小学校教員、臨床心理士の華丸先生連絡帳

成果を明確に出せる人になれるブログです。教え子も、有名大や最優秀賞受賞などの夢を叶え手応えを感じている中堅教員です。 自身も大学院を出て臨床心理士、文科省海外派遣、受賞多数、研究費獲得、大手出版社での出版経験を持つ。 教員の仲間を博士号取得の高みに到達させつつあります。 華丸先生の近況は、金融庁推進の積み立てNISAを自身が体験した上での金融教育(投資教育)の展開を推進中。

成果を明確に出せる人になれるブログです。
教え子も、有名大や最優秀賞受賞などの夢を叶え手応えを感じている中堅教員です。
自身も大学院を出て臨床心理士、文科省海外派遣、受賞多数、研究費獲得、大手出版社での出版経験を持つ。
教員の仲間を博士号取得の高みに到達させつつあります。華丸先生の近況は、金融庁推進の積み立てNISAを自身が体験した上での金融教育(投資教育)の展開を推進中。

カテゴリ: 公務員の健康

有休の取り方

 始業式が始まって、三連休。心身ともに疲れているのが普通です。このようなときは、少し早めに仕事を切り上げてゆっくりしましょう。有休の取り方のコツです。

・・・時から有休をとります

 シンプルイズベストです。理由を管理職は聞いてはいけません。しかし、無邪気に有休について聞かれれば、私用がありましてすいません。これでおしまいです。
気まずいと思うかもしれませんが、言わなければ取れないのが有休です。
ちなみに、海外派遣のため国際空港にいたときに、平日にも関わらず同じ中学校教師の人が空港にいました。
「見逃してください」と言われました(笑)。
有休ですから、堂々と休んでください。と心で思いながら、「大丈夫!」とにっこりと笑って終わりました。足を引っ張り合わないことが大切です。ではどの時間に休みを伝えればいいのか。

朝一番に管理職に伝える

 これは、爽快な気持ちになります。・・・時には職場から離れることができる!こう思えると仕事が順調になりますよ。リズムを作り出すには最高です。

お昼までの頃合いを見計らう

伝えるまでの時間が、憂鬱な時間に変貌します。伝えたあとは仕事が順調に。

直前に伝える

 管理職の虫の居所が悪ければ、嫌味頻発です。しかし、さっと逃げれる快感はあります。

教師が有休を取るときにしてはいけないこと

大事な会議のとき→これは、取得できたとしても陰で非難轟々です。

さらにダメなこと

管理職に目的を伝えることです。例えば、親の介護です。
この嘘をついて、実際は買い物をしていたら通報のとき問題になります。
他にも、親戚の危篤や死亡です。
事実でないことがわかったときに、処分理由になりえます。
管理職などに気を遣った発言が罰則になる。こんな法律無視の有休の状況です。
繰り返しますが、原則「有休は理由は聞かれる必要なし」です。
もう本当に辛ければ、「あなたと一緒にいることで心労が重なるので休みたいのです。」っていってみたいですね。この場合は、カウンセラーなどと相談して転勤を狙って伝えるならありです。
転勤の調整はもう終わっていますから、今はやめておいたほうがいいですよ。

大切なのは、あなたの心身の健康です。心身の健康があれば、あなたにとっての最良の仕事ができるはずです。







 

毎日30分ウォーキングをしましょう。

教員の健康を維持するために取り入れられそうな情報をまずは書いて、最後に自分の健康向上・維持目標に入れようと考えて記事を書いています。健康指導を受けて聞いたことをあれこれ。
健康指導を受けていると、毎日30分ウォーキングをしましょう。
簡単に言いますが、1日30分の時間を継続的に取ることは、なかなか難しいですよね。
朝晩で30分などの組み合わせで30分を意識しようと思います。

1日30分のウォーキングより心拍数が165ー年齢になればよい

例えば30歳であれば心拍数が135になるように
40歳であれば125の心拍数になるようにウォーキングや運動をすればいい。
心拍数が測れる時計やジムなどにあるサイクリングやウォーキングマシーンを使って測るといいですね。
体力向上であればもう少し心拍数が必要かもしれません。

