小学校教員華丸先生の連絡帳-投資教育と金融教育重点中-

教員である幸せ しばらくは投資記事に重点

小学校でこの時期することや投資、科学、健康、生活に関係するものをブログに載せています。さらっと見て頭の片隅におくと楽になります。
ブックマーク,ツイッターのRT,リンクは、内容に賛意を示すものではありません。所属の立場とは独立したものです。雑記ブログのため正確性も保証しません。

2018年11月

成績つけが間に合わなくて、お尻に火がつきそう

お尻に火がついて燃え尽きる前に、道徳を終わらせましょう。
小学校の先生2大負担の1つ道徳の評価。
あとひとつは所見ですよね。
道徳の評価は、教科書会社で意外とていねいに解説してくれています。
ICT時代、おそろしい子・・・。

道徳ノートの色分けには意味がある。日文の道徳

ピンク 「主として自分自身に関すること」
オレンジ 「主として人との関わりに関すること」
ブルー 「主として集団や社会との関わりに関すること」 
グリーン 「主として生命や自然,崇高なものとの関わりに関すること」

https://www.nichibun-g.co.jp/textbooks/s-doutoku/download/h30/h30s-dotoku_naiyo_thema02.pdf

これの意味するところは、色が同じところで記述や内容の深まりがあれば、それをかけばいいよってことですね。視覚的に分けてくれている。几帳面女子(男子)のノートみたいですね。
いちいち、全読みして道徳的価値を考えなくていい工夫がなされています。

道徳ノートを活用するだけで
通して見返していただくことにより,児童一人ひとりの,
 ・学年始めから学年末にかけての記述量
 ・道徳的価値についての理解の深まり
 ・友達の意見への興味・関心,把握の程度
 ・他教科の既習事項や自らの生活と関連づけた思考の深まり
 などの変容・成長を即座に把握していただけます。  これを通して,
 ・児童の成長を受け止め,認め,励ます個人内評価
 ・個々の内容項目ごとではない,大くくりなまとまりを踏まえた評価
 ・一年間の授業という長い期間の中で変容を見取ること
 に繋げていただけます。

https://www.nichibun-g.co.jp/textbooks/s-doutoku/download/h30/h30s-dotoku_naiyo_thema02.pdf

もうしびれてしまいますね。
まさにこれ!ですよ。ノート活用だけでここまでの効果。
1年の変容をみるにはノートが一番ですね。個々の内容項目で評価することは、題材に左右される可能性が相当高く危険なのですが、そうならない工夫がなされています。
ほめて、はげます個人内評価は・・・、指導者次第ですね。
記述量で豊かさをはかるのは、限界もありますが質的データってこうなりがちですね。
解釈は主観。
枠組みって大切ですね。ナイスな発想の人の指導ってこういった面がすごいのですね!

優等生道徳は学研

ビジュアル的にもわかりやすく美しいのが学研です。
評価の手がかりもすごい
学習ノート(ワークシート、感想文)
自己評価
授業の記録(エピソード)
見取り(観察、外部情報)
https://gakkokyoiku.gakken.co.jp/doutoku/start/evaluation/step2.html

このアドレスに書かれている評価方法は、全教科にも使えます。先生の力量が高まりますよ。

楽ばっかり書いてと思われそうなので、地獄も紹介

いまから、ここからで焦るならば、以下が参考に
これはHPや会社が悪いのではなくて、11月の段階でこんな基本から勉強しようとすると焦ります。
まずは、道徳の評価を書いてから冬休みにでも復習しましょう。もうねぇ、私はおやすみの日まで講義は聞きたくないのです。大事なことですから繰り返します。各社のHPの良し悪しではなく、11月の今のタイミングでみる資料は上の記事がおすすめってことですよ。
https://www.kobun.co.jp/tabid/518/Default.aspx
http://www.mitsumura-tosho.co.jp/tokubetsu_dotoku/class/vol01.html

最後の道徳の授業が終わるまで評価はつけられない? 

