1学期のことをしれっと忘れて、ご機嫌よく子供達に接する。
これは、オススメです。
気になる子供もいたと思います。
でも、長期休暇の後ですから距離が少し広がったと思います。
気になる子供というのが、実は教員がふみこみすぎた可能性があるかもしれません。
新たに距離を作りだす上ではいいですね。
 
これが一番嫌!
職員室の人間関係
 
これが悪化していた場合もいい機会です。
むりに近づかないことです。
せっかくお互い夏休みを過ごして距離が取れたのですから、愛想笑いでもしながら後ずさりです。陰口を言う人はいうものです。それを聞かされたり、ひどい態度を取られたりして辛い思いをするよりは離れて行きまいょう。なぜなら、1年の三分の二はもう終わっています。今年の12月までもう4ヶ月です。しかも年末のお休みもあります。3学期は、1月は途中から始まります。2月逃げる3月去るです。3月も途中からお休みです。
大事なことなのでもう一度
1年の1月からみて3分の2が過ぎようとしています。
学年でうまくいかなかった場合もあと少しで逃げきれます。
運動会があるかもしれません。図工展があるかもしれません。
濃い付き合いになって辛くなる。大丈夫。もう終わりが見えています。
無理に歩み寄って喧嘩する必要はありません。
そっと、後ずさりして距離をとって「さようなら」です。
始業式職場の人間関係で憂鬱なあなた!もう終わりは見えてきたよ。

↓イラストを1日1回 「読んだよ!」のクリックしてください。 更新の励みになります!
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
教師教育ランキングへ
↓1日1回 「読んだよ!」のシュートをしてください。いつもありがとうございます。