明けましておめでとうございます。

 幸せいっぱいで2020年も迎えることができました。正直、楽しくてうまくいったことだらけが続いています。教師していてよかった!と思います。

幸せの理由1 10年後の子供達の様子が垣間見られる状態が続く

教え子がいい大学に行っている。いい大学=その子供にとって幸せかはわかりません。しかし、学習をさせている教員にとっては、幸せの指標でもあります。

幸せの理由2 指導している教師も伸びている

研修のお手伝いも楽しい。しかし、長い間個別に指導している先生方は伸びがすごい。
大学院、研究、発表、幸せな家庭生活、実践のメディア露出
それぞれの求める分野や方向で大きな成果をあげています。
時間はかかりましたが、教師教育といいますか、教師を指導する教師としての幸せを味わっています。

幸せの理由3 私自身も成長があり、人間関係が好調

理由2の頑張っている仲間の先生に刺激され、自身も成果をあげる。何よりもその仕事を通じた尊敬できる人間関係ができています。自分をわかってくれて、支えてくれる人が増えている。
これは幸せです。
この3つの幸せの好循環を保ちながら2020年を迎えられたこと幸せです。

理由1子供達からの刺激を与え合う⇄理由2周りの先生からも刺激を与え合う
⇅                       ⇅
理由3自身が成長する。少なくとも大切な周りとの人間関係が良好
という三方よしの状態がそれぞれを刺激しながら大きくなっていきます。

ささやかながら、私もこのブログで皆さんを薄く優しく長く支えることができればと思います。
一緒に幸せの好循環の輪に入りましょう。