今だからできる、下見、下調べ

講師・担任ともに、自宅から転勤地までの距離を調べます。
内定していない場合は、次の段落からどうぞ
 
引越しを考えている場合は、下見を兼ねて途中駅で下車します。
自家用車はリスクが高まっていることに注意しましょう。
事故などで、想像以上に責任を負わされることが多くなっています。
自転車の場合は、自転車保険を1億円ほど保険をかけておきましょう。
安いところで月に200円しません。日常賠償などで含まれている場合もありますからよく保険をみましょうといいたいところです。しかし、探している暇よりまずはかけておくという方法もありです。おおむね死亡事故で1億円近くのケースがあります。

教師の住環境の条件

教員にとって最良の場所は、帰り道にスーパーがあること
次にコンビニ、100円均一ショップがあることです。
自費になっても100円均一でそろえてしまったほうが早いことは多いものです。帰り道にあれば、気になったときにすぐ買うことができて仕事がどんどんすすみます。

ちょっとビックリ先生のおもらし

先生もおもらしをします。
若い人も意外と多いですよね。子供のにおいにも似たあのにおい・・・。大人なんだから!で切り捨てずに自分ならどうするかとしっかり考えておきましょう。 
駅から近い場所のほうが、気持ちが重い時も、すぐにホッとできます。
ストレスからお腹を下すことも増えますので、途中下車でトイレ、駅近くのマンションで失禁のリスクをさげましょう。
引越しはよくすることではありません。この時期を逃したときは、夏休みなど時間に余裕があるときに考えることをおすすめします。
↓イラストを1日1回 「読んだよ!」のクリックしてください。 更新の励みになります!
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
教師教育ランキングへ
↓1日1回 「読んだよ!」のシュートをしてください。いつもありがとうございます。