学校の教師の年金額がいくらか把握する方法

学校の先生の年金がいかに少ないかを知るためにも、ねんきんネットに登録をしておきましょう。
https://www3.idpass-net.nenkin.go.jp/neko/Z03/Z0302BL.do?r=9188446943872766468
何がわかるか?
加入制度が何かがわかります。
あと見込み額とシミュレーションも行えます。
例えば
加入制度最終更新
国民年金、厚生年金、船員保険
平成 年 月  日
公務員共済平成 年  月 日
 
加入時期に間違いがないか確認しておくことが大切です。
地方公務員の年金は地方公務員共済組合でもわかります。
地方公務員の年金は地方公務員共済組合でわかる。申し込み編 
こういった申し込みは気がついたらすぐにしておくべきです。
なぜなら、老後の将来設計を今は意識していなくてもすぐに情報が取れる状態にしておけば
どれぐらいお金を使っていいか、だめなのかが見えてくるからです。
65歳到達時からの支給とかかれているのをみて衝撃
やっぱり65歳まで働かないとだめなのか・・・・
働くのは好きですが、働かざるを得ないというのが面白くありません。


一番いいのは郵送希望をしておくこと

教師の老後年金を考える上で今設定しておくべきこと

インターネットだと情報量が多すぎて本当に年金の必要な部分がわかりにくくなっています。
そこで、郵送でハガキで届く設定にしておくことをすすめます。
さらに、お知らせメールの設定をするとメールで定期的にお知らせが届くので嫌でも老後について考えることができます。
日本年金機構からのお知らせメールの配信希望と「ねんきん定期便」(日本年金機構発行分のみ)の郵送希望をしておきましょう!
 






 
↓イラストを1日1回 「読んだよ!」のクリックしてください。 更新の励みになります!
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
教師教育ランキングへ
↓1日1回 「読んだよ!」のシュートをしてください。いつもありがとうございます。