前で、ベストの状態で挑んで事態が好転しますように。

小学校の先生なのに英語って困る

毎週の英語学習に頭が悩まされることがあります。
フォニックスは、有用なので、DVDなどで購入するのはいい方法です。
でも、毎回授業を考えるのがしんどいなぁ。
そんなときは、クイズ・プレイを動画に任せましょう。
またしても、英語コンテンツ(こちら
学校にタブレットがあればさらにいいですが、なくても表示をしながら一緒に進めていきましょう。
ゲームのポイントや英語の授業の展開の勉強になりますよ。


英語からプログラミングと凄まじく教えることが増えてきました。
無理に準備をするのではなく、やりやすいことから取り組んで、できそうな余力のあるときに教材研究に時間をかけてみましょう。 

運って何?

宿命、運命、運
いじることができる(変えることができる)こととできないことを知ることは大切です。

宿命

人がもって生まれたさだめ
個人が変えようと思って変えられない運命です。
どの親のもとに産まれるか、生まれた国

運命

巡り合わせや将来

ここは、変えることができます。
大人ですから、苦手な人に近寄らない。
心地よい人のところによる。
これは、精神を安定させます。

新しく技術や大学で学ぶ
必ず運命を変えます。

くじ運などは分かりませんが、運良く人が幸せやタイミングよく何か人が助けてくれる。
これは、できる可能性があります。
爽やかに挨拶をする。
廊下に落ちているごみを先生が自ら拾う。

これは人生が変わりそうですね。

私は、ブログやツィッター(こちら)、インスタグラム(こちら)で新たな出会いやすごく惹かれる人たちとつながりができてきたことで、楽しみが増えました。
できるだけ簡単なことをして、いつもと少し違うことをしてみるって大切ですね。 

同じ先生に教えてもらうとあきる・・・

教え方がうまいか下手ではなく、いつも同じ先生だと実は子どもが飽きていることがあります。
毎日特上寿司を食べたい訳ではありません。
そんなときに、授業の復習に使える動画があります。


刑事物で算数が学べる

わずか10分の動画です。休み時間でもいいですし、給食の時間や授業の開始直後の復習につかえます。
さんすう刑事ゼロ(こちら
考え方を重視しているコンテンツです。
動画を見せている間に、算数プリントの丸つけをしてやり直しをさせるなどもできますよ。
ご家庭でも観ている子どもが増えてきました。
私は別の視点でみてしまいます。
大人が一生懸命子ども向けに演じている姿を見て役者さんってすごいなぁ・・・と思います(笑)。

子どもの好みの方法を探りながら、一番いいタイミングで一番いい教え方ができるといいですね。






 

うまくいっていないとき

言われたくない言葉を子どもから言われて苦しんでいる先生に思いを馳せました。
対処をすることと自分の気持ちを守ることを分けてみましょう。

自分の心を守るために

嫌だとそう感じることができれば、何か簡単で気分が変わりそうな違うことをする。


私の場合

忙しいを言い訳にして、ストレッチも筋トレも休んでいました。
私にとって何か違うことをする
日頃していないダンベルで運動をする。

そこで2kgのダンベルでダンベル体操をしてみました。 
こちらのサイトをご参考に(ダンベル体操
たった10分しかしていません。
2日目ですが、たった2kgで 筋肉痛。
運動不足なんだなぁと視点が違う方向に動きました。

朝に公園散歩して、筋トレ(ダンベル体操)を少しする。
なんだか健康的な方向に向かいそうです。
 
嫌なことに気持ちを取られる割合を下げて、楽しいと思える割合を増やそう。

少しずつ少しずつ無理をしないように 

家と職場の往復繰り返し

悪循環を断つ簡単なことは、「少し違うこと」をすることです。
30分早めに職場にむかう。
家と職場の往復の合間に、近くの公園でゆっくりテイクアウトの朝食をとってみる。
気分が変わります。

できるだけ、木が多いところで散歩してから帰る。
北欧では、森林浴としてリラックス効果が示されています。

私は、公園でマインドフルネスと呼吸法をしています。


帰り道に映画に行く。
自分は外食して家族にはお惣菜で持ち帰る。
家族に悪いという罪悪感を持たずに、たまにはサボりますと笑って言える関係にしていきましょう。

いつもと違うことをして自分の状況をできるところから変えていくことってやれば簡単なことですが、
しない人多いですよね!がんばっていきましょう。







 

ブログアクセスを見ると、土日のアクセスが少なくなる傾向があります。
「休日は考えないでおこう。」
この3連休はしっかり考えたほうがいいと思います。
2学期が開始して子どもたちも慣れてしまっています。
慣れるというよりはだれるといったほうが正しい場合があります。
この3連休については、対策を立てないと順調に荒れていきます。

けがや電話対応が増えていませんか?


