ジムは、体もひきしまるし心にもいいのでしょうが・・・

春になると、スポーツジムの会員募集が始まります。通常数万円かから事務費や入会金が無料などハードルが下がりまくって、入ろう!となります。私はこれまで何度も入っては辞めてを繰り返しています。
ジムに行く途中にコンビニ寄ってウロウロ、施設につけば、ジムに行きたくなさすぎて施設の周りを2周歩いたこともあります。
そこまでしてでもジムに行こうと思うのは、運動したなって感覚を得ることができるジムに当たると、心も健康になった気になるからです。
心の健康の観点では、運動がうつ予防に効果があるかもしれないという論文をもとに書いていきます。
本記事では、スポーツジムが続かなくなる理由を論文や自分の経験をもとに書き、最後にスポーツジムを続けるためのコツをお伝えします。論文に書かれていることは参考にはなりますが、真実かどうかはわかりませんので効果については保証するものではありません。

スポーツジムが通えなくなる理由

スポーツジムに通わなくなる理由1位は
老若男女関係なく「時間に余裕がなくなり通わなくなる」
下の引用論文では、時間に余裕がなくなるとあります。
これは実感があります。
2位は一人ではやりにくい
これもわかります。なんだか退屈というか続かなくなりますよね。
以下は引用です。
運動・スポーツを習慣化・継続化できない要因上位 3 項目について見ると、「時間に余裕が無い」は青年 男性 354 ポイント(32.1%)で 1 位、青年女性 199 ポイ ント(35.7%)で 1 位、中高年男性 63 ポイント(30.0%) で1位および中高年女性85ポイント(28.3%)で1位で あった。次には「一人ではやりにくい」、「面倒である」、 「仕事が忙しい」および「適当な運動施設が無い」であ った。「一人ではやりにくい」は青年男性206ポイント (18.7%)で 2 位、青年女性 100 ポイント(17.9%)で
2 位、中高年女性 51 ポイント(17.0%)で 2 位であった。 「面倒である」は青年男性 116 ポイント(10.5%)で 3 位、中高年男性 34 ポイント(16.2%)で 2 位であった。 「仕事が忙しい」は中高年男性 34 ポイント(16.2%)で
2 位、中高年女性 35 ポイント(11.7%)で 3 位であった
   運動・スポーツの習慣化・継続化に関する調査研究 小 原 史 朗  松 下 智 之愛知工業大学研究報告, 第 50 号, 平成 27 年, Vol.50, Mar. 2015より引用

働く人のジム通いを辞める理由 教師のジム通い

いつもの春になると新しい習い事の1つとしてジムを始めても、4月の中頃には参観・懇談会 5月にはゴールデンウィークで遊びに行ってとなるとわざわざスポーツジムに通おうとは思わなくなりますよね。
民間企業に勤めていてもやがてスポーツジムに行く時間が作れなくなってきます。ちなみに年齢や男女によっても様々です。
時間がないという言い訳はみんなが思いつく言い訳なのですね。

スポーツジムが続かない原因は施設の問題もあります

施設の問題もあるといえばあります。
スポーツジムの主がたくさんでてくるのがスポーツジムですよね。そして、特定のマシーンを占拠するので、混雑していて使えないから「まぁ、いいか」となってしまいます。結果がすぐに返ってこないから運動自体が辛くなってくる。これも引用論文と実体験が見事にマッチしてきます。

いつ来ても混雑してい て使いづらいとか、シェイプアップのために通い始めたが運動自体が辛く感じる。
フィットネスクラブにおける顧客満足と会員継続に関する縦断的研究 中路恭平 体育・スポーツ研究 20巻1号 2006年3月より引用

それでは、スポーツジムを続けるための方法って何かないかとみると同じ論文にヒントがありました。

スポーツジムを続けることで運動を習慣的に継続する方法

運動を習慣的に継続するための条件

「手軽に使え る小規模な施設がある」、「時間や経済的にゆとりがある」 および「手軽に楽しめるスポーツの普及」は年代・性別間で共通して運動・スポーツを習慣的・継続的に実施する必要条件と考えられる。
愛知工業大学研究報告, 第 50 号, 平成 27 年, Vol.50, Mar. 2015より引用

手軽に使える小規模な施設・・・最近増えてきた24時間フィットネスの理由でもありますよね。
そしてどこかの論文に書かれていたのですが、誰かと一緒に通えることもいい方法です。
あと3時間など利用時間が決まっているジムは最高です。

