小学校教員華丸先生の連絡帳-投資教育と金融教育重点中-

教員である幸せ しばらくは投資記事に重点

小学校でこの時期することや投資、科学、健康、生活に関係するものをブログに載せています。さらっと見て頭の片隅におくと楽になります。
ブックマーク,ツイッターのRT,リンクは、内容に賛意を示すものではありません。所属の立場とは独立したものです。雑記ブログのため正確性も保証しません。

2017年11月

参観の前・研究授業の前ねれないですよね。

睡眠にも借金があります。最近は睡眠負債といわれていますね。
この借金がたまると、情緒不安・パフォーマンス低下、身体症状の悪化を引き起こす。
寝つきがいいー睡眠が足りないから寝つきがいい可能性もある。
よく寝ると 喜びがふえて、不安が減る。
不眠は衝動性を高める。自殺の実行などのリスクを高める。


栄養剤を飲むよりも、薬を服薬するよりも疲労軽減・精神的疲労回復に役立つのが睡眠。
しかも

無料

うまく使わない手はないですね。

眠れないことを諦めたときに日中にできること!



睡眠負債をなくすためのクレバー・ナップ(パワーナップ)


休み時間に、
はじめに 
カフェイン(コーヒーなど)を摂取して
仮眠をとる(15分程度)

これはどこにでも書いていますが、実際に取り組むことが大切です。

実行できない人への後押しです。
極端にいえば

教室で突っ伏すのもひとつの方法かもしれません。
45分の休憩をせめて15分とりましょう。
休憩とは何もしないでいい時間です。(子どもと話をするは休憩ではありません。)
教員の寿命は七五三といわれています。63・65・67までになくなる人多いです。
日中の短い睡眠で健康寿命を延ばしましょう。
見栄えを気にして寿命を縮めませんように。

 








 

華丸先生!研修講師お願いします

研修を頼まれることがあります。
過去は研究発表が多かったのですが、最近は研修講師が・・・。
1年前からお願いされていたことなので、引き受けることにしました。

3日間分の食料を

若い先生は、もう日々の授業に困っている様子。無人島で3日間の食料を与えるのが私の今回の役目になりそうです。とても高度な話は理解できそうにない・・・。

若い先生にリサーチをしてみると、すぐにでも役立つものが欲しいという意見ばかり。
そこで、いくつかはすぐに役立つテクニックを取り入れて。
理論は、national training centerの学習定着率の資料と臨床心理学の知見を組み合わせて。
体験活動や能動的に子どもたちが活動や授業に参加している様子のビデオ(顔なし)、
夢中で結果を書き出す様子。

プロトコル(手順)。
臨床心理学的におさえておきたい理科の授業を流すうえでのコツ
このあたりかなぁ。
あとは、文部科学省の学力状況調査の問題点で指摘されたものを理科の知識がない人にもわかる資料にする。

夢中で結果をかき出す授業

タブレットを使って、自分たちでどう実験記録をビデオでおさえればいいかを考えさせます。
実験は同じ手順を3回繰り返すように構成します。
流れる水のはたらきなら、簡単に予想を立てさせて、まずは実験結果をビデオでおさえさせます。
次に、その実験結果を話し合いながら、さらにわかりやすく人に伝えるためにどのように撮影すればいいかを話し合わせます。そしてもう一度撮影(ここまでで実験の1時間)
この時点で休み時間もタブレットを何度か見直しながら、ノートに記録をまとめていく子どもがたくさん出現します。「遊びに行けばいっておいで」と声をかけてもまだ続けます。
2時間目には、1時間目にとったビデオの結果をもとに考察を考えさせます。
その後に、「流れる水の量をふやすとどうなるのだろうか」という実験で、同様の予想を立てさせます。このころには、予想も前回の経験をもとに詳しい予想と根拠がいえるようになります。
そして、また結果が伝わりやすい方法について話し合いをさせてから実験にうつります。
もう遊ぶ子どもなんて一切いません。
実験操作を行いながら、必死に「こうすればいい?」「外側をアップでとろう」「写真で大量におさえて後から情報を整理しよう。」など研究者さながらの手さばきで実験を行うようになります。
授業の終了後
「おもしろかったぁ。」
これ、聞けると感動しますよ。
このあたりを伝えられるといいなぁと思います。
データ共有を子どもたちで始めると、さらに他の班の実験結果から考察をまとめだす!
盛り上がりが冷めやりません。

