本シリーズでは、7冊の本と、JALアカデミー株式会社研修を基に、社会人が身に付けたいマナーについてまとめています。新社会人、経営的な視点、航空会社まで幅広く資料の基として、さらに教師としての視点を付け加えた記事になります。

学校の先生は世間知らず。でもね。

 学校の先生は世間知らずといわれます。大きく頷けます。でも、その世間知らずとおっしゃる方がどれだけ世間を知っているかは、疑問です。仕事や役職によって、マナーや常識は変わるものです。
しかし、学校の教員と話をしていると、明らかにまずいマナーがあります。
そこを直せば、まだよく見えます。時間のあるときにでも、内省していく姿勢が大切です。
私も、記事を書きながらすこしずつ改めていこうと思います。

挨拶する場面と、挨拶の順番

新年会
1.新年の挨拶をする。
以下は、職場外での会の順番です。
2.自分の名前を伝える。
3.勤務・職務内容を簡潔に伝える。
4.今年の抱負を伝える。
(5.今年も新年会のメンバーで助け合いたいという点を伝える。)
6.結びの言葉

パーティーの場
1.自分の名前を伝える。
2.お招き頂き嬉しいですと伝える。
3.自分の呼ばれた関係や職務内容など
4.楽しみたいことを伝える。
5.結びの言葉

サークル
1.自分の名前
2.サークルに紹介して頂いた人の名前、自分の名前
3.勤務先
4.サークルに入った経緯
5.サークルへの抱負
6.今後ともご指導、ご鞭撻よろしくお願いいたします。

同窓会
1.こんばんは
2.名前を伝える。何期、学部やその時代のニックネームをいう
3.当時の思い出話をひとつする
4.近況の中でよいことを伝える
5.これからもよろしくお願いします
6.幹事の皆様への感謝の言葉で結ぶ。

PTAの会合で
1.こんにちは
2.自分の学年や所属を伝える
3.短く学校のいい印象や学級のいい出来事を伝える
4.家族構成にふれてもよい。ペットは特に印象がいい。
5.頑張りますので、よろしくお願いします。で結ぶ

いかがでしょうか。何気なく過ぎ去る挨拶。でも、自分が何を挨拶しようか悩み出すと憂鬱なものです。
この順番で挨拶をすれば、簡潔にわかりやすい挨拶になりますよ。


参考文献・研修
「できる人」と言われる気ばたらきの技術 河出書房 永島玉枝
大人のマナー 仕事ができる人の便利帳 知的生活研究所
トークの基本 全日 経営実務研究会
すぐに身に付くビジネスマナー オーエス出版
一発で身に付くとっさのビジネス敬語 すばる舎
石川先生のビジネスマナースーパーレッスン すばる舎 石川信子
いきいきマナー講座 日本能率協会マネージメントセンター
研修
JAL コミュニケーションマナー講座接遇研修2日間

もう、世間知らずとは言わせない。忘年会・新年会・PTA・同窓会・パーティーなど場面別の挨拶を身に付けよう。#教員採用試験 #教育学部 #小学生 #理科 #小学校の先生 #新卒 #新卒採用 #講師