心拍数が165ー年齢以上なら疲労がたまり運動が維持しにくくなる可能性がある

心拍数が165ー年齢以上なら、疲労物質がたまりすぎて、循環器、心臓麻痺の可能性もあるとのこと、十分に準備運動が必要です。
これ以上なら体力向上など目的が変わるということなので、165ー年齢以上の心拍数での運動をするときは週に2回など決めておくほうがよさそうですね。

夜に洋菓子やスナックのやけ食いをやめよう

 どうしても食べたくなったときには、さけのおにぎりを食べなさいとのことでした。
炭水化物とタンパク質の組み合わせになるからだそうです。これにより、体温の上がり方が変わって、基礎代謝があがり痩せやすい体(体脂肪を貯めにくくなる?)になるそうです。

洋菓子をどうしても食べたいなら朝や昼の間食にまわす

洋菓子を食べるなら、昼間がいいそうです。朝食に菓子や菓子パン、ドーナツ、甘い飲料は飲まない。


お腹が空いたら、まずはしゃけおにぎり

まずはしゃけのおにぎり、次にサンドイッチ(卵、ハム)。
あたたかいお茶を飲む。これは一気ぐいを防いでくれるそうです。
大事なのでぜひ取り入れたいところです。
食事改善がんばります。
 

教員の間食の工夫

教員は間食しすぎ問題。
休み時間に職員室に戻るとお菓子がたくさん。引き出しにもたくさんあります。頭を使う仕事の場合甘いものがどうしても増えがちです。食べないのも大切ですが、お菓子のコミュニケーションの威力は偉大。
ついつい食べてしまいがちです。しかし、私の場合は健康指導を受けていますので、間食の内容を変える必要があるとのことです。
・給食のヨーグルトや牛乳はあえて飲まない。
・あえて飲むなら朝に飲む。
・チーズや菓子パン、スナックはだめ。洋菓子(ケーキ)もよくない。

血糖値を急にあげると脂肪を蓄えやすい体になる!?

健康指導を受けて教えていただきました。
でも、間食をしたい!ので、方法がないかを聞きました。

和菓子などは食物繊維がある??

 和菓子を食べることで食物繊維を増やす?といった話がありました。脂肪が少ないものを選ぶという話でなかったことが意外でした。
オススメは、
餡のまんじゅう、たい焼き、団子
全粒粉のパスタやナッツ
週に3回以上の間食は和菓子にすることとしました。

間食を毎日の洋菓子の間食から週三回和菓子にして洋菓子から置き換えると得られる可能性があること

食物繊維が多いものに変わり、急激な血糖値の上昇が抑えられて、体脂肪の蓄積が減ります。
油脂の多いスナックが減り、摂取カロリーが減り、動物性の油脂が減り、LDLコレステロール値が減ります。
お菓子の間食の置き換えをまずは、頑張ってみます。




 

後悔しない生き方。教師こそ勉強しようね。

 プロフィール画像を変えた華丸です。 
学校で勉強することとは違って、自ら学ぶことは楽しいものです。ときに学びすぎて健康を損なうこともあります。でも、何もできないほど体が衰えたときに感じることの一つとして勉強しなかったことがあげられます。


教科書が勉強のすべてではないけど

教科書で教材研究をしていると、教科書や解説の本を書いてくれた人の細やかさによく気付かされます。教科書を一言でいうと「よく練られている」
良書に普段から触れすぎていると、その価値に気がつかないものです。
当たり障りのない、だけど最低限必要なことが書かれているのが教科書です。
弁護士の大平光代さんは、弁護士資格を取るために学校の教科書から基礎を学んで最終的に弁護士の資格を得られました。何かの事始めには教科書って大切です。。

興味を持ったことに取り組むことが学ぶことです

教科書にあらわれないことが実社会ではたくさんあります。興味を持ったことに無理なく続けていくことも生きがいにつながります。
学校の先生によくあるのは、若い方ですとフットサル、ヨガ、料理、華、ボルダリング、自転車などでしょうか。
絵を描く方から本を出される人まで教師は裾野がひろいものですね。
楽しいことを学び続ける姿勢を応援したいものです。

↑このページのトップヘ