教師の全てとは何か

子供と接する時間を最大化して、全ての子供の学力を上げるダンドリを立てることです。©︎華丸

漢字指導を中心にダンドリの立て方を説明します

毎日3つずつ漢字を指導する これだけで、1年の漢字が2学期で終わります。
2学期の国語下の教科書にうつる頃(10月)には、教科書の後ろのページを使って3学期の漢字を終えることができます。簡単に見えますが毎日進めるためには、時間の厳守が学級経営上求められます。

なぜ、毎日少しずつ漢字を進める必要があるのか。

 一気に漢字を覚えられる子供とそうでない子供がいるからです。

覚えなければならないことは、教師が責任をもって教えるためのダンドリ

英語の単語学習でも、毎日少しずつ覚えなければ一気に覚えるのはなかなか厳しいものです。
例えば、都道府県を覚える時に、学指導要領通りの数時間で覚えることなど不可能です。
心ある先生は、小テストで完全に暗記させます。しかし、多くの先生は一応小テストを行い、一気に覚えきれる子供だけにしか影響しない指導を行います。
私の小学生時代は、一切指導されなかったため苦労した覚えがあります。
小学生のころは、勉強の仕方を教えることも大切です。
徹底して全ての子供をフォローするためには、時間をしっかりかける必要があります。
限られた授業時間です。指導しきる責任が持てないのであれば、1学期から都道府県を指導する「先習い」を行いましょう。そうすることで、1年間の全てをかけて細切れの時間を完全暗記指導につなげることができます。

上記を基に、漢字指導を再考する

 責任を持って漢字を指導するためには、しっかり時間をかけるというダンドリが必要です。このため、1学期から決めた量を指導します。1日に4つは子供には厳しいものです。授業のノートも1時間2ページが基本です。私は、職場の取り組みとして、今は6ページほどノートを書く指導も行います。しかし、ついてこれない子供や授業がノート取りに終始している子供が半数にのぼるのが現実です。いろいろな取り組みを否定はしませんが、目の前の子供が悲鳴をあげていても「やめます」と言えないのが職場です。そうであるならば、自分の裁量がきく漢字指導だけは子供がついてこれるように、ダンドリを立てて指導をします。

特別な漢字指導は必要ありません

漢字指導では、漢字ドリルをもとに「空書き」「ドリルを手でなぞるなぞり書き」「鉛筆をもってドリルに書き込む」「ノート1ページに書く」この手順を3つの漢字で指導します。必ず1日3つ指導します。行事や子供のモチベーションによっては宿題なしの日もあっていいでしょう。このように学級担任の裁量で必ず全ての子供たちに「教師の全て」をぶつけて指導する。
教師の全てとは何か
子供と接する時間を最大化して、全ての子供の学力を上げるダンドリを立てることです。