ブラック労働だ!と言われるのもわかる

参観が終わって、次は成績をつけるのが学校の流れです。
この土日は学校に出勤して成績をつけておられる先生も多いかと思います。
だって、その方が来週からの卒業式の練習や学習のまとめがはかどるから。
でも、これっておかしいですよね。

働く教師にとって負担があります。私たち古い教員は麻痺しているのだと思います。

昔なら

中学校や高校ならばテスト期間中などの名目で午前中で授業が終わって午後に成績をつける。
小学校なら土曜の午前授業のあとにつけることもよくありました。
これも今の時代に添いません。

そこで、少しでも効率よく成績をつける必要があります。
[まとめ記事]成績をつけるためのダンドリ

道徳の評価と道徳の通知表の文例を考えよう(2)
こういった記事を参考にサクッと仕上げていきましょう。

私は今何をしているか?

この1、2週の間の出来事です。
1冊の本を書き終えて、全国の発表を終えました。
道徳の評価と所見を書いて、主要教科の評価を来週につければ完成です。
クラス分けもすすめて数回は検討したいところです。
でも、予定通りにはいかないものです。
クラス分けは子供達にとって明暗を分けかねないビッグイベントです。しっかり準備して臨みたいものですね。
学級の終わりまで15日を切った学校もでてきたのではないでしょうか。
大好きな子供達のための
最後の思い出作りを意識して、今日も楽しく生きています。

少しずつでも亀の歩みでも進んでいくみなさんを応援します!