華丸先生の連絡帳

小学校でこの時期することや生活全般のことをブログに載せています。さっと読めてプロアクティブ(事前に積極的に対処ができて)楽になるそんなブログです。臨床心理士。専門も多数。 お笑い好きで今は「からしれんこん」。 ブログで縁がつながり、優しくつながれる友達・知り合いにつながると嬉しいです。 まずは、ツイッターなどで広げてみんなで楽しく仕事をしましょう。 ブックマーク,ツイッターのRT,リンクは、内容に賛意を示すものではありません。 Twitterもフォローよろしくお願いします。@hanamarudane http://twitter.com/hanamarudane

カテゴリ: 子どもを伸ばす声かけ

 新学期が始まって職員室の机の上を見るとたくさんの子供たちの年賀はがきが積まれていました。 そんなとき、返事をしたいけどはがきを買いに行く時間もないし、どうしようと悩むことありませんか。 そんなときは、一筆せんに文章を書こう。 1 ...

また、あの子が・・・。絶対の確信があって、「〜したでしょ。」と声をかけるこれは、よくないです。ただしくは「どうしたの?(優しく)」「〜という(事件)があったようです。何か知っている人いませんか?」これを最初にいう言い癖にしましょう。決めつける発言は、いず ...

高学年の児童からよくいわれますが・・・。授業中など他に人がいれば気持ちを受け止めて、その子のいい感情を学級に広げましょう。そして少し冗談もいれます。「ありがとう!すごく嬉しいです。そんなこと言われたら、もう先生も好きになるよ。あっ、でも結婚してくださいの ...

前の記事「君の頭は腐っている!」子どもに吐き捨てた教師の続きです。以下は伝記からの作話です。「君の頭は腐っている!」これは、エジソンが教師に吐き捨てられた言葉。こんな言葉を我が子が言われたとき、学校に状況を聞いてください。状況を聞かないと何がおきたか分か ...

この記事は、書き方・内容について弁護士相談にチャレンジしてOKとなった文章です(こちらの記事)。伝記から子どもへの声かけを考えていきます。教師側が持っておく語り方ですが教師という指導者(リーダー)の手の内を知ると、自分の仕事への応用も効きそうですね。次回の ...

↑このページのトップヘ