いえいえ、そんなことはありません。
逆に聞きましょう。
最後の授業を終えてから、書き始めて本当に子供の心情の変化を読みきれるのかな?

そろそろ週末出勤する先生も多いかと思います。
今日は道徳ノートを教室に置くように声かけをしておくと週末にのんびりと道徳の評価ができます。

道徳所見の文例はバレる。

検索をかけられた瞬間に、先生の評価はガタ落ちです。
そうならないために、ノートの子供の心情を評価に盛り込みましょう。

道徳の指導書は至宝。読む気にさせる方法を教えます。 

道徳の指導書は至宝です。なぜなら、指導の要素がすべてかかれています。
あの字の小さな読む気がしない指導書。
しかし、子供の道徳ノートを広げながらだと、いやいやではなく自然と読み込みます。
あっ、この題材はこういう意図があるんだ!
と隠れた秘密にも気がつきますが、何よりも所見に盛り込む言葉が湧き出てきます。
所見を書くには、道徳の学習指導要領や解説ではなく、何よりも指導書。
すごいよ、指導書!です。
どうせ週末出勤するなら、道徳の指導書を片手にさっさと書いてしまいましょう。

成績つけはイージーステップで

土日に出勤しなくても家でできる作業を考えてみます。
月曜日に気が重い時に簡単にできる作業をいれておくことも大切です。
行事の書き出しをしましょう。学級通信や学年通信を作成しましょう。
行動の所見(地域によって名称はちがいますが、主に品性に●印をおす)を考えましょう。
ここでは、行動の所見づくりを紹介します。

イージーステップその2

行動の所見
行動の所見は、品格や品性、徳目のような面を評価します。多くは一人1個だけ●の印を行うものです。
1学期につけていれば、1学期とは異なる所見をつけてあげられるならば、ぜひそうしましょう。

1学期と異なる行動の所見をつけるには

職場で1学期の行動の所見の表をコピーします。
それと日常の記録などを想起(思い出す)、記録などから1学期と異なる行動の所見につなげていきましょう。もちろん1学期と同じこともあろうかと思います。
でも、異なる行動の所見にするためには、そのほかに輝いていた一面を思い出すことにつながります。
これは、所見のイメージにもつながります。

成績提出まで1ヶ月前後かと思います。
イージーステップで攻めの通知表づくりを頑張りましょう。 

成績つけはイージーステップで

そろそろ成績をつけておくと、土日出勤が減ります。
成績をつけることは大切です。しかし、土日に仕事をしにいく先輩を見習うことはやめましょう。
成績つけに簡単なステップを作ると勤務時間内に終えやすくなります。

イージーステップその1

特別活動の記録を準備しましょう。
学級内の係
高学年ですと、委員会とクラブ活動を閻魔帳に記入しましょう。
通知表の用紙をいただけるならいただきます。
最後に、通知表に書き出しましょう。
特別活動は、子どもから聞き出せばまず間違えない資料です。
ただの書く作業ですが、特別活動の欄がうまるとほっとしますよ。
1個ずつ確実に頑張りましょう。

次回に続く




 

所見が一番時間がかかるけど、やる気がしないな 

  成績提出が1ヶ月前に近づいてきました。そろそろ成績もつけたいのだけど、学芸会や図工展でなかなか本腰が入らない!モチベーションをあげて弾みをつけるには、一番時間がかかり考える所見作成が一番

子ども面接で子どもと対話をしよう

そのようなときは、子ども面接を行いましょう。
子ども面接とは、子どもと2学期(秋学期)までの頑張りについて褒め称えながらダイアローグ形式で話をして、所見に書き出すことを見出していきます。

子ども面接の準備物

子ども面接で準備するもの
・漢字ドリルを書き進める自習教材
・2学期(秋学期)の行事予定
・子どもの成績(閻魔帳)