教員の感度が低く暮らしていくと、増えたかどうかにも気がつきません。
けがや電話対応はこの時期にでてきやすいもので、原因は教員だけのせいではありません。
厳しい言葉で子ども達を引き締める前に、優しい言葉で1学期のルールを確認しましょう。

こんな言葉がけをするといいですよ


意見があるときは手を挙げて発言しよう。
待っているときは、本を読みましょう。
宿題を忘れたときは、黒板に名札をはって休み時間に取り組みましょう。
当たり前のことですが、子ども達にもう一度伝えます。
私なら掲示物として作成し、黒板にはります。
視覚支援になります。

私(教師)は流行りものが大好きで流される

えっと・・・、私のことです。
アクティブラーニング・・・。何だかんだと新しい概念のように説明されます。
アクティブラーニングは使うなと言われたり、主体的・対話的で深い学びと言われたり・・・。
普段の授業の中で取り入れられていることと言われる・・・。

うーん、正解は子どもにとって一番食いつきがよく「取り組んでみたい」と思う課題の設定や解決あでの道筋に寄り添うことかなぁと思います。

難しく言えば、子どもの関心を高めて主体的に取り組み、学習活動の中で対話的・深い学びにつながる学習交流をファシリテートするのが教員のつとめ!かっこいい(笑)。

読書活動は?

子どもが作者との作品の触れ合いをもつ中(読書する中)で、自然と対話的(私は共感できる・できない。どうして?なるほど)に読み進めるときってあります。
十五少年漂流記なんて子どもにとって、没入しやすいなぁと思います。
そうすると過去の偉人とも本を通じて意思疎通(コミュニケーション)しているようなものですね。と伝えることがあります。「本は友だち」と同じですね。

教員の意図によって、子どもが主体的に取り組める場面をつくりだせることもありますが、普段何気なく行なっている読書の中にも十分に子どもの深い学びへと誘う場面ってあるなぁと思います。

流行り言葉がいくらでてきても、結局子どもがどう受け止めるか・子どもにとってどういった成長が期待できるかを意識する「子どもファースト」な考えはいりますねぇ。

読書週間だけではなく、読書活動を積極的にすすめたいものです!













 

作品展の指導で手いっぱいのところ・・・、こうすれば活かせる


上記のページ(こちら)には、題材の選び方と簡単な描き方を書きました。
9月の記事ですから、今からみると1ヶ月遅れになりますがそれでも役に立ちますよ。


さらに題材についてかいています。(こちら


以下は、所見書きにいかせます


図画工作 作品展で2度おいしくなる方法(前半)

図画工作で所見を書くことはなかなか難しい点もありますので、こちらの記事を参考にされると所見のしあがりをイメージしながら子どもをみることができますよ。


作品が完成すれば他の学年の作品を鑑賞する時間も鑑賞の評価として活かすことができますね。
こちらの記事では、鑑賞ワークシートもついています。
ぜひご活用ください。

少し忙しい時期ですが、こうした見通しをもって臨むととっても楽にすすみますよ。











 

所見はホットな間に書きましょう。

運動会もそろそろ、終わったという学校も増えてきました。
運動会は、先生も子どもも全力で取り組んだ大切な行事です。
ちょっと面倒だけど、ホットな気持ちの間に所見も完成させましょう。

表現運動(ダンス)

ダンスは、集団で指導しています。
運動会が終われば、
何人かずつでテストをすると評価しやすいです。
子どもは1学期のダンスでも覚えていると思います。
でも、終わって1−2週間の間にテストをすると、先生もその子どもの頑張りを思い出しながら評価することもできます。


子どもの本音

子どもは運動会・ダンスをどう思っていたのでしょう。
子どもの本音こそ本当の評価です。

簡単に知る方法は、作文を書かせることかもしれません。
所見作りに生かそうと考えるなら、
紙に次の観点を書かせるといいでしょう。
「運動会はどうでしたか?」
「表現運動でがんばったことなどを書こう。」
「教え方についてどうでしたか?」
これを聞いて、所見の具体例を膨らませることにつかいましょう。

指導に熱が入って、強く押していたり体の部位を触っていたりすることもあります。
今後の反省として気をつけていくと、指導力の向上につなげることができますよ。

楽しい運動会、次年度はもっと上手に教えられるようになるといいですね。







 

↑このページのトップヘ