華丸先生の連絡帳

小学校でこの時期することや理科のことをブログに載せています。さっと読めて楽になるのでフォロー下さい。広げてもらえると嬉しいです。 ブックマーク,ツイッターのRT,リンクは、内容に賛意を示すものではありません。 Twitterもフォローよろしくお願いします。@hanamarudane http://twitter.com/hanamarudane

カテゴリ: 理科

磁界が簡単にみえる方法です。準備するもの鉄粉(ガーゼでふるって大きさを整えるとよりよい)棒磁石白いA4の紙一番下に棒磁石をおき、白い紙をおきます。次に、白い紙の上から鉄粉をふるうことで棒磁石の磁界があらわれてきます。班で1つの実験につかえそうですね。 ...

授業も一段落して6時間目など放課後帰る前に楽しめそうな遊びを学びました。注意点帰る前がいいです。学級が、崩れやすくなりますから授業に影響のないときがいいでしょう。用意するものモール紙カッターかハサミ紙コップ紙コップ切れ込みを入れた完成品いくつか紙コップにカ ...

静電気で遊びましょう。3・5年電気の実験(静電気) 準備物・ストロー(袋付き ポリプロピレン ppとかかれているもの)ストローで静電気を作ろう。   ストローを出す前に何度もこすります。   机の横にはりつきます。かべにもはりつきます。    ビニールと髪の ...

1円玉が40枚詰められています。ここにもう1枚1円玉を詰めることができます。どのようにすればいいでしょうか?この形にすると41枚になります。ハニカム構造ともいいます。 結晶構造的にかたい・蜂の巣型がいちばんかたいそうです。忙しい日が続きますが、たまには子 ...

ペットボトルの中にゼムクリップを入れます。導線に鉄の棒をはさみます。これで、磁石になります。準備するもの鉄の棒ゼムクリップペットボトル500ml導線(100回巻き)単三電池ゼムクリップが鉄の棒にくっつきだしました。  どのようにすれば、短時間で多くのゼムク ...

空気のあたたまりかたでとってもわかりやすくて驚きのある実験がありました。マッチをつかったり燃やしますから、念のために安全には気をつけてください。インスタグラムはこちら準備するものマッチ日東紅茶のパックはさみで切って、重ねます。次に火をつけます。燃え終わり ...

学年便りの月ごとの行事を児童名簿の項目に書きます。 観察と実験が多いので、そこで思考などが評価できます。 実験技術や工作技術も加味します。 成績だけでつけるというより、観察や実験技能も割合として大きくしておくと理科の力を測ることに近づきそうです。(学力って目 ...

サーモインクは少しだけ(2・3千円)高いので、購入したときにこのようにしておくとかなりつかえます。研修で学びましたので、ご紹介します。紙を切って 、短冊形にします。サーモインクにひたします。パウチをしますが、下1cm程度余白があるようにします。(加熱の都合上 ...

大噴水で子どもも驚き学びにつながります。安全性も高い方法を学びましたのでご紹介します。 もののあたたまり方の指導は難しく、理科の専門でない先生方は苦労されていると聞きます。初任の先生の全員が間違えたという話も聞きました。  学習のおわり(啓林館では ...

炎色反応を使って、キャンプファイヤーのたいまつに使うときれいですね。エタノールとメタノールで炎色反応の色のちがいが異なることを研修で学びました。エタノールとメタノールを使った硫酸銅水溶液の炎色反応メタノール(葉の脱色などでもつかいます。)左がメタノールと ...

研修で教えていただいた中に、熱の伝わり方(冷やす)がありました。準備するもの銅板、鉄板、プラスティック、プラスティック板(ダンボールでもいいと思います。)、氷、トレイ銅・鉄・プラスティックとプラスティック板(ダンボール)スリット(切れ込み)をいれてさしこ ...

研修センターで学んだことをまとめます。 誕生石・鉱物が理科室にあると便利ですね。導入のお話としては,このような話をすると石に興味をもつかもしれません。 アメシストという言葉はamethystos(酔っ払わない)というギリシャ語の由来だそうです。赤ワインに似た色のアメ ...

↑このページのトップヘ