平均年齢46歳の日本人

 日本人は、1億人を超えた人口から減少する見込みで、平均年齢が46歳です。
アメリカ人の平均年齢は37歳です。
10年前は、日本人の平均年齢は36歳
アメリカは平均年齢30代だったそうです。
ということは、アメリカは、若いままで、日本人は年老いていったことがわかります。

人口3億人のアメリカ人

 アメリカの人口は3億人を数え、平均年齢は若いままです。
理由は簡単。移民を受け入れているからです。移民を受け入れない日本だけが年老いている。
ちなみに中国も日本と同様の運命です。
日本では、移民を受け入れようという流れができあがっています。
移民となったときに日本の文化と自分たちのオリジナルの文化との差を埋めるのは誰か。
日本では、教師だと思います。

例えば、ベトナムの方が移民としてくるかもしれません

 ベトナムの方の平均年齢は31歳です。日本に近い勤勉さをもっておられます。
勤勉さで似ているとはいえ、内情は違います。割とジメジメした印象もあります。
一部では、日本人がベトナムの方を低い賃金で働かせていて、問題となっています。
来日されて、日本の小学校に学びに来れば、これは大切に扱う必要があります。

教師が文化の違い、労働環境の悪い状況にもっとも触れる立場となります。

 文化の違いから起きるトラブルやいじめ問題にも文化の違いを踏まえて、子供たちに誤解を解きつつ、いいこととダメなことを教える必要があります。
日本人同士のいじめ問題だけではなく、全く馴染みのない文化の教育にも前向きに取り組む必要があります。そして、海外の文化のよさを学校の中でふれながら、情報教育、英語、プログラミングに全教科を教えることとなります。
これは、一人の人間ができる仕事でしょうか?

より学校での無理のない労働環境の下に、チームで取り組まなければ潰れていくでしょう。
たくさんの情報交換をしながら、どの立場の子供たちでも教育課題でも無理なく取り組めるようにブログやツイッターなどでつながっていければと思っています。
がんばりましょう。