手帳で仕事・生活がうまくいき、教え子が育つ

学ぶとはマネること。教育は今日行くこと。プロアクティブで行こう!

カテゴリ: 理科

温度によって片栗粉のヨウ素でんぷん反応はどうなるのだろうか。(ヨウ素デンプン反応が起きているときのモデル図)1. 片栗粉を試験管に薬さじの耳かき1ぱいと5mlのお湯を加え、熱水の入ったビーカーで加熱し完全に糊化(のりになるように)させます。 2.水 ...

発光ダイオードを、電磁誘導のしくみをつかって、光らせてみよう。準備物 アルミニウムはく ボビン エナメル線(0.5mm) 発光ダイオード2種類 ビニルテープ ポリウレタン(ビート板を切る) ネオジウム磁石(100円均一で、紙をはさむために使うことが多 ...

(上記はインスタ動画へのリンクです。)自由研究にも新学期にも使える実験を紹介します(再掲)子どもに向けてかける言葉がけは以下のようにします。紅茶のティーパックの上部をはさみで切り、中身を取り出したものに火をつけたらどうなる?(Q.空のティーバッグに火をつけ ...

観光ガイドのかたに聞いたクマに出会ったとき注意 ツキノワグマとヒグマで襲う経緯が違うそうなので、ご参考までに。(時期によってや、個体差もあるでしょうね・・・)くまよけスプレーは意外とつかえない。これは、スプレーの性能が悪いという話ではなくクマに合うと緊張 ...

動きがコミカルでかわいい尺取り虫子どもたちはいきものがとっても大好きです。つい触ってしまう子どもも多いですよね。基本的には、触らない・いじらないと教えておくことは大切です。最近はへびにかまれた!なんて事件もあります。触らないことはご家庭でも学校でも伝えて ...

 小学生の自由研究に電池をつくるというのがあります。電池になるかどうかという以前に、電圧がどのぐらいかかるのかを実験させてもらいました。実際に動くかというより、いけるかどうかを聞くときには参考になるかもしれません。 用意するもの銅板亜鉛板調べたいものマヨ ...

自然観察による天気予報はことわざのように扱われています。 これを観天望気といいます。 観天・・星のまばたきなど天文によって天気を判断すること 望気・・雲の動きや空の色、からだに感じる温度などから天気を予知すること。 子ど ...

南半球では、12月にサンタさんがジェットスキーに乗ってやってきます。南半球にあるこの熱帯低気圧(うずまき)は台風とよびません。サイクロンといいます。インド洋や南太平洋で発生したらサイクロンといいます。太平洋(赤道より北、東経180度より東)や大西洋上で発生す ...

七輪にも用いられる珪藻土。空気孔が多いために、とっても乾燥しやすいものです。 水にぬらしてもすぐに乾きます。 インスタグラムはこちら バスマットなどで最近使われることがふえた珪藻 ...

DNAの抽出を教えていただきました。中学校の教科書では、ブロッコリーがのっていますが、たまねぎで行なっています。事前準備発芽種子を70%エタノールに浸して貯蔵する。酢酸オルセイン(染色)と1Nの塩酸(細胞の分離)を、1対2で混合した溶液に、発根種子を ...

体細胞分裂の様子九条太ネギの体細胞分裂を観察しました。下準備5%塩酸を1滴おとしておく。水洗いをする。生徒実験1.根の先端をえつき針・ピンセットなどを使って取り出します。2.カバーガラスをかけて、根の先端をしっかりおしつぶす(私はななめにスライドするように押 ...

 地球温暖化に対して、世界全体で二酸化炭素の抑制に取り組んでいるのに、たまに二酸化炭素の抑制はいらないといわれる方がいます。それぞれの意見をまとめてみました。 二酸化炭素抑制は必要この数十年の人間の活動によって、大気中の二酸化炭素が増えたことから抑制する ...

5年理科 顕微鏡の使い方教科書通り教えるなら、検索でたくさんみつかります(例えばこちら)。でも、顕微鏡を使って何を観ると子ども達は喜ぶのでしょう?クンショウモ?ミカヅキモ?いいえミジンコやゾウリムシです!動く生き物って子ども達には魅力的なようです。ミジン ...

教科書の発展(応用関連の授業 ゆとりの時間)にのってはいますが、なかなか取り組みにくいと思ってしまう炭づくりですが、意外と簡単ですぐにできます。準備物ガスコンロ(今回はバーナー)スタンド(フレキシブルスタンドが簡単です。)わりばし(四分の一) 試験管はPYR ...