子ども面接の方法

漢字ドリルなどある程度(5つ程度)指導します。
ていねいにノートに書かせていきます。
その隙間時間に子どもに質問をしていきます。
例えば
t2学期どんなこと頑張っていた?
c「運動会かなぁ。」
t「運動会」のダンスすごく頑張っていたね。特にどんなこと頑張っていた?
c「うーん」
t「うでの伸びとか音楽に合わすとか、すごくできてたと思うけど、どんなことがあるかなぁ。」
c「家でリズムに合わせて練習してた!」
t「なるほど、すごく上手だったものね。」「運動会当日は、どういうことがんばっていた。できていた?」
c「やっぱりリズムに合わせるとか、足のステップもがんばった。」
t「なるほど。やっぱりc君すごいね。自信もつくよね。どういった気持ちになった?」
c「お母さんにほめてもらって嬉しかった。」
t「なるほど。先生もすごいと思ったよ。」

tの言い回しを覚えて質問し、子どもの答えをつなぐと

運動会の練習では、学校の練習に加えて家でもリズムに合わせてなんども練習していましたね。授業中のダンス練習でも、リズムに合わせたステップが上手になってきました。運動会当日は、さらに練習に磨きをかけた成果として、大きな振り付けで踊ることができていました。

このあたりまでは、所見としてかけます。
子ども面接ってここがすごい!
先生だけで考えるのではなくて、先生と子どもで対話する所見って書きやすいです。
しかも、子どもはしっかり話を聞いてもらえるので大喜びです。
急に全員に行うには時間が厳しいかと思うので、今から隙間時間に話をするといいでしょう。



 

教師の仕事がブラック労働、だから立ち上がれ!はやめとこう

私のブログの方針です。教育について議論を交わすことはあるでしょう。
トラブルがあっても軽く身をかわしたい。これを目指す人に読んでほしい記事です。
人と軋轢をうむような行動はしない。
でも、教師のブラック労働で自分がつぶれそう。
過激な言動で対応しようとする人もいます。
誰かがあなたをいじめようとしているわけではない。
たまに落とし穴のように労働環境や自分の家庭状況や精神状況ではまり込むことがあります。偶然、ついていない状況に落ち込んだ。だから助けて!
そうであるならば、以下の対話の方法があります。

週案で管理職に相談だ

管理職の先生にSOSをおくりましょう。これが正当な方法です。
ただ、言葉のやりとりだと関係性がよくないときに思いが伝わらないことがあります。
管理職の先生はご多忙です。口頭ではうまくいかないことも多いでしょう。
「管理職の先生は、私の気持ちをわかってくれない。」こうなったときに辛くなるのはご自分です。
ゆっくりやさしく管理職の先生を傷つけず、自分の気持ちや状況を説明するために週案を活用してみましょう。
週案は、准公簿書類です。時数が満たされているか確認するものです。
ここのコメント欄に相談しましょう。なければ、週案を提出するときにメモをそえて(このメモと週案はコピーして持っておきます。)
コメント欄にはこのような書き振りでいきます。
「先週は、土日に8時間かけて国語のワークシートを作りました。できれば、勤務時間内にできるように今後は校務分掌を・・・などにしてもらえると嬉しいのですが。」こういった管理職の先生にお願いする書きぶりが大切です。
この方法ならば
管理職からいただける返答として「国語のワークシート作成ご苦労さまでした。国語主任の・・先生から・・・という資料をいただけそうです。勤務外時間労働短縮につながればいいのですが。」などのコメントがもらえるかもしれません。

労働時間が長くなることは、管理職が嫌がらせでしていることではなく、どうしても起こりうることです。管理職の先生はご多忙で、気がつかなかっただけの場合もあります。不意打ちのように攻撃的にいうのではなく、対話でうまく解決していきましょう。

