伝統的な貯金方法はあなどれない
財形貯蓄が挙げられます。
募集時期などは、この記事を参考にしてください。

以前と比べて
利率が低すぎて貯金以外の意味が薄れつつあります。
でも、自然と貯まった!と1年に1回郵送される資料をみてニコニコできるのは、財形貯蓄です。ちょっと使いたいな!と思っても解約の手続きが面倒で諦めがつきます。また、解約して振り込まれるまでも時間がかかりますのでよっぽどでないと手をつけないお金として役立ちます。
飲み歩く人が多い教員でも、家の頭金は財形貯蓄で貯まったという多くの人がうまくいく方法です。
この強制貯蓄は、天引きともいいます。
はじめから貯金する額がもらえていないとして家計が組めますから、100万円を働いて貯めたことがない場合には大事な体験になります。
それならば、最初から自分で貯めやすい仕組みをする方法はないものでしょうか。これは次回の記事にしたいと思います。