年末・年始、懇談会や飲み会などでなかなか放課後に時間を取るのが難しいです。

そこで、今から歯医者の予約をとろう。

歯医者候補としては

1.職場近くの歯医者

2.自宅近くの歯医者

そして、

3.専門医のいる歯医者

 

1.職場近くの歯医者は、勤務後や5時以降の空いた時に気軽に行けることと、歯医者の予約時間も自宅近くの歯医者と比べて近いことがいえそうです。

土日に時間割いて歯医者に行くより、お得感があります。

あと、保健室の先生などに人となりを聞けます。

 

2.自宅近くの歯医者

職場が変わってもここなら安心していけます。評判は近所の噂でなんとなくわかります。

 

3.専門医のいる歯医者

どうやって探すか

今回はこのお話

歯医者も理科や算数のように専門が分かれています。

インプラントなどであれば、日本口腔インプラント学会http://www.shika-implant.org/list/

などがあります。

 

例えばインプラントを受けるのであれば、この学会の専門医や症例数を見ていくことが大事といえます。技術の差が激しいことから慎重に選びたいものですね。

また保険外診療のレベルの高い歯科医院も多いことは確かです。

まずは、学会の専門医(研修は受けたレベルは保証される。)や症例数(治療した人の数)などは参考になるかもしれません。
中学校の数学の免許はもっているけど、小学校の教諭なので中学校の数学はよく分からない。これが自分の治療する歯医者さんなら・・・。と想像力豊かに考えて見られると、学会所属というより研修は受けておられる先生、さらに経験数が書かれているほうがよさそうに見えますね。

先生の見極めには

時間もかかりますし、急に歯は痛くなるもの。作戦は早めに立てて長期休暇に行かれることがおすすめです。人気の歯医者は3ヶ月待ちです。

↓イラストを1日1回 「読んだよ!」のクリックしてください。 更新の励みになります!
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
教師教育ランキングへ
↓1日1回 「読んだよ!」のシュートをしてください。いつもありがとうございます。