サーモインクを紙に浸してパウチ


サーモインクは少しだけ(2・3千円)高いので、購入したときにこのようにしておくとかなりつかえます。研修で学びましたので、ご紹介します。
紙を切って 、短冊形にします。サーモインクにひたします。パウチをしますが、下1cm程度余白があるようにします。(加熱の都合上)

thermo2

こうしておけば、水のあたたまりかたを調べるときに試験管にいれれば、加熱が上からでも下からでも真ん中からでも確かめるのは簡単です。また子どもたちにあげて、家で保護者の方と試すように話をすれば、家庭で理科の話題が増えることになります。
家庭での光景がうかんでいいなぁと思いました。 
 
↓イラストを1日1回 「読んだよ!」のクリックしてください。 更新の励みになります!
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
教師教育ランキングへ
↓1日1回 「読んだよ!」のシュートをしてください。いつもありがとうございます。