リミット・セッティング(制限を設けること)は,生活時間を大事にして,健康を整え子どもを指導するために大切だと思います。
  しかし,年に何回かリミッターを外すときが必要です。
1.新学期の準備
2.新学期が始まっての3日間とそのあとの1ヶ月
3.学期ごとの成績処理前3週間前ごろから
4.力をいれた実践や作品展・劇などのとき
 
今回は3.のときのリミッターの外し方です。

まず,やってみる価値その1は朝活です。
朝に喫茶店に入って,段取りをたてます。
職場についてからの段取り
□職場についてすることを書き抜く。
□空き時間などで数人書くと決める。
□情報であやういところ(あの子と仲良くやってたけど,本当はどうかな?や活躍していたと思うけど,本人はどう感じていたか?)などを休み時間などにきく。
□最近がんばってること(はまってること)などを聞く。
□放課後,学年会で書く時間を取れないか相談する。
□信頼できる人にみてもらう。
□先輩の過去の記録をみせてもらう。

紙に書いた記録は一生残ります。読み直したとき,楽しかった・頑張っていたことが浮かぶような書き方をしましょう。
↓イラストを1日1回 「読んだよ!」のクリックしてください。 更新の励みになります!
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
教師教育ランキングへ
↓1日1回 「読んだよ!」のシュートをしてください。いつもありがとうございます。