その他 3回実験を繰り返すことができる実験


たとえば、ふりこなら、「ふりこの長さ」「おもりの重さ」「ふれはば」の条件で3回同じ手順の実験をこなします。
平均の出し方や往復の時間などの計測方法も1回ごとに考えさせるとどんどん熟達していきます。
どの班もまったく同じ数字になったときに、子どもたちから歓声がわきます。
「すげぇー」
この声は、子どもたちがゲームで大盛り上がりしたときに聞く声の感じです。
「また、この実験やってみたい」 
とまで言い出す授業。


研修でどう伝えればいいんだろうって悩みます。 
論より証拠
見に来ればいいのに(笑)。

研修資料も完成。今年のお仕事も少しずつ終わりに近づいています。





成績を仮付けって?
成績って全ての資料が揃わないと始められないイメージがあります。
効率よく取り組むコツは、
できるところを少しずつ取り組む(^^)
これが大事です。出揃った成績でとりあえず成績をつけるならと考えてつけることも1つの方法です。
仮付けしてもう一度つけるのは、二度手間?
メリットは
懇談会のイメージ
この二学期までにこの子にどういったことを指導しようかな?など考える元にもなります。
ノートの評価など、手間のかかることを先取りできて後が楽になります。
細やかにみれます。

最低限
係活動、委員会などかけるものを通知表に書いて行くと楽になります。

できることを少しずつ取り組み、細やかに子どもを見ていきましょう


理科のよくある勘違い

実験の操作を子ども達がスムーズにできて、計算(たとえばふりこの平均)が全員できた!
これでテストは万全だ!
これは私たち理科の教育でよくある思い込みです。


テストになると残念な結果に

実際は、テストになると「あれ?」
ってなることありませんか?
理科の研究仲間には言ってはいけない気になりますが、本音でいうと
「なんでだろう?」って思います。

理科的な表現が読み取れていない

言葉で実験事象を説明できない、実験事象の説明が読み取れていない。

小学校でも十分に理科の問題を解かせましょう。

国語・算数は毎日宿題があるのに、理科の宿題は極端に少ない。
国語・算数も授業だけ受けて問題がとけるようになりません。
でも、プリントをするのもしんどいし

パソコンの授業も兼ねて一人ずつ自分の進度で学べるインターネットサイトがあります。

私がすきなサイトでもあるはなまる理科学習サイト(こちら
解き進めの方法にはクセがあり好みが分かれるかもしれませんが、
Flashやカラー図版で子ども達の理解が進みやすい問題と正解がすぐにわかり、復習して100点が取れるまで繰り返される仕組みですから、おすすめです。
随分古くから運営されているサイトですが、私は未だにフル活用です。
ぜひお試しください。










 

研究授業前にすること

楽になる方法は、プレ授業をすることです。
プレ授業とは研究授業の前に他のクラスを借りて授業をすることです。
授業の流れや主発問を洗練させることができます。
作り物が不完全であった場合も、プレ授業のあとに作ることができます。
私は、プレ授業の逐語録(教員と子どもの発言を記録)を作り、主発問と補助発問を整理していきます。
自分の発言のクセなどがつかみやすくなります。
自分の授業風景のビデオを観る方法もありますが、言葉でしっかり子どもに指示をするためには逐語録がよいと思います。自分の話のクセもみえます。

研究授業でのトラブルの解決について

研究授業中にトラブルが起きたときの対処法についてです。
発言がでない・・・。
これはプレ授業で検討しておくことですが、突然発言がでない場合は

・「発言がでないこともあるよ。例えば隣のクラスでは・・・という意見もでていたよ」
というヒントを投げる方法もあります。

・話し合いにもっていけない場合
まずは「隣同士で話をしてみよう。」
「班で意見を話し合いましょう。」
事前にヒントカードを用意し、案を伝えます。

・何も書けない子どもがいる場合
これも「ヒントカード」や具体物(カードやブロックなど)を用意しておき、さりげなく渡す。
「考えをくわしく説明できるように、ブロックをつかいたい人は使おう。」とヒントを使うことが恥ずかしくないように声かけをしてかかせる。

