どうせ連絡帳を活用するなら

連絡帳確認ついでに漢字の書き間違い確認

 例年3回ほどは、毎学期の漢字の復習をします。連絡帳に、宿題で習った漢字の一行書きを出します。
ふりがなと漢字を書かせます。
そうすることで、連絡帳の確認するときに漢字の書き間違いのクセに気がつきます。
これを赤字で修正してあげます。連絡帳を毎日確認している系の保護者の方であれば、すごい細かい!と気がつきます。

漢字練習帳に見本書きをさせてさらに確認

宿題の1行書きをさせるために、最初の一文字を書かせていきます。
これも隣の子供や先生で確認することで、既習の漢字の復習を確実に定着させることができます。