教員の間食の工夫

教員は間食しすぎ問題。
休み時間に職員室に戻るとお菓子がたくさん。引き出しにもたくさんあります。頭を使う仕事の場合甘いものがどうしても増えがちです。食べないのも大切ですが、お菓子のコミュニケーションの威力は偉大。
ついつい食べてしまいがちです。しかし、私の場合は健康指導を受けていますので、間食の内容を変える必要があるとのことです。
・給食のヨーグルトや牛乳はあえて飲まない。
・あえて飲むなら朝に飲む。
・チーズや菓子パン、スナックはだめ。洋菓子(ケーキ)もよくない。

血糖値を急にあげると脂肪を蓄えやすい体になる!?

健康指導を受けて教えていただきました。
でも、間食をしたい!ので、方法がないかを聞きました。

和菓子などは食物繊維がある??

 和菓子を食べることで食物繊維を増やす?といった話がありました。脂肪が少ないものを選ぶという話でなかったことが意外でした。
オススメは、
餡のまんじゅう、たい焼き、団子
全粒粉のパスタやナッツ
週に3回以上の間食は和菓子にすることとしました。

間食を毎日の洋菓子の間食から週三回和菓子にして洋菓子から置き換えると得られる可能性があること

食物繊維が多いものに変わり、急激な血糖値の上昇が抑えられて、体脂肪の蓄積が減ります。
油脂の多いスナックが減り、摂取カロリーが減り、動物性の油脂が減り、LDLコレステロール値が減ります。
お菓子の間食の置き換えをまずは、頑張ってみます。