・まとめにもっていけない場合
子ども達の意見から、想定しているまとめに近いことでまとめる。
無理やり指導案に合わせるのはよくないと思います。
そして、まとめとして不完全の場合は、
「まとめとして足りない部分があるんだけど、どうするといいかな。」「このあたり(まとめとしてほしい部分や内容の部分)をまとめると今のまとめがさらによくなる気がするんだ。」などと付け加えて反応を待つ。それでも難しい場合は、「次回復習をかねて考えてみようね。」と声をかける。


今日は楽しい遠足なのに、子どもがこない(電話連絡がない)

まずすべきこと

外にでる行事の日は早めに出勤しましょう。時間はゆとりにつながります。
まずは、電話連絡してつながるかを確認します。繋がらない場合は、学年主任と管理職に報告をします。
「子どもが来ません。電話をしてもつながりません。」
時間があるなら
「自宅にいって確認をしてきてもよろしいでしょうか。」
時間がなければ
「申し訳ありませんが、家庭訪問など連絡をとってもらってもいいでしょうか?」

・・・がないから遠足にいけない。

この場合は、教員が用意することを申し出てみるのもひとつです。
お弁当がありません。
アレルギーを確認しながら、お弁当を近くの店で買ってくる。

おやつがありません。
日頃食べていて問題がないものを保護者などに聞いてわける。

おはしがありません。おしぼりがありません。
事前に、教員が持っていきあげるといいでしょう。おしぼりは使い捨てのものでいいと思います。

レジャーシートがありません。
近くの人に少し場所をわけてもらいましょう。

家庭訪問をする場合は、出発の時間を念頭に送れないように対処しましょう。
いつでもすぐに助けてくれる先生というイメージを日頃からつけましょう。
そのためには、子どもの悩みや困りごとを日常細かく聞いて、解決をしていく頼りになる先生という印象をつけておくとよいでしょう。












 

研究授業前にすること

楽になる方法は、プレ授業をすることです。
プレ授業とは研究授業の前に他のクラスを借りて授業をすることです。
授業の流れや主発問を洗練させることができます。
作り物が不完全であった場合も、プレ授業のあとに作ることができます。
私は、プレ授業の逐語録(教員と子どもの発言を記録)を作り、主発問と補助発問を整理していきます。
自分の発言のクセなどがつかみやすくなります。
自分の授業風景のビデオを観る方法もありますが、言葉でしっかり子どもに指示をするためには逐語録がよいと思います。自分の話のクセもみえます。

研究授業でのトラブルの解決について

研究授業中にトラブルが起きたときの対処法についてです。
発言がでない・・・。
これはプレ授業で検討しておくことですが、突然発言がでない場合は

・「発言がでないこともあるよ。例えば隣のクラスでは・・・という意見もでていたよ」
というヒントを投げる方法もあります。

・話し合いにもっていけない場合
まずは「隣同士で話をしてみよう。」
「班で意見を話し合いましょう。」
事前にヒントカードを用意し、案を伝えます。

・何も書けない子どもがいる場合
これも「ヒントカード」や具体物(カードやブロックなど)を用意しておき、さりげなく渡す。
「考えをくわしく説明できるように、ブロックをつかいたい人は使おう。」とヒントを使うことが恥ずかしくないように声かけをしてかかせる。

・まとめにもっていけない場合
子ども達の意見から、想定しているまとめに近いことでまとめる。
無理やり指導案に合わせるのはよくないと思います。
そして、まとめとして不完全の場合は、
「まとめとして足りない部分があるんだけど、どうするといいかな。」「このあたり(まとめとしてほしい部分や内容の部分)をまとめると今のまとめがさらによくなる気がするんだ。」などと付け加えて反応を待つ。それでも難しい場合は、「次回復習をかねて考えてみようね。」と声をかける。


