研究授業前にすること

楽になる方法は、プレ授業をすることです。
プレ授業とは研究授業の前に他のクラスを借りて授業をすることです。
授業の流れや主発問を洗練させることができます。
作り物が不完全であった場合も、プレ授業のあとに作ることができます。
私は、プレ授業の逐語録(教員と子どもの発言を記録)を作り、主発問と補助発問を整理していきます。
自分の発言のクセなどがつかみやすくなります。
自分の授業風景のビデオを観る方法もありますが、言葉でしっかり子どもに指示をするためには逐語録がよいと思います。自分の話のクセもみえます。

研究授業でのトラブルの解決について

研究授業中にトラブルが起きたときの対処法についてです。
発言がでない・・・。
これはプレ授業で検討しておくことですが、突然発言がでない場合は

・「発言がでないこともあるよ。例えば隣のクラスでは・・・という意見もでていたよ」
というヒントを投げる方法もあります。

・話し合いにもっていけない場合
まずは「隣同士で話をしてみよう。」
「班で意見を話し合いましょう。」
事前にヒントカードを用意し、案を伝えます。

・何も書けない子どもがいる場合
これも「ヒントカード」や具体物(カードやブロックなど)を用意しておき、さりげなく渡す。
「考えをくわしく説明できるように、ブロックをつかいたい人は使おう。」とヒントを使うことが恥ずかしくないように声かけをしてかかせる。

・まとめにもっていけない場合
子ども達の意見から、想定しているまとめに近いことでまとめる。
無理やり指導案に合わせるのはよくないと思います。
そして、まとめとして不完全の場合は、
「まとめとして足りない部分があるんだけど、どうするといいかな。」「このあたり(まとめとしてほしい部分や内容の部分)をまとめると今のまとめがさらによくなる気がするんだ。」などと付け加えて反応を待つ。それでも難しい場合は、「次回復習をかねて考えてみようね。」と声をかける。


↓イラストを1日1回 「読んだよ!」のクリックしてください。 更新の励みになります!
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
教師教育ランキングへ
↓1日1回 「読んだよ!」のシュートをしてください。いつもありがとうございます。