毎日30分ウォーキングをしましょう。

教員の健康を維持するために取り入れられそうな情報をまずは書いて、最後に自分の健康向上・維持目標に入れようと考えて記事を書いています。健康指導を受けて聞いたことをあれこれ。
健康指導を受けていると、毎日30分ウォーキングをしましょう。
簡単に言いますが、1日30分の時間を継続的に取ることは、なかなか難しいですよね。
朝晩で30分などの組み合わせで30分を意識しようと思います。

1日30分のウォーキングより心拍数が165ー年齢になればよい

例えば30歳であれば心拍数が135になるように
40歳であれば125の心拍数になるようにウォーキングや運動をすればいい。
心拍数が測れる時計やジムなどにあるサイクリングやウォーキングマシーンを使って測るといいですね。
体力向上であればもう少し心拍数が必要かもしれません。

心拍数が165ー年齢以上なら疲労がたまり運動が維持しにくくなる可能性がある

心拍数が165ー年齢以上なら、疲労物質がたまりすぎて、循環器、心臓麻痺の可能性もあるとのこと、十分に準備運動が必要です。
これ以上なら体力向上など目的が変わるということなので、165ー年齢以上の心拍数での運動をするときは週に2回など決めておくほうがよさそうですね。