研究授業ってこわい

 いくつになっても、手間はかかるし反応がこわいものですね。
実践的・挑戦的な授業をするときはある程度覚悟を決めますが、通常の研究授業で心の準備ができていないと辛い思いをするときがあります。
ですから、準備と授業そしてふりかえりについてざっくり考えをかきます。

指導案の作り方

同じ市内の指導案を探し書きぶりを参考にしましょう。同じ単元の場合は、大いに参考になります。
よくわからない場合は、指導する単元の部分と同じ指導案をインターネットで探すといいでしょう。
書き振りはその市町村の形式で書きます。
書いている途中であっても仕上がりが遅いと思う場合は、途中の部分を学年主任の先生のみてもらうといいでしょう。そして、「書けなくて困っています。」と声をかけておくと、その途中の書き方について助言がもらえる可能性が高いです。
少なくともその学年主任の先生の助言を参考に書けば、研究授業の討議会では学年主任の先生は助けてくれることでしょう。
自分の意見を取り入れているのに、それを否定するのは普通はできないものです。

指導案検討会までに根回しを

校内の研究教科に詳しい先生に事前にみてもらう。学年主任にみてもらう。
おすすめはしませんが、
離れワザとして、指導講評して頂く指導主事・管理職に事前にみて指導を受ける。
(指導講師によって発言が変わることがふせげます。)
しかし、これは答えを聞いてから問題を作るような雰囲気になります。
子ども視点がどうしても薄れていきますので注意が必要です。

指導案検討会では

 先生ごとの性格を思い出しながらお聞きするといいと思います。批判があてはまるときもあれば、検討違いのときもかなりあります。発言をされた先生の日頃の教育実践などを思い浮かべて納得なら取り入れてみるのもいいと思います。基本的に時間延長するような指導案検討会は、周りの先生に問題があります。問題外の指導案だとしても時間内に終えるけじめがない雰囲気は、長時間粘れる先生・声の大きい先生の意見が通りやすい可能性があります。
長文ではなく、1−2行ごとに句読点はあるほうがよいでしょう。

次回は、
研究授業前にすること
研究授業でのトラブルの解決
研究授業の討議会
です。























 

華丸先生の多忙な週とその乗り越え方

忙しいのは、誰でも一緒。と言われても、泣き言は出てしまいます。まずは、すべきことを書きぬきます。方向とどこまでするのかリミットセッティングすることが大切。フェイクもありますが、忙しいときの雰囲気とこなしかたをご参考に。

これからこなすこと
  1. 研究授業
  2. 研修講師
  3. 研修を受ける
  4. 作品展の仕上げと飾り付け
  5. 会社との打ち合わせ
  6. 社会見学
  7. オリエンテーリング
  8. 学年の研究授業をみる。
  9. 研究の会計報告書の報告
研究授業は指導案と細案と若手向け解説書を完成。あとは、プレ授業して流す。

