原稿を執筆する時間は、休みの日でどこでするのがいいか。

原稿執筆をすることが増えています。論文を書くときもそうですが、いつ書けばいいのかという問題があります。日常業務の合間に書くことは難しいものです。休憩時間に無理やり書こうとしてもなかなかうまくいかない。

本を10冊ほど出している先生の場合

私の尊敬する同じ教員の先生の場合は、朝と仕事後にコツコツと書かれています。
土日も教育に関するサークル、図書館近くに住んでともう尊敬です。

私の場合ー学術論文ー

学術論文であれば、大学附属図書館か食客として所属しているゼミの研究室が多いです。
自宅もありますが、なかなか進まない。いや、全く進まないのが学術論文。これは私には向いていないのかもしれません。

ー教育論文ー 

これは、職場の放課後か自宅が多いです。子供の振り返りなどは自宅に持ち帰らないようにしています。教育論文は、経験を積み出したところです。

ーブログ執筆ー

お休みの日です。のべ16万人を超え出しています。教師人生の折り返し地点として、生活実態も書いています。ひとりの個人的な見解も書けるのが嬉しい。自分のふとした気づきなどの備忘録も含まれます。ツイッター交流などもいまだにツイッターがよく分からないのにすすめています。できるだけ私から声かけ(フォロー?)して輪を作ることにしています。

ー教育計画や原稿ー

これは、もうどこででも行います。民間企業の方や外部との交流で進行している企画もあります。
大学教員と話をして進行していることもあります。友達とご飯にいって盛り上がることもあります。
計画までは立てても、行政と連携相談で止めているものや保留しているものが山盛りです。
何かがうまくいかなくても、いくつでも取り組める教育実践があることは強みです。
大学院や現在も大学に所属していますので、そこもいい刺激です。ただ、お金とプライベートがなくなってきて、健康も損ないがちなので現在取捨選択しています。
積み上げてきたものが多いと、この小学校の教師が楽しくて仕方がありません。
コミュニケーション能力の向上実践、書かせる実践、作り出す実験、試行錯誤させる実践、エデュテーメントにつながる実践と無数にプランが浮かびます。費用は自費も含めて、子供に還元!
子供の成長が見違えるほどに自信につながります。

いい循環が読者の皆様にも訪れますように!




↓イラストを1日1回 「読んだよ!」のクリックしてください。 更新の励みになります!
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
教師教育ランキングへ
↓1日1回 「読んだよ!」のシュートをしてください。いつもありがとうございます。