まったく管理職が対応してくれない

よく耳にします。それでも、不満があるのであればていねいにお願いしましょう。
「悲しいことに、生徒指導が加わり残業時間が今月は60時間を超えてしまいました。他の仕事などで労働時間を減じる方法をご助言いただければ助かります。」などやんわりとお願いを続けていきます。

倒れそうなほどの教師のブラック残業。それでも平和的に解決することが大切です。

個人の問題を個人で解決したい場合は、学校共済組合(公立・私立ともに)のカウンセリングなどで相談をしていきましょう。
週案に残した記録などをもとに最も角が立たない方法について相談をしましょう。
万が一過労で倒れた場合は、週案の記録があなたを助けます。
戦うのではなく、いい折り合いをつける。極端な判断は禁物です。
仕事をやめるなんて極端な気持ちになる前に、平和にとにかく管理職の先生も自分も傷がつかない方法で解決です。自分が辛くなる前に少しずつ相談です。
可能性がある解決方法
・次年度の転勤
・校務分掌の量が減る
・課題の少ない学級などへ異動
・管理職の先生がやさしくサポート←ここが落とし所です。
・あなたの思う少しマシな人間関係が取れる校務分掌になる

みんながそこそこ幸せになる方法を模索していきましょう。
ハードな方法については、本ブログはすすめませんし、その他のブログ・相談先にあたってください。

道徳ノートやワークシートをとじていこう

道徳が教科化したということは、教科書の内容を全部教えること。
評価をすることです。もうとにかくノートでふりかえりをみないといけません。
教科書会社には、道徳ノートがついています。
「必ず、すべて書かせましょう。」
実施状況調査などが入った時に、書いていないと指導の証拠が残りません。

道徳ノートをつける意味

道徳評価をするときに、子どもの授業中の発言だけですと
子どもが後になって「言った・言わない」の水掛け論になったときに不利になります。
子どもは、言ったことを忘れる子もいますし、そこを問うのは馬鹿げています。
それよりもノートを丹念におって評価すれば、子どもが「そんなこと言っていない」
と言い出しとときに、やさしく「道徳ノートに・・・と書いていたのでそれを書いたんだよ。」と優しく諭すことができます。
1学期に苦情がなくてもいきなりやってくるのが苦情です。しっかり根拠があればやさしく対応できます。根拠がないときは教員である自分に余裕がなく反応してしまいがちです。
落ち着いて誠実にね。
 

道徳の教科化

Unknown-2

「道徳の授業の流し方がわからない」
よく職場でもこんな声が聞こえます。確かに、今まで使っていた「私たちの道徳」には特に指導の流れが明確に載っているわけではないので、きっと今までは担任の先生が工夫をして色々と使っていたんだと思います。今日は一般的ではあると思いますが、展開の型を紹介します。


導入

基本的に読み物を読んで、今日のテーマについて考えるという流れですね。道徳には学ぶべき項目がありますので、まず導入では普段の生活を振り返り、その項目(テーマ)についての経験を思い出します。そして全員で今日考える項目(テーマ)を確認してから読み物に入ります。例えば、「親切、思いやり」の項目であれば、「今まで親切にされて嬉しかったことはありますか?」というように発問をして、親切についての経験を思い出させます。自分の経験を語るのが好きな子はノリノリで答えてくれます。そして、「今日は親切について考えましょう。では今日の読み物は◯◯です。」と今日の項目を確認します。項目を隠して読み物から考えさせる展開もあるでしょうが、普段の授業でめあてを立てるのと同じで、何について学ぶのか道を示してあげることは大切かなと思います。


展開(読み物)

読み物を読んでいきます。基本的には教師が読む形でいいかなと思います。国語ではないので、音読をするまでもないかと思います。できるだけ気持ちを入れて読んであげましょう。
ここから展開のパターンとしていくつかあると思います。まずは発問を出すタイミングです。読み物に関する発問は多くて3つほどある場合があるので、それをどこで処理するかです。

