開催2日前にハガキで連絡

 ハガキでサラッと中止になりました。びっくりしました。とりあえず、ご連絡といったところでしょう。web上に公開されていたので、資格認定協会を毎日張り付いていれば気がつくレベルです。
ハガキで知った人は、旅費がキャンセル間に合わずではないでしょうか。
臨床心理士更新費用も高額ですから、システムの構築や改革が急がれます。

臨床心理士は民間団体だから

 そう民間団体と公的なイメージ作りを頑張っていますが、いかんせん金額が高すぎます。
所属する人の生活を脅かすほどの高額の研修費を資格認定の要件に含めるかは検討の余地があるでしょう。労働条件の改善を要望するとか。しかし、民間団体なので看護師のように国家資格ではないから改善要望も何もないですね。

この調子で臨床心理士が増えると労働条件、待遇の下落がおきる

 大学院を出ることを威光になっている印象の臨床心理士。何万人と増えてきました。仕事にあぶれる人、労働条件、待遇が維持もしくは下落も懸念されるところです。合格者数を絞るのも不公平。
先の展望を示すことができる臨床心理士会になって欲しいと望みます。
人のことを手伝う前に自分のことをしなさい!
親によく言われますよね(笑)。
親って偉大です。