よれよれのシャツに体もボロボロにして65歳からもらえる年金月額 

実際受け取る年金額は17万円程度。昔は月に25万円といわれていました。以下を参考に

教師の年金額はこれぐらいもらえる!

しかも、65歳から支給です。
この金額から減ることはなくても増えることはない。
新任の教員の先生はもっと減って12万円とかになるのではないかと想像してしまいます。
私たちの仕事で熱心な人は、シャツもよれよれ・体もアルコールで壊してやっと60歳。
世間のことを新聞程度でしか知らないまま一生を終える方がほとんどです。

恐怖の七五三

あくまで噂ですが、教員の平均余命は63・65・67で寿命を迎える大半のかたと長生きされる方に分かれる。(ほんとうかどうかはわかりませんが、内部ではまことしやかに)
年金もらえないかもね。でも長生きしても年金額が少ないとリスクだ。

教師こそ文脈を読め

学校の教員は国語を指導します。でも、本を読まない先生ほんっと!多いです。
年金に関わる機関は、受け取り額を通知するサービスを行なっています。
とにかくわかりにくい。一応通知しましたからね!というための設定のようなわかりにくさです。
申し込んでからの時間も相当かかります。
ですから
次回は、公務員の自分の年金額を知る方法について書きます。



 
 
↓イラストを1日1回 「読んだよ!」のクリックしてください。 更新の励みになります!
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
教師教育ランキングへ
↓1日1回 「読んだよ!」のシュートをしてください。いつもありがとうございます。