最高のスポーツジムは、利用時間が決まっているジム

なぜ利用時間が決まっているジムが最高かといえるか
ジムの主が居続けることができないからです。
ジムに通うと謎の人間関係ができあがります。友達作りにもなるかと思うのですが、一家言おもちの方からのアドバイスが面倒になることもあります。通っているジムで人間関係がわずらわしくなると通うのが億劫になります。しかし、3時間など時間制限があると、人がその都度入れ替わるのでマシンが混み続けることは減ります。
だいたい、3時間も運動し続けるなんて現役学生でもない限りそこまで必要ないと思います。
ストレッチして、筋トレして走り込んで3時間。十分充実ですね。

スポーツジムがそれでも続かない

時間制でもジムは続けることができない
これは、何度も挫折した自分だからこそわかることです。
理由は簡単
やっぱり「時間に余裕がなくなり通わなくなる」からです。

スポーツジム通いがくじけるのを防ぐコツ

時間に余裕がなくなり通わなくなるを防ぐコツ

スポーツジムが続く理由

今までジムが続いた理由(転居により辞めましたが・・・)
スクールなどの授業を入れて、通う日を決めた。
これは大きかったです。特に水泳の授業は絶大でした。ただ単に泳ぐだけだと漫然とするのですが、水泳の授業をはしごすることで、指導の言い回しを覚えることができました。
また、泳力向上にもつながり、ついサボりがちな泳ぎが肩をあげるのが辛いほどのトレーニングにつなげていくことができました。これはありです。

スポーツジムのマンツーマン指導体験

マンツーマン指導をたまに受けた
パーソナルトレーニングというほどではないですが、気まぐれでコーチが教えてくれるときがありました。
1時間5千円ー1万円という値段を取られることもあります。しかし、コーチとの相性が合わないと最悪です。「適当に教えてるな」と思うことが多いのがスポーツコーチによく見られました。私の主観です。

スポーツジムを続けるために友達と一緒にスポーツジムに通う

友達と一緒に日時を決めて通う
これは有効だと思います。

スポーツジムはお気に入りのいいウェアを買おう

スポーツジムのさぼり防止には特にいいのではないでしょうか。

お気に入りのウェアを購入する
これもモチベーションアップには大事だと思います。
少し高くても身につけることでテンションがあがるようなものを購入しておくといいでしょう。
ひたすら試着で値札を見ずに購入です。
たまにびっくりするぐらい高い商品もありますが・・・。
最悪、職場のジャージとして活躍します。

スポーツジムの心の健康と運動について

勤労者に対する運動療法の可能性
~うつ病一次予防から三次予防まで~  堀輝 予防精神医学 Vol.2(1)2017よりの引用です。
Lucasらの報告(Lucas et al., 2011)では、普段の速度 でウォーキングを 1 日 20 分未満もしくは 1 日 40 分以上行うことで、うつ病のリスクはそれぞれ、6%と 17%減少させることができるという。つまり、20 分未満よりはそれ以上のウォーキングが必要である ことが推察される。

つまり、20ー40分のウォーキングで6−17%のうつ病リスクを減少させることができるかもしれない。
心の健康を保つためには、毎日20−40分のウォーキングをしておくといいことがあるかもという感じですね。ダイエット目的の運動って続きにくいですが、心の健康を保つためのハードルは随分少ないので一駅前に降りて歩くなど移動時間で調節ができるかもしれませんね(移動ルートを外れた場合は、労災はおりなくなります)。そもそもダイエットのために運動をしてしまうと、運動をやめるとまた太ることを意味しますので、生活スタイルで無理のないことと完食をやめることが大切なのでしょうね・・・。反省です。

スポーツジムに通わなくても、立ちながら仕事をしないと寿命が縮むかも!?

60分座ると22分寿命が縮む
と言われています。少なくとも座らずに立って仕事をすることをおすすめします。
座りっぱなしで授業をする先生もいますが、あまり見た目もよくないので気をつけましょう。
痔の先生も多いですもんね。私はならないように立つようにします。

まとめ スポーツジムをくじけて辞めずにスポーツジムを続ける方法、スポーツジムで心の健康と体の健康を手に入れるまとめ

論文の知見と私の体験からまとめます。
スポーツジムは、続かないのが当たり前
理由は、ジムに行く時間がないと思うようになるから
効果を感じ出すと続く可能性がある。
マンツーマン指導は、高いわりに相性の問題で大きく左右する。コスパは悪い。
友達と一緒に通うのが続くコツ
お気に入りのウェアを買うのもおすすめ
心の健康を保つ(うつ病の予防効果を期待できるかもしれない)のは、毎日20−40分のウォーキングを取り入れること

春休みはまだあります。春から運動を始めるときに頭に入れておくときっとうまくいくでしょう。
↓イラストを1日1回 「読んだよ!」のクリックしてください。 更新の励みになります!
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
教師教育ランキングへ
↓1日1回 「読んだよ!」のシュートをしてください。いつもありがとうございます。