研修講師
方向性は決めましたが、必要物品をまだ用意していない。せっかく来ていただくのですから、オマケをいくつ用意できるか。

研修は、受けて見たいものの疲れて寝てしまわないか心配。ためになるので、楽しんで受ける。

作品展の仕上げと飾り付け
これは、子どもたちがもう一息頑張れるように支援する。自分のペースではなく子どもの納得が得られるまで支援に時間をかける。

会社との打ち合わせ
私の日程があかないせいで、延期が3回になったため、丁寧に頭を下げて話を伺う。

社会見学
他の先生にお任せしてみる。トラブったときは、お助けする。地味に気になる。

オリエンテーリング
楽しく、しっかり時間をかけて子どもと接する。

学年の研究授業をみる
無理強いはせず。優しく接する。

研究の会計報告書
人のお金なので慎重に
もっともストレス。
でも、職場の人と複数でみるため安心はある。

このように、すべきことを書き抜いて、今回は優先を決めるだけにはしない。
どこまでするのかを決める。
つまりリミットセッティングをしっかりきめる。

実行は、早めに仕事を始めて1日の限界まで懸命に働く。
家でできることはすると思いながらも、しっかり寝てミスを避ける。

今回はパワーで押し切る1週間になりそうです。
終わるころには、成績つけて懇談会の用意も進めていかなくては^_^




覚えておきましょう

これは全然楽しくありません。学習ゲームを使って楽しく遊びましょう。

  1. 黒板に覚えて欲しいことを書きます(英語の単語を例にとります。)。
  2. 2人1組で勝負します。3人1組でもかまいません
  3. 机を向かい合わせにして、真ん中に消しゴムを1つおきます。
  4. 1つずつの読みを確認します(オレンジ、アップル・・・・)。
  5. NGワードを決めます(アップルとしておきます。)。
  6. 手拍子2回(トントン) オレンジ (トントン) バナナ(トントン) アップル!
  7. NGワードが出た瞬間に消しゴムを先に取ったほうの勝ちになります。

子ども達は、楽しんで学習に取り組みます!
ぜひお試しください。 





 

教員のねんきん定期便がやってきた。

えっ?月に8万円?(額面に多少のフェイクがあります。)
月に25万円で夫婦で教師なら50万円。
これは、私が健康食品関係のマーケティング会社の会合で聞いた話。

ねんきん定期便とは何?

ねんきん定期便とは
現在の時点までの、加入実績に応じた年金額(年額)と保険料納付額(累計額)が記された手紙です。
私の現在受け取れる年金額は、8万円というところ。
あと20年働いて8万円追加として
16万円 給与が増えたとしても20万円までかな。
やはり昔の年金の25万円には到底およばないようです。

現実の中でめいいっぱい楽しみたいので、私は以下のように思います。
趣味のパーツなど高額な出費は避けたほうがいいのだなぁと痛感。
若いときにしかできない旅行などはしようと決意しました。


ある試算によると1950年うまれまでは、770万円お得
1960年生まれは-260万円、1970年生まれは-1050万円、1980年生まれは、-1700万円、1990年生まれは-2240万円だそうです。(学習院大学 経済学部 鈴木教授の試算より テレビ番組より引用)

障害が残ったときなどに守ってくれる保険の役割もありますから、金銭だけの損得ではいえないと思います。
新たにうまれてくる子ども達のことを考えると、金銭教育のニーズは高いと思います。iDeCoにNISA国が進めている政策に関心をもって、子ども達にどのように伝えるのかを考える時代になりました。
年金額は多少のフェイクをしていますが、参考にはなるかと思います。 

学校のサッカーは勝つことが目的ではなく、めあてを立てさせて取り組ませましょう。

授業を始める前に教室で、上記は伝えます。
どんなめあてがあるかというと、全員1回はボールをパスする。や、練習したパスを1人1回使う。
声をかけて、1人1回はボールにさわるなど、練習メニューを考えさせながら行います。


理屈はそうだけどうまくいかない。

得意な子どもばかりがボールをもって、動かない子どもがでてきた・・・。
この場合は

チームの人数を減らし動きやすくさせましょう。

コートもハーフコートに2チームにします。
ゴールキーパーは違うチーム同士で2人になります。同じゴールないのキーパーは2人で守備に回ることができるようにします。

これにより、子どもの数が少なくなるので、パスの回すときなどは少ない人数で行う必要があり、触球数が増えます。
それでも単独でプレイをする子どもには、リーダーとしてやさしく周りの子どもに教える役割やコーチや監督に任命をしてしまう方法もあります。タブレットなどをもとに動きの助言をさせていくことなどです。


できる範囲でうまく取り入れてみてください!









 

なわとびは面白い!でも1時間続くとちょっと・・・。


そんなときは
10秒間で何回とべるか勝負(時間を10秒など指定する。)

めあてをもってとべる方法
技(前とび)を100回とべば座りましょう。(できない子どももいますから、適当なところで切り上げます。)

ことばのいいかえをする。

最高記録を出そう

これよりはギネス記録に挑戦しよう!(3年生ぐらいまでなら喜びます。)

時間のめあてをもたせることで早く縄を回すようになってきます。
めあてカードの指導とこの指導の組み合わせで変化のある指導ができるようになりますよ。


手首は固定させて、なわをまわす。
そういったちょっとしたコツで楽しくなわとびが続くといいですね。


 

↑このページのトップヘ