今日は大学院の博士課程について紹介したいと思います。
gakusya


まずどうして博士課程まで進もうと思うのか。

私は選択肢を増やすことが一番の理由かと思います。



博士号は取ってしまうともう一生ものです。
 ・管理職になるとき
 ・指導主事になるとき
 ・何かの役職につくとき
 ・大学教員になるとき
 ・転職などをするとき


全く同じ能力の2人がいて、1人は学部卒、1人は博士号取得
と言われると、やはり博士号取得の人がいいかなと思いませんか?
もちろん全く同じ能力の場合ですが。 


では博士課程に入るにはどうすればいいか。
まずは博士課程で指導をしてくれる先生を探します。

先に研究室訪問をするといいでしょう。もちろん修士課程から引き続き指導を受けるなら問題ありません。

そこから、博士課程で研究する内容を計画立てしていきます。
その大学院にもよりますが、博士論文を書くためにはその専門の学会誌に論文を2本投稿しなければなりません。その2本の投稿論文をもとにして博士論文が作成されます。

ある程度、その目処が立たないと厳しいです。なので、1本でも投稿していると大きなリードとなります。またデータを取っているなど。全く何もしていない状態から始めるのは少し難しいです。博士課程は3年ですので、その間に調査もして投稿も2回するとなると少し時間的に厳しいですね。


もちろん修士論文がもとになり、投稿ができるはずですので、色々と検討してみてください。
では次回は研究計画や試験について紹介します。















 
↓イラストを1日1回 「読んだよ!」のクリックしてください。 更新の励みになります!
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
教師教育ランキングへ
↓1日1回 「読んだよ!」のシュートをしてください。いつもありがとうございます。