この記事では、動くといいタイミング。
どのような動きをするといいスタートが切れるのかについて書いています。
hakui_nimotsu_hakobu_man

いつから動くのか?

今でしょう
とっても恥ずかしい今さらフレーズを出してみました(笑)
でも、すっきりしました。

何をすればいいの?

いい感じに頑張る人

内定が決まっていれば、内定のときに頂いた資料を熟読。
謎の用語がたくさんあります。
これは、わからないままでも大丈夫。
本ブログで少しずつ自然にわかるようになります。

まずは、必要なものを買い揃えましょう。
以下の記事が参考になると思います。


教員採用が決まった・転勤するとわかったときに準備すること
↑をクリックするかこちらをおしてください

そしてご挨拶をメモ帳にメモしておきます。

新転任のご挨拶はこちら
新任の好感をもたれる挨拶という記事をご参考に。

いい記事があるのに探すのも面倒。
毎回ブログをみるのが面倒?
この時期にとっていい記事を自動でみれるようにしたい!
そんな方に朗報!読者やツイッターでフォローしていただけると、いいタイミングで役立つ記事が読めますよ。
以下をクリックして登録してもらえると嬉しいです。



大きく化けるためにリスクをとる人

内定先の学校に電話をします。
「・・に内定が決まりました・・・です。お忙しい中失礼します。春休みにそちらの職場にうかがって、コピー取りの練習などさせていただけませんか?」
この行動がどのような結果をうみだすか。

まずは断られます(笑)。

だいたいの管理職(校長先生)は、
「その必要はありません。また新学期に元気に出勤してください。」となると思います。

この場合は、職場でやる気のある新人が来るのだという期待をあげていけます。
スタートダッシュ前から、十分にアピールになります。
まず、こういった話を聞いた先生は
表向きは「えー(笑)!?」となります。
本音は
「この先生に教えてあげよう!」となります。
かわいがられるコツですね。

ぜひ、来てください!

管理職から「・・日にきてください。教務の先生の印刷の手伝いをしてもらえると助かります。」
と言われればしめたものです。
大量印刷のコツや仕事の内容などを教えてもらえます。
印刷している作業中や荷物の移動などのときは、口は暇なので学校の先生はいろいろお話をしてくれます。
仕事のことや愚痴が多いかと思います。
愚痴と悪口については、聞き流します。
どういったことで噂になりやすいかはわかります。
また人間関係がよくないところも見え隠れします。
たいがい派閥があるものですから、そのあたりも見え隠れします。
派閥は関わらず、管理職と密にコミュニケーションをとりましょう。

管理職の派閥は学校運営のため
その他の派閥は、その人たちの利益のためであることが多い。
そこを分かりながら聞いていくことが大切です。
新年度の資料もいただけることも多いです。
「新年度どういった資料がいるのかもわからなくて」
こういえば、生のいい資料をいただけますよ 。
しかも、その勤務先にカスタマイズされた資料であることが多いので、本を買うより役にたつことも!
何か意地悪を言われたら、「若気のいたりです。」とでも返してどんどん動きましょう。 

記事を読んでくれてありがとうございます!今日もいい1日でありますように! 
↓イラストを1日1回 「読んだよ!」のクリックしてください。 更新の励みになります!
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
教師教育ランキングへ
↓1日1回 「読んだよ!」のシュートをしてください。いつもありがとうございます。