一生に一回しか動物園・博物園などいけない子どもも実はいます。ですから、少しでも記憶や楽しさが残る学習につなげましょう。ほかの豆知識哺乳類の中で自分の意思で飛べるのはコウモリだけ他は、滑空できるだけ(モモンガなど)エジプトルーセットオオコウモリは、フルーツ ...

植物名が実は分からない人への答えと対応方法→実は専門家でも無理!ならば、誠実な対応方法を考えよう。子どもに春の植物を聞かれても分からない。さらに、虫を持ってこられて引いてしまったことありませんか? 私はあります。ありすぎです。 私は、理科の中高の専修 ...

今から春休みにかけて、器具の整備をしましょう。これはできない人が多いので、できるようになると一目置かれますし、一生役に立つ技術です。理科の器具ってあちらこちらにもいくし、部品が足りないしで困りますね。そこで、ガラス器具を作成して自分好みの器具にしましょう ...

3年生の学習もまとめにはいってきましたね。ドリルや問題ばっかりでは、子どもも疲れてきます。私たち大人だって、採用試験やテスト勉強ばっかりって疲れてしまいます。そこで、研修を受けた中で、ほっこりする作りものをひとつかたかた、キツツキカタカタキツツキ用意する ...

昔はよくした紙すきですが、染色実験の合間に行いました。まずは、アルミが貼られているパックを集めます。例えば、ワインの紙パックや充実野菜といったアルミが内側に貼られているものを用意しておきます。これを4cm角に切って、水で15分程度煮ます。そして水で冷やして ...

地球の重さ(質量)は、600000000000000000000000kg(6✖︎10の23乗)です。重たいですね。ある人の体重が地球上で60kgなら月では10kgとなります。重力が地球の6分の1だからですね。 ダイエットしなくても・・・とはなりませんね。 惑星ってスケールが大きすぎるの ...

食塩と水のどちらが重いかを食紅を(絵の具)つかってだしてみましょう。準備物間仕切りのできる水槽絵の具(食紅) はじめに透明な水は色つけをせずに、食塩には色つけをしています。この水槽の間仕切りをとると下側に食塩水・上が透明な水です。これは上を温水(38度) ...

研修で教えていただいた持ち運べる水(スライムみたいになって食べることができる水です)の作り方用意するものひとりあたりアルギン酸ナトリウム  1gジュース 200ml塩化カルシウム2.5g空のペットボトル500ml(水などで作る場合は、着色料があるといいですね。) ...

電流計・電圧計はたくさん種類があります。 単位がたくさんの種類があります。 以下は手帳にコピーしておくと、助かりそうです。  μA(マイクロアンペア) μV(マイクロボルト) 100万分の1 mA mV (マイクロ)1000分の1倍 KA KV (キロ)1000倍 ...

研修で学んだ中に電流計の製作がありました。導線を巻きつけてコイルにします。コイルの間に磁石を入れて極はどちらでもよいそうです。ストローを切って両はしにビーズをいれてはさみます。あとは、電源装置と電流計、そして、手作り電流計を直列につなぎ、電流計を、500mAに ...

理科の難しいときは時間のあるときにしか、読む気がしないですがわかると嬉しくなりますね。 電気は何に分けられるか。静電気と動電気にわけられる。静電気は電気がとまっている現象電荷(電気)の分布が変化して起こる現象(はく検電器で調べたり、髪の毛が逆立つなどの現象 ...

下じきをわきでこすると静電気がうまれます。 髪の毛が近づくことを静電誘導といいます。はく検電器をつかうと静電誘導の様子がわかります。 テッシュペーパーと塩化ビニールパイプだとティッシュペーパーはプラス塩化ビニールパイプはマイナスになる。 ...

昨日は、高齢化の厳しいお話でしたので今日は未来に希望がもてる実験をかきます。かって運行していたスペースシャトルは燃料電池が3台搭載されていたようです。燃料電池より発生する水はシャトル内で利用されていました。 燃料電池のいいところは ...

子どもに「あっ、ほんとだ!」と言わせましょう。明日から仕事となると少し憂鬱ですね。そんなときは、明日(来週中に)何かひとつ子どもにお土産を持って行くと決めよう。そうすると、すべきことに気持ちが向いて楽になっていきます。準備物風船以上できれば一人一つにして ...

↑このページのトップヘ