①一通り読み物をこちらが読んで、読み終わってから発問をしながら読み物の内容を振り返る方法です。
ゆったりと読み物の内容を把握することができるという良さがあると思います。

②読みながら発問に関わる場所がきたら、途中で発問をするという方法です。振り返る時間が必要ないので、読み物をすっと終えることができます。

どちらにするかはこの後の展開にもよると思います。この後させたい活動が多いのであれば②の方がいいでしょう。板書用に挿絵があれば子どもたちも振り返りやすいですね。

応用編として、読み物を前半後半に分けて、途中で大発問をする場合もありますね。教科書ではなく、プリントで読み物を渡しておけば、前半後半で分けて渡すことができます。子どもたちも続きが気になって興味を持ちます。「このあと主人公はどうするでしょうか?(あなたが主人公ならこのあとどうしますか?)」と後半の内容を予想させることもできます。

展開(項目について)

読み物が終われば、次は項目についてよく考えさせます。
読み物には大きな転換点があります。山場といいます。その山場での主人公の行動にスポットライトを当てて、「あなたなら、どうしますか?」というように、自分ならどうするかを考えさせます。
結構意見が割れておもしろいです。ペア交流なども入れつつ意見を交流させます。「それは本当に親切なの?」というように切り返しの発問をしつつ展開すると項目について深く考えることができます。

もしくは「思いやりとはどういうものですか?」などと大きく発問をしてその項目自体を考えさせる場合もあります。こういった大きな発問は個人で考えるのが苦しい場合もあるので、グループ活動にしてもいいかもしれません。 

終末(自分自身について)

最後はもちろん、自分に返してあげないと道徳ではなく国語になってしまいます。項目について展開の中でよく考えた後、最後にそれでは「自分自身はどうだ?」と振り返るのです。私はよく「今日の授業で学んだことは何ですか?」や「これからの生活で生かしたいことは何ですか?」、「これからどのように過ごしていきますか?」など、できるだけこれからの自分をどうしていくかを考えさせる終末にしています。


発問について

メイン発問を1つ持っておくのがいいかなと思います。全体交流しがいのあるもの。それはきっと読み物で言えば山場になる所に関するものや、項目についての部分かなと思います。そこに時間を割くために、メリハリをつけて、サラッといくところは流していきましょう。

評価

評価をどうするか、その話は職場でも色々話がされていると思います。ワークシートを使用したり、ノートを使用したりすることで、子どもたちの意見が見えるようにしたいですね。文章表記で、1つのテーマについて記述する場合が多いかと思います。しっかり学年やペア学年などで相談して揃えましょう。道徳に外国語に色々と大変ですが、道徳は普段の他教科ではあまり活躍できない子が活躍しやすい場でもあります。面白い意見や子どもなりの意見をたくさん聞けて、私は好きです。どうせやるならば楽しくやりたいですね。





そろそろ所見の準備にうつろうね

2学期も中盤に入ってきましたね。学芸会や図工展(作品展)もそろそろ本格化しますね。
所見も心の片隅に浮かびながら、そのまま過ぎてしまう時期でもあります。
所見の書き方の記事はこちら
とはいえ、もっと基本から教えて!
といわれるので、まずは所見に書くために行事を思い出しましょう。
・行事は、月間行事をもとに書き抜く。
・行事を思い出し書き出す。
水泳
体育祭
学芸会や図工展(作品展)

この中で、活躍したことや作文などから所見にかける要素を書く。
記憶の中で輝いていた子どもを思い出して書くのもいいでしょう。以下も似ている内容ですがご参考に

簡単 通知表・成績の書き方 成績資料準備編 教科編

いい言葉がうかべば
そこから、嫌な言葉については浮かべば、いい言葉に置き換えてみます。
落ち着きがない・・・好奇心が旺盛など

道徳などは以下から

道徳の評価と道徳の通知表の文例を考えよう(1) 

↑このページのトップヘ