Aさんに会えると嬉しいよ!

happy_woman6

4年生まで限定ですが
目を合わせて、子供に「Aさんに会えるとうれしいよ!」と笑顔で伝えてみてください。
子供は、顔を少し紅潮させて嬉しそうにします。照れてるんですよね。

簡単なことですが、子供の気持ちをグッと寄せ付けることができます。

「みんなのことが好き」とか「がんばっているね」など全体的に抽象的に伝える方法と並行してつかいましょう。

心理学の教授が放つ一言「君をまっていたんだよ。」 

私の知っている研究室での一コマです。
よく遅刻してモチベーションの低い学生がまた遅れてきました。
そのときに、心理学教員が何をいうかなぁと私はドキドキしていました。
だいたいの教員って嫌味が多いんですよね。
ある心理学の教授は違いました。
「君を待っていたんだよ。」
やさしく目を見つめて伝えていました。
いつもの感じと違うので、テクニカルな方法だなぁと私達院生は気がつくのですが、学部生である遅れてきた学生さんは、嬉しそうにほほえんでから、「すいませんでした。」
この指導のしかたなら、謝罪の言葉もいいやすいですよね。

学校の教員は遅れてきても平気・年下の人でもあたり前のような遅刻をして、
子供には厳しい!
これではついていきにくいですよね。

子供達に愛情を伝えるには、しっかり言葉にすることが大切。
ただ、高学年は注意してください。先生が変なことをいっていると勘違いします。
「好きだよ。」も男女の先生ともに気をつけて。
「宿題に一生懸命に取り組むところが好きだよ。」と伝えても、「好きだよ。」の一人歩きがありますよ。

子供達に少しでも変化を促す言葉の紹介でした。

↓イラストを1日1回 「読んだよ!」のクリックしてください。 更新の励みになります!
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
教師教育ランキングへ
↓1日1回 「読んだよ!」のシュートをしてください。いつもありがとうございます。